猫にヨーグルト 与えて良い時・悪い時

猫にヨーグルト 与えて良い時・悪い時

ヨーグルトと言えば健康に良い食品として知られていますが、飼い主が食べていると、愛猫も食べたがる時があるかもしれません。食べようと思ってテーブルに乗せておいたら、猫につまみ食いされた(笑)、という話も聞きます。猫が興味を持つヨーグルト、与えても大丈夫なのでしょうか?

2737view

猫にヨーグルトを与えて良い猫・悪い猫

ヨーグルト

牛乳を飲んでも下痢をしない体質であればOK!

ヨーグルトはご存知のように、牛乳から作られています。牛乳は猫が消化酵素を持っていない事から下痢を起こす可能性がある為、与えない方が良い食品、と言われています。ですが個体差がありますので、牛乳を飲んでも下痢をしない子もいて、そのような場合ヨーグルトを与えても大丈夫です。人でも、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしてしまう人もいれば、平気な人もいますね。それと同じなのです。

牛乳が大好きな猫もいますので、逆に取り上げてしまうのは可哀想な時もあります。愛猫の様子を見て、下痢をしないようであれば適量を与えるのは問題ないでしょう。

牛乳を飲んで下痢をしたり体調が悪くなる猫はNG!

牛乳がダメな子には、無理してヨーグルトを与える必要はありません。猫は牛乳に含まれる乳糖の消化が苦手なのですが、ヨーグルトにはこの乳糖が少ない上、ヨーグルト中の乳酸菌が消化を助けてくれるので、与えても良いと言う意見もあります。判断に迷うところですが、体質的に大丈夫な子には与えてもOK、体質的にNGの子や微妙な場合には、ヨーグルトに代わるものを与えるようにすると良いでしょう。

猫にヨーグルトを与える良い点

ヨーグルトとシリアルと猫

猫にヨーグルトを与えると、どんなメリットがあるのでしょうか?

①下痢や便秘を和らげる

猫にヨーグルトを与えると、人間と同じく腸内環境が整い、下痢や便秘を和らげてくれる場合があります。ですから、愛猫のうんちの様子を見て、お腹の調子が悪そうであれば、ヨーグルトを与えてみても、良いでしょう。

ただ単にお腹の不調で下痢や便秘となっている場合もあれば、何か病気があっての場合も考えられます。手遅れになってしまっては取り返しがつきませんので、愛猫の体調が悪い時は自己判断せず、なるべく獣医師に診せてから、与えるようにした方が良いでしょう。

②免疫力アップ!

腸内環境が整うことで、免疫力のアップが期待できます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌の菌体成分により、免疫細胞が活性化するからです。腸内に乳酸菌が増えることで善玉菌の味方をしてくれるので、腸内環境が良くなっていきます。腸は免疫にとって重要な働きをする器官ですから、腸を整えることは非常に大切なのです。

猫にヨーグルトを与える注意点

ヨーグルトを舐める猫

ヨーグルトを愛猫に与えるデメリットはあるのでしょうか?

①肥満になる

ヨーグルトは体に良い食べ物ですが、脂肪分が多く含まれます。与え過ぎは肥満の元になりますから、注意が必要です。

②尿路結石

ヨーグルトはナトリウムやカルシウムなどのミネラルが含まれています。猫にとってこれらのミネラルは、尿路結石の原因になることが。ですが、ヨーグルトに含まれる程度のミネラルの量であれば、大量に与えない限りは問題ないとされています。体質的に結石ができやすい子もいますから、心配な場合は担当獣医師に相談しましょう。

猫にとって問題のないヨーグルトの与え方

2つのヨーグルト

愛猫にヨーグルトを与える上で、押さえておきたいポイントがいくつかあります。それは、

  • 無糖
  • 低脂肪、無脂肪
  • 1日1回ティースプーン0.5〜1杯
  • 少量を長期間

です。

一言でヨーグルトと言っても、その種類は様々です。甘い加糖タイプのヨーグルトはカロリーが高いので、避けた方が無難です。また、脂肪分をなるべくカットしてある、低脂肪や無脂肪タイプが良いでしょう。

種類があり過ぎて選べない!!という場合は、◯◯菌や××株などの名前が書いてあり、少しだけ値段の高いものを選んでください。LG21やR-1などの機能性ヨーグルトもオススメです。また、シロタ株で有名な、ヤクルト400をひと舐めさせてもOKです!

ヨーグルトを与える量は1日に1回、ティースプーン0.5〜1杯程度が目安です。大量を1度に与えるのではなく、少量を長期間に渡り与え続けることが大切ですので、人間が食べるついでに少し与えるなどして、やりやすい方法で継続できるようにすると良いですね。

ペット用のヨーグルトも販売されていますので、色々と心配な方は、そちらを与えると安心でしょう。また、ペット用の乳酸菌サプリもありますので、牛乳やヨーグルトで下痢をしてしまう、という子には、ペット用ヨーグルトかサプリがオススメです。

猫の投薬にヨーグルトを活用する

ハーブとヨーグルト

投薬の際にヨーグルトに混ぜると、嫌がらずに飲んでくれた、と言う話があります。猫への投薬は苦労することが多いですが、そんな場合、ヨーグルト好きな子であれば、うまく活用することができるかもしれません。ただ前述したように、肥満などの原因となることがありますから、獣医師に相談した上で行うようにしてください。

猫とヨーグルトに関するまとめ

ヨーグルトと猫
  • 牛乳を飲んで下痢をするか・しないかで決める
  • 猫のヨーグルトの効果:腸内環境を整えるので下痢・便秘解消に効果あり・免疫力UPにつながる
  • 猫にヨーグルトをあげる時の注意:肥満に気をつける、大量に与えると結石ができる
  • ヨーグルトの与え方:無糖の物、低脂肪、無視棒、ティースプーン0.5-1杯

猫にヨーグルトを与えることについて、ご理解頂けましたか?初めて与える時は愛猫の体がヨーグルトを受け付けられるか、慎重に様子を見るようにしてください。体に良いから、と無理して与え、逆に体調を崩してしまっては、本末転倒です。愛猫と一緒に、ヨーグルトで健康維持ができたら、これ以上良いことはありませんね!愛猫好みのヨーグルトが、見つかりますように♪

30代 男性 荻

うちの猫も、ヨーグルトを欲しがります。が、やはり人間用の食べ物を与えるという事は、メリットよりもデメリットの方が大きいような気がして、基本的に与えない様に気を付けています。以前、獣医さんに人間の食べ物が猫にとって安全か安全でないかという事以前に、与える必要があるのかないのかを考えて下さいと言われた事があります。

確かに、ごくたまに少量であれば人間の食べ物でも、猫に害のないものは多いですが、猫専用の安全なものがたくさん販売されている今、わざわざ人間を与える必要はないのではないかと思うようになりました。猫の腸内環境を整える事を目的として、ヨーグルトを与えるのであれば、犬猫専用の「ワンラック (ONE LAC) ヨーグルトmIX」というヨーグルトも販売されているようですし、猫専用の乳酸菌サプリメントを選ぶのもいいかもしれません。

また、便秘の原因には毛玉症などの病気が隠れている可能性もありますし、あまりに酷い場合はヨーグルトを与えるのではなく、動物病院で診てもらう方がいいですね。猫にとって安全とされるヨーグルトは、腸内環境を整える等の常用目的ではなく、記事にあった薬の服用等のごくたまに利用するのが理想的だと思います。

女性 ケロキ

猫にヨーグルトが良いというのは聞いたことがあります。キャットフードやドッグフードにも乳酸菌を配合しているブランドもありますよね。脂肪分や塩分などから人間の食べ物は動物に与えてはいけないと言われていますが、砂糖が入っていないヨーグルトなら安心ですね。与える量はとても少なくていいので、以前、指先にヨーグルトを付けて猫の目の前に出したことがあります。念入りにニオイチェックをしてペロッと舐めましたが、特に反応がありませんでした。別の日にもう一度ヨーグルトを指先につけて見せましたが、少しニオイを嗅いだだけでした。我が家の猫はヨーグルトが好きではないようなのでそれ以来あげてはいません。機会があればもう一度与えてみたいと思いました。

20代 男性 ゆうき

猫を飼い始めてから、猫にも乳酸菌がいいのか…と乳酸菌の有能さに驚いた事があります(笑)猫用おやつにも、乳酸菌配合!と表記されているものも多いですよね。うちの猫も、お便秘女子さんなので、日頃から乳酸菌入りのおやつや、サプリメントなんかを試しています。たかが便秘、されど便秘で、酷い時にはうんちに血が付いてしまう事も。水分摂取量が少ない訳でもなく、心配して駆け込んだ動物病院で検査してもらっても特に異常はなく、「人間と同じで、生まれつきお便秘気味の子も居るからね」と言われて、これもまた驚きました…;猫ながらに立派な女子なのだな…と(笑)

その時に、便秘にはヨーグルトやヤクルトなんかがいいんじゃないのか?!と調べ、ヨーグルトは特に害がなさそうだったので与えてみた事がありましたが、ほんの数回舐めただけで便秘が解消する程、食べてはくれませんでした。後になって尿路結石等のリスクを知ったので、安易に与え続けなくて良かったと安心しています。「人には人の乳酸菌」なんてフレーズがありますが、そこは「猫には猫の乳酸菌」。やはり、猫専用のサプリメントなんかが安心ですよね。ヨーグルトに拘るのであれば、粉末タイプの猫用ヨーグルトも販売されていましたよ~!
人気のキーワード