猫のしっぽでご機嫌チェック!動きで分かる気持ち

猫のしっぽでご機嫌チェック!動きで分かる気持ち

猫を飼っている人や猫好きな人はしっぽの動きが猫の機嫌や気持ちを表していることを良くご存知だと思います。機嫌ご見定めるためにも、改めて愛猫のしっぽの動きをチェックしてみましょう。しっぽの動き別に猫のご機嫌を解説します。

1176view

猫のしっぽが立ちあがった時の機嫌

立ちあがった猫

猫のしっぽは猫の気持ちを豊かに表しています。しっぽの動きから愛猫のご機嫌チェックをしましょう。まずは立ちあがった状態でのしっぽについて説明します。

しっぽを垂直に立てる

しっぽを垂直に立てているのは甘えたいというサイン。喜びを表すときやおねだりをするときも同様です。撫でるなど存分にスキンシップをとってあげましょう。しっぽを垂直に立てて、先をやや前気味に曲げているのはあいさつの表現と言われています。

しっぽを左右に振る

立ったままゆっくりとしっぽを左右に振っているのは興味津々というサイン。何かをじっと見つめながらよくこの動きをしています。
リズミカルにブンブンと左右に振っているのは闘争心を見せているサイン。大きく見せることで、「自分は強い」というアピールをしているのです。

しっぽの毛を逆立てて太くする

しっぽの毛を逆立てて太くする

毛をぶわっと逆立ててしっぽを太くしているのは驚きや恐怖のサイン。威嚇や攻撃態勢をとるときも同様です。のんびりとした性格の猫にはあまりないですが、こわがりな性格の猫にはしばしば見られるようです。
しっぽの毛を逆立てる状態と似たもので、しっぽを山なりに持ち上げることがあります。これは驚きや攻撃態勢をとるサイン。ストレスがかからないように、早めに原因を取り除いてあげましょう。

しっぽを足の間に入れる

しっぽを足の間に入れるのは強い恐怖や服従を表すサイン。近くで大きな音が続いているとき、強い猫に会ったときなどに見られます。緊張して強くストレスがかかっていますので、手を近づけると引っかかれる場合もあります。何に恐怖しているか確認し、対処してあげましょう。

しっぽをだらんと垂れ下げている

しっぽをだらんと垂れ下げているのは落ち込んだ気分や体調不良のサイン。叱られて落ち込んでいるときに見られます。病気で元気がない可能性もあるので、いつもより注意深く様子を確認してあげましょう。何か変わった様子があればすぐに獣医に相談しましょう。

猫のしっぽが座っている・寝そべっている時の機嫌

寝そべっている状態のしっぽ

座ったり寝そべったりしている間のしっぽにも意味があります。

しっぽを大きくゆっくりと振る

しっぽを大きくゆっくりと振っているときはリラックスしている、安心しているサイン。考え事をしている可能性もあります。スキンシップをとるかどうかはしっかり様子をうかがってからにしましょう。

しっぽをぱたぱたと動かす

左右にぱたぱたと大きく激しく動かしているのはイライラしているサイン。かなり不機嫌です。触ったり構ったりせずにそっとしておいてあげましょう。縦にゆっくりぱたんぱたんと動かしているのは考え事をしているサイン。左右に大きく激しく動くときとは意味が異なります。

寝ているときにしっぽの先だけ動かす

寝ているときにしっぽの先だけ動かすのは返事をしているサイン。寝ている間に声をかけたときなどに見られます。声を出すのも、顔を向けるのも面倒だけど、聞こえたので一応反応だけはするという状態です。うとうとしているので、そっとしてあげましょう。

猫を抱っこしている時のしっぽの動きで機嫌をチェック!

抱っこ中のしっぽ

抱っこ中のしっぽも感情を表しています。嫌がっていないかよく観察しましょう。リラックスしているときはしっぽをだらりと垂れ下げたり、喜んでいるときはしっぽをゆったりと振ったりします。

しっぽをお腹にぴったりとつける

しっぽをお腹にぴったりとつけるのは怖がっているサイン。しっぽを足の間に入れた状態と似た様子です。抱っこは控えてあげたほうが良いでしょう。

しっぽを早く動かす

ぱたぱたと早くしっぽを動かしているのは嫌がっているサイン。この動きをしたときは抱っこ状態から解放してあげましょう。

猫のしっぽと機嫌に関するまとめ

猫の尻尾

しっぽひとつで豊かに感情表現をしていることがおわかりいただけたでしょうか。しっぽの様子を見ると、愛猫の気持ちや距離感が理解できて、よりよい関係が築けるかもしれません。全体の様子と併せてしっぽの動き方や動くスピードにもしっかり注目し、ぜひご機嫌チェックしてみてください。

スポンサーリンク

人気のキーワード