猫と引っ越しする時の注意点

猫と引っ越しする時の注意点

人間にとって引っ越しは、手間がかかる事ではありますが、新しい環境に入るのに不安もありつつ、楽しみでもあるかと思います。猫を飼っている場合、愛猫と引っ越しする事もあるでしょうが、果たして猫にとって引っ越しとは、どのように感じるものなのでしょうか?愛猫の気持ちを把握し、なるべくスムーズに負担を掛けずに終わらせられるよう、事前にチェックしておきましょう!

835view

猫を連れての引っ越し

引っ越しのイラスト

多くの猫は住環境の変化があまり得意ではありません。住み慣れた家でさえ、模様替えをしたり新しい家具が来たりすると、落ち着かなくなる事も多いです。子猫は割と柔軟ですが、成猫になると新しい環境に適応するのに時間が掛かります。

とはいえ、飼い主が猫の習性を良く知り、なるべく負担をかけないよう気をつけていれば、適応力が高い猫の事ですから、そのうち「住めば都」状態になってくれる事でしょう!

猫と一緒に引っ越しする時気をつける事

猫と一緒に引っ越す

猫と引っ越す場合は、どんな点に気をつければ良いのでしょうか?

引っ越し前

愛猫が使い慣れた猫グッズは、新居に着いてからすぐに取り出せるようにしておきましょう。また、荷造りなどでバタバタしがちですが、愛猫が不安を感じないよう、飼い主が落ち着いた言動をするようにします。新居に移ると同時に家具などを新調したくなりますが、できれば引っ越し後、愛猫が新しい環境に慣れてから新調する方が望ましいです。

特に猫トイレは替えないように気をつけましょう。愛猫のニオイがついた猫砂も一緒に持っていきます。それにより、新居でも愛猫が安心出来るでしょう。引っ越しまでの体調管理と、引っ越し先の動物病院はあらかじめ調べておきましょう。

引っ越し当日は引っ越し業者が家の中に入ってきたり、ドアが開けっ放しになっていたりするので、逃げ出してしまう事があります。トイレやお風呂に、一時的に愛猫を隔離すると良いでしょう。

その際、愛猫のニオイ付きの毛布やベッドなどを置いてあげましょう。もちろん、お風呂の水は抜いた状態にしておきます。またはペットホテルに預けるのも良いですが、出来れば猫専用ホテルにしてあげた方が、掛かるストレスは軽減されるでしょう。

引っ越し後

まず片付けが終わるまで、愛猫は一つの部屋に猫トイレと寝床、隠れ場所などと共に入れ、ドアを閉めておきます。新しい家は今までとニオイが全く違うので愛猫は落ち着きませんが、自分のニオイがついたトイレなどがあれば、安心出来ます。

片付けが一段落したら愛猫を部屋から出し、新居を探検させてあげてください。あくまでも愛猫のペースで行ない、無理矢理隠れ場所や部屋から引っぱり出すような事は避けましょう。

引っ越し直後はストレスにより、体調を崩しやすいです。異常はないか、注意深く観察するようにしましょう。猫が新しい環境に慣れるまで、1ヶ月程度かかる事があります。焦らず、余裕を持って愛猫を見守りましょう!

猫と海外へ引っ越しする場合

猫の引っこし

海外へ愛猫と共に引っ越す場合、まずは引っ越し先の国でどのような手続きが必要かを確認します。大抵は狂犬病ワクチンの接種が必要となりますので、出発の数ヶ月前から準備をしなくてはいけません。費用は掛かりますが、手続きを代行してくれる業者もありますので、任せるのも手です。

また、航空会社によっても異なりますが、猫を手荷物で機内持ち込み出来る場合と、貨物として運ぶ場合があります。機内持ち込み出来ればまだ良いのですが、貨物の場合は最悪、死亡するケースもあります。完全に安全ではない事を、覚悟しなければいけません。

飛行機移動は猫にとってはかなりの負担となります。鎮静剤を使用する手もありますが、心臓などに異常が起きたり、バランス感覚が崩れる事でケガをしやすくなったりするリスクがありますので、あまりオススメ出来ません。酔い止めはOKです。

また、「フェリウェイ」というフェロモン製剤は副作用なくリラックス効果を得る事が出来ますので、使ってみてはいかがでしょうか?

引っ越し後の猫の様子

段ボールと猫

新居に着いた猫は落ち着きなく歩き回るか、ストレスで鳴きまくるか、その反応は様々です。引っ越しではありませんが、参考までに我が家の猫達の例を一つ。

3日ほど家を空けなければいけなくなり、愛猫達を実家に預けた事があります。子猫の頃は割とすぐに慣れたようですが、成猫になってからはやはり難しかったです。

実家に着いたとたんベッドの下に2匹共隠れてしまい、食事や夜の運動会をする時以外は、出てこなかったそうです。もちろん、家で使っているトイレやおもちゃなどは持って行っています。

迎えに行った時も私の顔を見て、いぶかしげにしていました(笑)。さすがに飼い主の事を忘れてはいなかったようですが、しばらくよそよそしかったのを覚えています。

引っ越しは猫にとって大きなストレス

家の猫

昔から「猫は家につく」と言うように、猫は人間に依存するのではなく、自分の縄張りと強い繋がりを作ります。家を売ると高い税金を支払わなければいけないので、飼っていた猫を高額で売り、家はおまけとしてタダで提供した人がいるそうですが、これは猫の習性を良く表している話です。

猫にとっては飼い主は変わるけれど住み慣れた家は離れずに済み、売った元飼い主は高額な税金を払わなくて済んだ、という訳です。実際猫は飼い主が変わる事よりも、住む環境が変わる方がストレスを感じる、とも言います。

ですが、猫の中でも家ではなく人につく猫種もいます。シャム猫やトンキニーズ、ビルマ猫などです。もちろん、それ以外の猫種でも、個体差が見られます。

飼い主と共にアメリカ全土を旅する猫もいますから、全ての猫が引っ越しにストレスを感じる訳ではないようです。ビルマと名付けられたその旅する猫は生後8か月から旅をしており、適応したのでしょう。子猫の頃の環境に、左右される部分があるようです。

猫と引っ越しに関するまとめ

引っ越し準備

引っ越しは猫にとっては命がけと言っても過言ではない位、大変なものです。荷造りなどに一生懸命になり、つい愛猫から目を離しがちですが、充分注意したいところです。愛猫がいてくれれば慣れない新生活もきっと、今まで以上に楽しめる事でしょう♪

スポンサーリンク

人気のキーワード