シャム猫の寿命と長生きさせるポイント

シャム猫の寿命と長生きさせるポイント

エレガントで高貴な雰囲気のシャム猫。サイアミーズとも呼ばれるこの猫、長生きするためには病気や怪我にはとりわけ注意しなければなりません。今回はシャム猫の平均寿命と長生きの秘訣をご紹介します。

959view

シャム猫の平均寿命

遊ぶシャム猫

シャム猫の平均寿命は10~13歳と言われています。家猫の平均寿命は約15歳といわれているので、やや寿命は短い種類。病気や怪我には特に注意が必要です。

またどの猫にも共通することですが、食事での体重管理は大切です。ついつい甘やかしてしまいがちですが、肥満は他の病気の原因にもなります。食事には気を付けましょう。

シャム猫の寿命を伸ばすポイント

手を舐めるシャム猫

シャム猫は眼や腎臓、泌尿器の病気や糖尿病など様々な病気にかかりやすく、家猫でも短命である原因の一つと言えます。眼の病気は最悪失明に至る場合もあり、一度腎機能が低下すると、元に戻ることはありません。

ただし、早期発見・早期治療によって症状を抑えることが可能な病気もありますので、自己判断に頼らず、定期検診と併せて普段と違った様子が見受けられる際はすぐに獣医に相談しましょう。

怪我をしやすい

振り向くシャム猫

長生きのため、病気以外に気を付けたいポイントが怪我です。シャム猫は運動量が多く好奇心旺盛な性格なので、その分怪我をする機会が多いと言われています。

怪我をしないためだからといって、走り回ったり高い所へ登ったりすることが大好きなシャム猫の動きを制限すると、ストレスの原因にもなりかねません。広い部屋で遊ばせるようにしたり、家具の配置を工夫したりすることで怪我を防ぎましょう。家の外では怪我をする機会も増えるのと同時に、脱走にも気を付けてください。

シャム猫の寿命以外の情報

寝そべるシャム猫

どこか高貴な雰囲気が漂うシャム猫。原産国のタイでは高い身分の人しか飼うことを許されない猫として扱われていました。

美しいブルーの目とすらっとスレンダーな体。顔・耳・四肢・しっぽの暗い色が特徴的なポインテッドと呼ばれる毛色です。

とても好奇心旺盛でいたずら好きな性格です。また、非常に警戒心が強い一方で心を許した相手には甘えん坊な一面を見せることもある猫。優雅な外見とは違い、とても活発でおもちゃなどを使って遊ぶことが大好きなんです。また、他の種類の猫と比べても比較的に運動量が多いと言われています。

まとめ

シャム猫の横顔

様子がおかしいと感じても、飼い主さんだけのチェックで病気を発見するのは困難です。病気にかかりやすいシャム猫には定期的に検診を受けさせるなどして、病気の早期発見に努めましょう。病気や怪我への配慮といった面では、シャム猫は手のかかる種類といえるかもしれません。

かわいい愛猫にはぜひ長生きしてほしいもの。飼い主さんの体調管理や可能な限り安全な運動環境を作ることで平均以上に長生きさせてあげることも可能です。獣医さんなど専門家の指導の下、しっかりと健康管理を行いましょう。

女性 tonakai

シャム猫は手足や尻尾、顔のポイントが高級感があり、おとなしいというイメージでした。ですが、運動量が多くケガも多いのはとても意外です。元気があるからと病気の発見が遅れないようにしないといけませんね。
ケガの予防ですが、家の中の危険な場所の確認は1度ではなく何度も行った方が良いと思います。人間が思いもよらないことをするときがあるからです。すべてのケガを防ぐことはできませんが、「この子はこういう性格だからここでケガをするかもしれない」と対策をとることが必要だと感じます。
我が家の猫はケガをするほど活発ではありませんが、紐やゴムが好きで目を離したすきに食べてしまう可能性があるので、留守番の際はそういったものがない部屋でさせ、その他の部屋は人がいるときしか入らせないように柵を設置しています。他の飼い主さんがどんな対策を取っているのか調べてみると、吹き抜け部分に落下防止ネットを張っている飼い主さんがいました。普段からどんな行動をするのか観察をすることで対策がとれると思います。

20代 女性 ポテコ

少し前に、念願のシャムを飼い始めたところです!
のろけになっちゃいますが、可愛くて、可愛くて仕方ありません。

私も、見た目だけでシャムは大人しいのかと思っていたんですが、本当、そんなこと無いですね!結構な、おてんば娘。

家に慣れてきた頃、ソファーの背もたれを、ちょこちょこ渡っていたかと思った瞬間、スッテンと転げ落ちた事がありました。ソファー側に転げたので何事もなかったけれど、ヒヤッとした出来事でした。
部屋が狭いので、なかなか広々と走らせてあげられないけれど、ソファーに登り、テーブルを渡って、カーテンをよじ登り…まるでフィールドアスレチックの様に無邪気に遊んで、悪意なく色々とボロボロにしてくれています。
キャットタワーを置いてあげたいけれど、置き場所もないので、ちょっと困ったおてんばっぷりです。

女性 ケロキ

シャム猫が運動が好きとは思いませんでした。シャム猫の飼育で注目されるのは、かかりやすい病気があることですが、運動についても考えなくてはならないと思いました。好奇心旺盛で運動が好きとなると、思うように遊べないのはとてもストレスに感じると思います。ケガにも注意しなければなりませんが、猫が思いっきり遊べる環境を用意してあげると、ケガや事故が減るのではないでしょうか。最近は壁に穴を開けずにDIYができます。そういったものを応用してキャットウォークを設置すると猫のストレス解消に良さそうです。我が家の猫は高いところに登ろうとしないのですが、最近ピアノの上に乗ってみたようで気にしています。もしかすると、今までは運動ができる場所がなくて我慢していたのかもしれません。なるべく多く運動できるようにしてあげたいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード