猫の結石ができる原因と治療法

猫の結石ができる原因と治療法

猫の病気の中でも代表的なのが、「結石」です。様々な原因で結石ができますが、気をつけていないと愛猫の変化に気がつけないかもしれません。結石を放っておくと尿毒症になり命に関わりますので、早期発見が大切です。猫の結石について、詳しくみていきましょう!

772view

猫の結石について

検査を受ける猫

結石と一言で言っても、いくつか種類があります。尿を作り出す腎臓から膀胱までを繋ぐ尿道に石ができる「尿管結石」。膀胱から出口までを結ぶ尿道にできる「尿道結石」。膀胱にできる「膀胱結石」、腎臓にできる「腎結石」などです。

人の場合は結石ができるとかなり痛いというイメージがありますが、猫は痛みを示さないので、発見が遅れることがあります。ですが、排尿の頻度や具合、尿の色などに気をつけてみていれば、異常に気がつくことは可能です。健康診断で見つかることもありますが、普段から愛猫の尿の状態に注意を払うようにすると良いでしょう。

猫の結石の原因

カルテと子猫

結石ができる原因は、何があるのでしょうか?

食事の偏り

ご飯によって尿がアルカリ性に偏ると「ストルバイト(リン酸マグネシウムアンモニウム)」という結石ができます。ストルバイトは1番多く、食事療法をすることで石が溶けてくれます。

逆に、酸性に傾くと「シュウ酸カルシウム」という結石ができます。猫では2番目に多いです。シュウ酸カルシウム結石は、ストルバイトのように食事療法では溶かすことができません。また、プリン体による「尿酸塩」ができることもありますが、猫では稀です。                          

水分不足

砂漠出身のリビアヤマネコを祖先に持つ猫は、あまり水分を取らなくても生きていける体質を身につけています。ですが逆にそれが仇となり、水分が不足しがちになり尿が濃くなる事で、結石になりやすいです。いつでも水が飲めるように、水飲み場を複数設置したり、ウェットフードにするなどして、食事からの水分量を増やしても良いでしょう。ドライフードに白湯やチキン・野菜などの茹で汁をかけて与えても、水分摂取量を増やすことができます。

トイレの我慢

猫はトイレが汚いのを嫌う傾向にあるので、トイレが気に入らない時、我慢してしまうことがあります。汚くなくても、ただトイレが気に入らないだけかもしれません。トイレを我慢すると尿が濃くなり、結石となることも。トイレは常に清潔に保ち、愛猫好みのトイレを用意してあげましょう。

尿道が細い

メス猫に比べオス猫は、尿道が細いのですが、これが結石の原因となる、と言われています。尿道が細いとそれだけつまりやすいので、オス猫の方が結石になりやすい、と言われています。ですが結石は性別関係なく、全年齢で起こります。愛猫がメス猫だとしても、安心せずに充分注意してあげましょう。

他の病気

腎盂腎炎は、腎結石の原因となることがあります。膀胱炎も膀胱結石を起こすことが。これらの結石が流れ、尿道に辿り着いて尿道結石となる場合が多いです。

猫の結石の治療法

投薬される猫

結石は、どのようにして治療を行うのでしょうか?

食事療法

各メーカーから出された専用のフードを使い、食事療法を行ないます。必ず獣医師の指示に従い、専用フードを与えるようにしましょう。治療中は他のフードやおやつなどを与えるのは禁止です。専用フード以外のものを与えてしまうと、尿のphが崩れてしまうので、食事療法の意味がなくなってしまいますので注意です。

投薬治療

痛み止めや炎症を止める抗生物質などが使われることもあります。猫に薬を飲ませるのは苦労することもありますが、基本的には猫の頭を片手で押さえ、もう片方の手で口を開けさせて薬を投入する、というやり方が一般的です。ご飯に混ぜる方法もありますが、愛猫に合った方法で飲ませてあげてください。

外科的手術

結石が大きく、カテーテルなどで取り出せない時や、再発を繰り返している場合などは、外科的手術を行うことも。結石を摘出する手術はもちろん、オス猫の場合は尿道が詰まらなくなるように、尿道の細い部分を取り除く手術もあります。愛猫に負担がかかるものなので、獣医師を良く相談して行う必要性があります。

砕石

腎臓にできた結石に、超音波を当て砕く治療法です。安全性が高いとされています。砕けた結石は自然と排出されますが、尿路が細い猫には向いていないことがあります。また、妊娠中の猫には使用できません。

猫の結石の症状

不安な猫

結石ができると、愛猫の様子が変わることがあります。こんな行動や症状がでたら、注意です。

  • トイレに長時間座っている
  • いつもより執拗に砂をかく
  • 泌尿器を頻繁に舐める
  • 良く鳴く
  • 触ると怒る
  • しょっちゅうトイレに行く
  • 血や粘液が出ている
  • トイレに行っても尿がでていない
  • 粗相するようになる
  • 尿がキラキラしている

我が家の猫も、鰹節の与え過ぎで結石ができた事があります。やはりしょっちゅうトイレに行き、その割りに出ていないという状態でした。幸い完治し、その後も食事に気をつけているので、再発はしていません。ですがまたいつなるかとヒヤヒヤしながら、鰹節などは少しずつ与えるようにしています。

結石が起こりやすい猫種

スコティッシュフォールド

ある大学の調査により、結石を発症しやすい猫種として、スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、ヒマラヤンが結果として挙がっています。愛猫が該当する場合は、充分に注意しましょう。尚、雑種猫はかかりにくい、というデータが出ています。普通に生活していれば、それほどかかる病気ではなさそうです。

まとめ

診察を受ける猫

結石を始め、尿関連の病気は猫がかかりやすいと言われています。猫は体調の悪さを表さない動物なので、症状に気がつきにくいことも多いですが、結石の場合は行動が変わるので、割と分かりやすいかと思います。

日頃から愛猫の行動をしっかりと見守ることが、早期発見の鍵となります。なるべく辛い思いをさせないよう、早く気がついてあげたいですね。

人気のキーワード