猫のコロナウイルスにご注意を!致死率ほぼ100%の病気になる恐れも。

猫のコロナウイルスとは、一体なんでしょうか?聞いたことがある方もいれば、初めて聞く方もいらっしゃるでしょう。コロナウイルスは広く蔓延しているウイルスなのですが、恐ろしいことに致死率がほぼ100%の病気に発展する恐れがあります。どんなウイルスなのか、発症する病気とはどんな病気なのか、詳しくみていきましょう!

970view

目次
猫のコロナウイルスとは?
コロナウイルスはなぜ危険?
FIPとは?
予防法はある?
FIPは診断が難しい?
まとめ

猫のコロナウイルスとは?

ウイルス

コロナウイルスは、飼われている猫の25〜40%程度は過去に感染したことがあると言われています。それだけ広く広がっているウイルスなのですが、普段は感染しても無症状か、軽い腸炎を起こす程度です。感染経路はたいていは感染した猫のうんちからですが、稀に唾液から感染する場合もあります。

コロナウイルスはなぜ危険?

治療を受ける猫

症状がそんなに出ないのなら、心配することはないのでは?と思いますが、実はコロナウイルスは突然変異を起こし、FIP、猫伝染性腹膜炎という、致死率の非常に高い病気の原因となることがあるのです。コロナウイルスに感染した猫がFIPを起こすのは、10%以下だと言われています。ウイルスが突然変異する原因は、分かっていません。

FIPを発症する猫は子猫や老猫、ストレスの多い猫など、免疫力が低い猫に起こりやすい、と言われています。また、純血種でも起こりやすい病気です。

FIPは確定診断も難しく、完治する方法も見つかっていない、極めてやっかいな病気だと言うことができます。これだけ聞くと怖くなってしまいますが、念頭に置いておいて頂きたいのが、コロナウイルスに感染したからと言って、必ずFIPを発症する訳ではない、ということです。

FIPとは?

診察を受ける猫

FIPの主な症状は、食欲不振、元気がなくなる、体重が減る、発熱などです。また、FIPには2種類あり、その症状の違いから、ドライタイプとウェットタイプに分類されています。分類されていても、どちらか一方のみの症状が現れるということではなく、両方を併発していたり、ドライの後にウェットの症状が出たりすることもあります。それでは、2種類の症状などをお伝えしていきましょう。

ドライタイプ

臓器に肉芽腫ができるのが特徴です。肉芽腫ができる臓器により、現れる症状が異なります。例えば、頭部の場合はふらつく、立てなくなるなどです。目に肉芽腫ができると、目の濁りや緑内障などが起こります。腹部の場合は、下痢や嘔吐が。ウェットタイプよりも診断が難しい傾向にあります。

ウェットタイプ

胸やお腹、心臓に水が溜まります。溜まった水が臓器の動きを邪魔する為、呼吸困難や呼吸数の増加、心拍数の増加などが見られます。FIPによって溜まる水はその色や成分に特徴があるので、ドライタイプよりも診断がしやすくなっています。

治療法

FIPを完治する方法はありませんが、投薬により、発症後の生活の質を上げる方法が取られています。早く治療法が確立されることを祈るばかりです。

予防法はある?

白猫

コロナウイルスは蔓延しているウイルスなので、感染予防は難しい現状にあります。シェルターやブリーダーから、完全に駆逐するのはかなり厳しいでしょう。ですが、FIPが発症するのを、予防する方法はあります。過剰な多頭飼いを避けたり、ストレスが少ない環境で飼ったりすることです。それで絶対に防げる、とまでは言えませんが、発症する可能性を減らすことはできるでしょう。

FIPは診断が難しい?

具合の悪い猫

FIPは診断方法が確立されていません。その為、確定診断が難しいのです。診断を行うには、麻酔をかけて特殊な検査を行う必要があります。ですから、猫の負担の多さや費用の面などで、検査できない場合が多いのです。また、健康な猫でもコロナウイルスが陽性になることがあり、誤診もされやすいです。

「FIPが治った」という話がネット上で流れていることがありますが、このように診断の難易度が高いので、本当にFIPだったのかが疑わしい場合もあります。充分な注意が必要です。

まとめ

カルテと猫

コロナウイルスやFIPについてはまだ分からないことも多く、やっかいなものですね。我が家の猫もシェルター出身の子がいるので、可能性はゼロではない、と気を引き締めていきたいと思いました。猫の医療も発展してきているとは言え、このような恐ろしい病気はより早く、治療法が確立して欲しいですね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード