アメリカンショートヘアの抜け毛。対策と注意してあげること

アメショーの通称で人気のアメリカンショートヘア。色や縞模様が好き!というファンも多いはず。きれいな被毛ですが、実際に飼うと抜け毛が大変という声も。抜け毛の対策と注意してあげたいこと、知っていますか?

656view

目次
アメリカンショートヘアーは短毛・長毛だけでない!被毛のタイプ
アメリカンショートヘアーの抜け毛の理由
アメリカンショートヘアーの換毛期による抜け毛のお手入れ
アメリカンショートヘアーの換毛期による抜け毛で気をつけること
まとめ

アメリカンショートヘアーは短毛・長毛だけでない!被毛のタイプ

2匹のアメリカンショートヘアー

アメリカンショートヘアーは「ショートヘアー」と名前についているので「短毛種」であることはみなさんご存知ですよね。短毛か長毛かは被毛のタイプの大分類。では中分類は?

中分類は毛の生え方

実は毛の生え方にも種類があり、大抵の猫はダブルコートまたはシングルコートと呼ばれる、どちらかの生え方に分類されます。
ダブルコートとはオーバーコートと呼ばれる長く、太く、まっすぐな毛と、アンダーコートと呼ばれる細く、綿のように柔らかい短い毛の2種類が生えているタイプをいいます。
オーバーコートは体を保護する役目を持ち、アンダーコートは保温の役目をします。
そして、シングルコートは保護と保温のどちらの要素も兼ねる1種類の毛質しか生えていません。

アメリカンショートヘアーは短毛のダブルコート

アメリカンショートヘアーは2種類の毛質をもつダブルコートです。そして、毛量ですが、長くまっすぐなオーバーコートは1本ずつ、短くて柔らかいアンダーコートは1つの毛穴から平均10~12本生えているので毛の量も相当です。アンダーコートはお腹に向かって密集して生えています。

アメリカンショートヘアーの抜け毛の理由

伏せるアメリカンショートヘアー

アメリカンショートヘアーがダブルコートへと進化したのは、厳しい環境下で寒さをしのぐためでした。実際、家猫ではなく、ワーキングキャットとして、ネズミを駆除するハンターとして働いていた時代があります。寒い季節には細くて柔らかい被毛を増やし、暑い季節には被毛が抜けることで密度を少なくします。そうやって被毛の量を調整することで寒さ暑さをしのいできました。それがアメリカンショートヘアーは抜け毛が多いと言われる理由です。

換毛期

この被毛の調整時期を換毛期(かんもうき)といいます。猫には年に2回の換毛期があり、季節は春と秋です。
春は暖かくなるにつれ抜け落ち、秋は冬に向かって新しい被毛をまとうために古い被毛が抜けます。寒くなる時期に抜けるとちょっと心配になりますが、下から新しい被毛が生え変わっているのです。

アメリカンショートヘアーの換毛期による抜け毛のお手入れ

椅子の下のアメリカンショートヘアー

気候が暖かくなりはじめた頃から毛は抜け落ちはじめます。この時期は体を軽くなぜただけでも落ちますし、落ちるときには歩いただけでも落ちます。

ブラッシング

抜け毛の時期のいちばん簡単で効果のあるお手入れはブラッシングです。ブラッシングをすることで抜け毛を先にキャッチできるので、部屋の中を舞ったり衣類に付着したりすることもかなり防げます。また、完全室内飼いで温度差の少ない場合や、一年を通して日照時間にあまり変化のないお部屋にいる子などは、換毛期のタイミングがはっきりせず、一年中抜け毛がある子もいます。そんな時にも抜け毛対策にはブラッシングがよいでしょう。

指で撫でてもOK

猫は毛にそっと触れただけでもピクピクと反応するほど毛から皮膚に伝う筋肉も敏感です。毛の向きに沿って優しくブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングを嫌がる子は、少しずつやさしく慣らしていくとよいでしょう。それでも好きではないという子には、指で毛を軽くかきだすように繰り返し撫でてあげれば、しっかり抜け毛をキャッチできます。猫と猫が毛繕いしあうイメージで、毛と毛の間のアンダーコートに触れるように触るのがコツです。この触り方はスキンシップにもなり猫も喜びます。

アメリカンショートヘアーの換毛期による抜け毛で気をつけること

眠そうなアメリカンショートヘアー

毛繕いで飲み込んだ抜け毛

猫は毛繕いするときに毛を飲み込んでしまいます。通常、飲み込んだ毛は消化器官内にとどまり、自分で吐き出しますが、飲み込んだ毛が多過ぎたり、何らかのストレスや加齢、または内臓の不調などで上手に吐き出せなかったりすると、胃の中で毛玉(ヘアボール)となって停滞してしまう毛球症を引き起こします。毛球症はこまめにブラッシングをしてあげることで予防できます。それでもなってしまったら、動物病院で診てもらいましょう。

食物繊維とたんぱく質の摂取量

猫には人間の5倍のたんぱく質が必要と言われますが、その理由が年2回訪れる換毛期の生え変わりに大部分を使うからです。
低カロリーで高タンパクな食事を与えてあげましょう。また、毛球ケアのフードには食物繊維が多く含まれています。この時期には抜け毛をたくさん飲みこんでいるので、排泄する手足助にもなりますよ。

まとめ

寝転がるアメリカンショートヘアー

抜け毛の季節だけでなく、日ごろからブラッシングをしてスキンシップをすることは、部屋に舞う毛を抑えられ、家族がアレルギーを引き起こす原因を減らすこともできます。
猫は被毛からの感覚も敏感なので、あまり細かな目のコームでは嫌がる子や、幅広のブラシだとゾワゾワっとして苦手そうな子もいます。アメリカンショートヘアーなどの抜け毛の多い子は、ブラッシング嫌いにさせないように注意したいので、猫ちゃん好みのブラシを見つけあげましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード