長毛猫の毛にもふりたい人、集れ〜!知られざる起源や長毛猫種をご紹介☆

長くふわふわの被毛を持った長毛の猫。一度は飼ってみたいと、憧れる方も多いのではないでしょうか?その毛に顔を埋めてもふもふしたい、と言う猫フェチさんもいらっしゃることでしょう!世の中には数多くの長毛猫がいますが、あなた好みの猫種はどれですか?長毛猫の歴史を探ると共に、世界の長毛猫のご紹介や、飼う上で気をつけたいことなどをお伝えします!

630view

目次
長毛の猫とは?
長毛猫の歴史はどうなってる?
世界の長毛猫種たち☆
長毛の猫で気をつけたいこと
長毛ギネス記録!!
まとめ

長毛の猫とは?

長毛の猫

長毛の猫は劣性遺伝と言われています。マヌルネコからイエネコに長毛の遺伝子が引き継がれた、という説もありますが、その証拠はありません。突然変異で長毛が産まれる、という説が、一般的には信じられています。

長毛猫の歴史はどうなってる?

野良の長毛の猫

とは言え、実は正確な長毛猫の起源は、良く分かっていません。中央アジアで数世紀前に自然発生したのではないか、と言われています。その自然発生した長毛猫達は、1550年頃にイタリアやフランスに連れてこられたのではないか、と獣医師であるフェルナンドメリー氏は推測しています。

1871年にロンドンで初めてのキャットショーが開催されました。クリスタルパレスキャットショーというそのショーでは、ペルシャとアンゴラが披露されています。アメリカのショーではメインクーンが主に登場していました。

これらの長毛猫は、中央アジアの長毛猫たちの遺伝子を引き継いでいた可能性もありますが、いくつかの長毛猫のさきがけは、やはり突然変異で産まれたものなのでは、という説もあります。特にアメリカ北東部のニューイングランドは寒く、厳しい気候を生き抜く為、メインクーンのような大きくて長い毛を持つ猫に進化した、という可能性も考えられます。身近なようでまだ謎の多い長毛種、実にミステリアスです・・・

比較的新しい猫種であるティファニーやネベロングは、長毛の遺伝子を短毛種に入れることで作出された結果にできた猫種です。長毛猫には少し変わった種類もいて、それはラパーマやセルカークレックスのような、クルッとカールした被毛を持つ猫たちの事です!短毛種も興味深いですが、長毛種もかなり興味をそそられます。

世界の長毛猫種たち☆

世界の長毛猫

ここで、世界の長毛を持つ猫種を、ご紹介したいと思います!あなた好みのロングヘアキャット、見つけてくださいね☆

ペルシャ

言わずと知れた、猫の王様、ペルシャです。鼻ペチャ顔と美しくゴージャスな被毛は、昔から変わらず憧れの的となっています。性格は至って穏やか。飼いやすいのも魅力の一つです☆

マンチカン

短足で有名なマンチカンですが、短毛・長毛、両方います。どちらを選ぶかは、あなた次第!脚は短くても、走るのは超特急です。短足だけではなくて長い脚の子も同じく、可愛いですよ♡

スコティッシュフォールド

耳折れ猫の代名詞、スコティッシュフォールド。長毛の子は希少です。体も尻尾も、もっはもは♡ふくろうのようなお顔がとても可愛らしいですが、骨の異常が起こりやすい猫種なので、注意してくださいね。

エキゾチック

元々、ペルシャの短毛バージョンがエキゾチックショートヘアなのですが、その長毛バーションが、エキゾチックです。非常にややこしいです。ペルシャと長毛バージョンのエキゾチックは、外見上の見分けはつきませんが、実は遺伝的に違いがありますので、別の猫種として扱われています。猫の血統にはこういったややこし案件が、まれに発生することがあります。性格はペルシャよりも活発な面があります。

ラグドール

ぬいぐるみのようなラグドール。体重は4.5〜9kgと、大型猫種に入ります。抱っこすると力が抜け大人しくなる、と言われていますが、個体差がありますので、ご注意を!

メインクーン

大型猫種の代表格、メインクーンです。世界で最も体が長い猫としてギネス記録に登録された猫が、メインクーンだったこともありました。性格は穏やかで人好きです。

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェーの厳しい自然に生きてきた、もっふもふの被毛を持つ、ノルウェージャンフォレストキャット。メインクーンやサイベリアンフォレストキャットの仲間です。ちょっと人見知りだけど、家族には甘えん坊な面を見せるという、可愛らしい性格の猫種です♡

サイベリアンフォレスキャット

東ロシアで産まれたサイベリアンフォレストキャットは、シベリアの厳しい自然を生き抜いてきました。機敏で活発な猫種です♪

アメリカンカール

突然変異で産まれた、アメリカンカール。1981年、カリフォルニアでシルキーな長毛と、普通とはちょっと違う耳を持った子猫が産まれたのが始まりです。びっくりしたような顔が、可愛らしい猫種です!

バーマン

ポイントカラーが美しいバーマン。いつ発祥したかははっきりと分かっていませんが、ビルマの寺院で飼われていた猫だと言われています。足先に白い靴下を履いたような「ホワイトミテッド」と呼ばれる柄が特徴的です。

ソマリ

人気猫種のアビシニアンの長毛バージョンが、ソマリです。狩りが得意な猫種です。ソマリのショートヘアバーション、もいますが、それはつまりアビシニアンだよね、としている猫血統登録機関と、血統的に違うから、ソマリのショートヘアは、ショートヘアソマリだ!としている機関もあります。何とも面白い話です。

バリニーズ

シャム猫の長毛バーション、バリニーズ。シュッとした長い鼻が、スマートな印象を与えます。長毛と言ってもそこまで長い訳ではなく、お手入れは簡単な方です。尻尾がややフサフサしています。おしゃべりの得意な猫種なので、愛猫と楽しい会話を楽しみたい方にはオススメです!

セルカークレックス

カールした被毛のおかげで、もふもふ感がハンパないセルカークレックス。1987年にアメリカモンタナ州で産まれた短毛の猫が黒い長毛猫と交配することにより、真っ直ぐな被毛とカールした被毛がミックスした、長毛と短毛の子猫が産まれました。セルカークレックスの短毛種もいますが、正式には長毛と区別されていません。もっふもふ猫、いかがですか?

ラパーマ

セルカークレックスと同様にカールした被毛を持つ猫種、ラパーマ。1982年にある農場で飼われていた子猫の中に、偶然カールした被毛を持つ子猫がいました。カーリーと名付けられたその猫は、5年以上かけて交配を続け、それがラパーマの起源となっています。ヒゲまでカールしてます!

ターキッシュバン

トルコ原産の泳ぐ猫、ターキッシュバンです。全てのターキッシュバンが泳ぐ訳ではありませんが、被毛に油分が多いため、水に濡れてもはじくようになっているので、泳いでも問題ないようです。夏にはプールで一緒に泳げるかも!?

ジャパニーズボブテイル

世界に羽ばたいた日本猫の、ジャパニーズボブテイル。海外では珍しい、短い尻尾が好評です!特に、三毛の子が人気者らしいです。いわゆる日本らしい猫を飼いたい方に、向いています。

まだまだ長毛の猫には、これだけ↓の種類がいます!とてもご紹介しきれない程です。順不同で、失礼致しますね。

  • カラーポイントロングヘア
  • キムリック
  • ネベロング
  • ターキッシュアンゴラ
  • シャンティリー
  • ティファニー
  • アンゴラ
  • オリエンタルロングヘア
  • クリルアイランドボブテイル

野良猫?

え?野良猫?そう、たまに色々な血が混ざった雑種猫の中に、長毛のヤツがいます。野良猫でも長毛だと、ちょっとイイトコの猫に感じてしまうから不思議です。いや、もしかしたら、野良猫なだけで実は高価な猫なのかもしれません・・・

長毛の猫で気をつけたいこと

:

お好みの長毛猫と一緒に暮らす場合、長毛種ならではの気をつけたいポイントがいくつかあります。

もつれや毛玉

長毛猫は、ブラッシングなどの被毛のお手入れが必須です。放っておくと長くて柔らかい毛は絡まり始め、酷い時には毛玉となってしまいます。毛玉の中で細菌などが繁殖して、皮膚炎の原因となることもありますので、常に清潔に保つようにしてあげましょう。ちなみに、トリミングサロンでは毛玉取りには別料金が発生する所が多いです。トホホな結果にならないよう、気をつけましょう。

毛球症

もう一つ、ブラッシングを怠ると出てくる、問題点があります。それは毛づくろいによって飲み込んだ被毛が猫の胃の中で固まってしまう、「毛球症」です。猫は通常、飲み込んだ毛を吐き出して排出しますが、それがうまくいかなくなってしまうのです。マメなブラッシングで猫が飲み込む毛の量を、減らしてあげましょう。

シャンプー

長毛種は食べカスや排泄物、ほこりなどが毛に付きやすいので、シャンプーが必要になる時もあります。ですが猫は一般的に、水が嫌いな生き物です。子猫の時から慣らしておけば大丈夫、という説もありますが、やはり個体差があります。シャンプーを大人しくさせてくれる猫もいれば、いくら慣らそうとしてもダメな猫もいます。

もし愛猫が全身シャンプーできそうでしたら、年に3〜4回程度、行ってもよいでしょう。多過ぎるシャンプーは猫の皮脂を取り除いてしまうので、良くありません。どうしても無理な時は汚れているところを部分的にシャンプーするか、ドライシャンプーを取り入れてみましょう。決して嫌がる猫を無理にシャンプーしてはいけません。飼い主との信頼関係にヒビが入る危険性もあります。

汚れ

特にお尻は排泄物で汚れやすい部分です。バリカンなどでお尻周りだけカットすると、清潔に保つことができます。ご自身でカットするのが難しい場合は、トリミングサロンなどでプロにお願いしましょう。

長毛ギネス記録!!

白い長毛の猫

「最も長い毛の猫」という記録でギネスに登録されている猫がいます。それはアメリカ・カリフォルニア在住のソフィーで、2013年11月に達成した記録です。尻尾の毛の長さがギネス記録となりましたが、その長さはなんと、25.68cmだそうです!長っ!!

ちなみにソフィーの前の記録保持者は、ロサンゼルス在住だった、故・ニャオ大佐(カーネル・ミャウ)で、その記録は22.87cm。ニャオ大佐は残念ながら、2014年に2歳という若さでお亡くなりになりましたが、その偉大な功績は、後世にまで語り継がれることでしょう。

まとめ

見つめる長毛の猫

長毛猫種だけで、1冊の本ができそうな位の勢いです。それぞれの猫種の歴史などをみていくと、非常に興味深いですね。お手入れに手間がかかる長毛猫ですが、それさえ慣れてしまえば、後はもっふもふし放題です!!でも、愛猫が嫌がる時は、止めてあげてくださいね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード