猫の咳は放っておいて大丈夫?原因を突き止めよう!!

愛猫の突然の咳・・・何事かと驚きますよね。我が家の子も以前、咳をしていた事があり、その時は重大な病気かと思って心配したものです。特に病気ではなかったので良かったのですが、どうやら猫の咳には、心配のないものとそうではないものがあるようです。詳しくみていきましょう!

527view

目次
猫の咳について
猫が咳をする病気とは?
猫が咳をする時間帯とその病気の種類
まとめ

猫の咳について

喉に聴診器を当てられる猫

異常のない咳の場合は、数分程度で治まります。気管や喉、肺などの異物を取り除くため、咳をします。咳をする時は四つん這いになり、体勢を低くします。口を開けて舌を出し、ケホケホと咳をします。初めて愛猫が咳をする様子を見た時は、驚くと思いますが、数分で終わるのでしばらく様子を見ましょう。

もし咳が長く続く場合や数日に渡っている場合は、受診するようにします。また、猫の咳は乾いた咳がほとんどですが、ゼーゼーと苦しそうな音がする場合や痰がからんでいる場合も、獣医師に相談しましょう。

猫が咳をする病気とは?

獣医と猫

咳が長く続く場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか?

気管内異物

何かを誤飲した事で起こる咳、「気管内異物」の可能性があります。異物が大きかったり気管に引っかかっていたりすると咳をしても排出されず、呼吸困難を起こす事が。受診して胸部X腺などの検査をして貰いましょう。異物が確認された時は、手術が必要になる場合もあります。咳と共に呼吸が苦しそうでしたら、早めに受診しましょう。

猫喘息

アレルギーによる喘息が、猫では多いです。咳は2ヶ月以上続きます。アレルゲンを特定し、室内環境を整える事で咳が消える事もありますが、もし発見が遅れた場合には、薬物治療が必要となる場合も。愛猫が何日も咳をしているようでしたら、すぐに受診するようにしましょう。

慢性咽頭炎

咽頭とは、口から食道にかけての柔らかい筋膜の部分の事を言いますが、そこが感染症や異物などで2ヶ月以上続く炎症を起こした場合、「慢性咽頭炎」と診断されます。症状は咳や声が枯れる、大量のよだれが出る、呼吸困難などです。咽頭炎は重大な病気の初期症状の事もありますので、早めの対処が不可欠です。

鼻咽頭ポリープ

生後3ヶ月〜8歳位の若い猫い多く、アビシニアンやシャムなど短毛の猫や、ペルシャやヒマラヤン、メインクーンなどで起きた例が報告されています。中耳や耳管にポリープができ、大きくなっていく病気です。咳の他にも呼吸困難やいびき、鼻水や体重の増減がみられます。治療には手術を行ない、ポリープを切除します。

原発性肺腫瘍

原発性肺腫瘍とは、肺で発生したガンの事を言います。咳が長く続き、次第に増加していきます。治療が難しい病気ですので、なるべく早い段階での発見が大切です。症状がなく、健康診断で発見される事もあるとか。幸い、猫では肺ガンの発生率は非常に稀となっています。

気管支炎

いわゆる猫風邪に感染した時や寄生虫、毒物の吸引や異物の誤飲などにより、気管支に炎症が起こる事で咳をするようになります。咳以外にも元気がなくなったり、食欲不振になったり、重症になる失神する事もありますので、充分に注意してあげてください。治療方法は原因によって異なりますが、原因となっている疾患の治療をする事や、誤飲などを防ぐため、生活環境の改善を行います。

僧帽弁逆流症

咳が主な症状の病気で、心臓にある僧帽弁という膜が変化してしまう事で血液が逆流してしまいます。逆流が起きる事で肺全体がうっ血します。症状が進むと少し動いただけですぐに呼吸が荒くなり、疲れやすくなる事も。酷くなると呼吸困難を起こす可能性もあります。

猫が咳をする時間帯とその病気の種類

具合が悪い猫

あくまでもご参考までにですが、猫が咳をする時間帯によって、対応する病気があるようです。もちろん、この時間帯にきっかりと咳をする訳ではありませんので、あしからず・・・。あくまでも傾向、という事です。

  • ご飯を食べた時…気道閉塞、食道梗塞、食道狭窄症、巨大食道症、誤嚥咽頭麻痺など
  • お水を飲んだ時…気管虚脱、誤嚥
  • 運動したり興奮したりした時…気管虚脱、心疾患など
  • 夜に出る場合…気管虚脱、心疾患、肺水腫など
  • 時間を問わない咳…感染症、肺炎、アレルギー、腫瘍など

まとめ

薬と猫

人間では咳をする事は珍しくありませんが、猫はめったに咳をしません。ですから、猫が咳をした場合には、注意をした方が良いでしょう。何事も早期発見早期治療が大切です。体の異常を言葉で伝えられない猫ですから、飼い主さんが気がついてあげる事が、猫にとっては頼りです。側にいる時は愛猫の様子を良く、観察するようにしてあげましょう!!

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード