猫のコロナウイルスについて

猫のコロナウイルスについて

猫のコロナウイルスとは、一体なんでしょうか?聞いたことがある方もいれば、初めて聞く方もいらっしゃるでしょう。コロナウイルスは広く蔓延しているウイルスなのですが、恐ろしいことに致死率がほぼ100%の病気に発展する恐れがあります。どんなウイルスなのか、発症する病気とはどんな病気なのか、詳しくみていきましょう!

1205view

猫のコロナウイルスとは

ウイルス

コロナウイルスは、飼われている猫の25〜40%程度は過去に感染したことがあると言われています。それだけ広く広がっているウイルスなのですが、普段は感染しても無症状か、軽い腸炎を起こす程度です。感染経路はたいていは感染した猫のうんちからですが、稀に唾液から感染する場合もあります。

コロナウイルスの危険性

治療を受ける猫

症状がそんなに出ないのなら、心配することはないのでは?と思いますが、実はコロナウイルスは突然変異を起こし、FIP、猫伝染性腹膜炎という、致死率の非常に高い病気の原因となることがあるのです。コロナウイルスに感染した猫がFIPを起こすのは、10%以下だと言われています。ウイルスが突然変異する原因は、分かっていません。

FIPを発症する猫は子猫や老猫、ストレスの多い猫など、免疫力が低い猫に起こりやすい、と言われています。また、純血種でも起こりやすい病気です。

FIPは確定診断も難しく、完治する方法も見つかっていない、極めてやっかいな病気だと言うことができます。これだけ聞くと怖くなってしまいますが、念頭に置いておいて頂きたいのが、コロナウイルスに感染したからと言って、必ずFIPを発症する訳ではない、ということです。

FIPとは

診察を受ける猫

FIPの主な症状は、食欲不振、元気がなくなる、体重が減る、発熱などです。また、FIPには2種類あり、その症状の違いから、ドライタイプとウェットタイプに分類されています。分類されていても、どちらか一方のみの症状が現れるということではなく、両方を併発していたり、ドライの後にウェットの症状が出たりすることもあります。それでは、2種類の症状などをお伝えしていきましょう。

ドライタイプ

臓器に肉芽腫ができるのが特徴です。肉芽腫ができる臓器により、現れる症状が異なります。例えば、頭部の場合はふらつく、立てなくなるなどです。目に肉芽腫ができると、目の濁りや緑内障などが起こります。腹部の場合は、下痢や嘔吐が。ウェットタイプよりも診断が難しい傾向にあります。

ウェットタイプ

胸やお腹、心臓に水が溜まります。溜まった水が臓器の動きを邪魔する為、呼吸困難や呼吸数の増加、心拍数の増加などが見られます。FIPによって溜まる水はその色や成分に特徴があるので、ドライタイプよりも診断がしやすくなっています。

治療法

FIPを完治する方法はありませんが、投薬により、発症後の生活の質を上げる方法が取られています。早く治療法が確立されることを祈るばかりです。

コロナウイルスの予防法

白猫

コロナウイルスは蔓延しているウイルスなので、感染予防は難しい現状にあります。シェルターやブリーダーから、完全に駆逐するのはかなり厳しいでしょう。ですが、FIPが発症するのを、予防する方法はあります。過剰な多頭飼いを避けたり、ストレスが少ない環境で飼ったりすることです。それで絶対に防げる、とまでは言えませんが、発症する可能性を減らすことはできるでしょう。

FIPは診断が難しい

具合の悪い猫

FIPは診断方法が確立されていません。その為、確定診断が難しいのです。診断を行うには、麻酔をかけて特殊な検査を行う必要があります。ですから、猫の負担の多さや費用の面などで、検査できない場合が多いのです。また、健康な猫でもコロナウイルスが陽性になることがあり、誤診もされやすいです。

「FIPが治った」という話がネット上で流れていることがありますが、このように診断の難易度が高いので、本当にFIPだったのかが疑わしい場合もあります。充分な注意が必要です。

まとめ

カルテと猫

コロナウイルスやFIPについてはまだ分からないことも多く、やっかいなものですね。我が家の猫もシェルター出身の子がいるので、可能性はゼロではない、と気を引き締めていきたいと思いました。猫の医療も発展してきているとは言え、このような恐ろしい病気はより早く、治療法が確立して欲しいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード