猫のシャー!という鳴き声にはどんな意味がある?対処法は?

猫のシャー!という鳴き声にはどんな意味がある?対処法は?

猫が恐ろしい形相で「シャー!」と言う時、一体どんな意味があるのでしょうか?その緊迫した様子には、猫より体の大きな人間でも思わず引き下がりたくなりますが、猫の「シャー」には大きく分けると2つの意味があるようです。猫のシャーという鳴き声はどんな意味なのか、知りたくありませんか?

1621view

目次
猫の「シャー」とは?
猫がシャーという意味は?
猫が「シャー」という理由とは?
猫に「シャー」と言われたら・・・
まとめ

猫の「シャー」とは?

噛みつく猫

時に猫は、突然「シャー」と口を大きく開け、こちらをじっと見てくる事があります。猫にしてみたらきっと、「突然」ではないのでしょうが、愛猫を撫でていたら「シャー」、知らない猫をじっと見ていたら「シャー」・・・至る所で猫が「シャー」と言っている場面を見る事ができます。

猫がシャーという意味は?

手を伸ばす猫

猫が「シャー」と言うのは、威嚇と攻撃の、2つの意味があるようです。

威嚇とハッタリで。

「これ以上寄るな!あっち行け!!」と、自分の身や縄張りを守るため、必死になって威嚇をしています。猫が恐怖を感じたり、形勢不利だと感じたりした場合、アドレナリンが分泌されます。すると瞳孔が開き、恐怖も感じている事を示しています。つまり、「これ以上近付くと、攻撃するぞ!」という攻撃態勢と「怖いから、逃げたいよ〜」という恐れの気持ちが、ごちゃまぜになっている時なのです。

「シャー」という声で威嚇しながら、首や背中、尻尾の毛を逆立てたり、背中を丸めたりする事で、自分の体を大きく見せています。恐怖のため耳は後ろにペタンと伏せますが、これは耳を守るためもあるようです。これらの行動で相手が怖じ気づき、逃げ出してくれる事を本当は望んでいるのでしょう。ですが万が一の為、攻撃出来る体勢も保っているのです。

攻撃をしかける時

猫が本当に攻撃をする時には、自信を持っている事が重要です。例えば、相手よりも高い場所にいる場合や自分の縄張り内にいる時、子猫を守る母猫も当てはまります。

恐怖は感じていないのでアドレナリンは分泌されず、瞳孔は開きません。耳はピンと立てたままで
(やや寝かせる事もあるようですが)口を大きく開け、「シャー」という声と共に息を吐き出します。大きく開けた口からは鋭く尖ったキバが見え、相手に恐怖を感じさせます。自信がある為、体の毛も逆立ちません。子猫を守る母猫の威嚇には、強そうなオス猫もたじろぐ事があるようです。「母は強し」というのは、どの動物でも変わらないようです。

猫がこのような攻撃態勢を示していたら、早急に立ち去るようにしましょう。うかつに近付くと、危険です。引っ掻きや噛み付きなど、激しい攻撃があなたを待っている事でしょう。

猫が「シャー」という理由とは?

威嚇する猫

猫が「シャー」というのは、どういう理由からなのでしょうか?

目がじっと合ってしまった時

猫にとって目を合わせる事は「ケンカを売っている」という意味になります。いくら猫の目がキレイでも、じっと見つめてはいけません。目以外の部分を見て、接するようにしましょう。親愛の情を表す、目をゆっくりつぶる、をやっても良いですね♪

縄張りに侵入された時

例えば、外の猫が庭に侵入してきた時、愛猫が「シャー」というのを聞けるかもしれません。「ここは自分の縄張りだぞ!出ていけ!」と言っているのでしょう。我が家の猫も、窓の外に他の猫が見えた時には大騒ぎをします。普段は聞いた事がない恐ろしい鳴き声で、相手を威嚇しています。侵入猫との間には窓があるので、攻撃は出来ないんですけどね。

嫌な事をされた時

撫でていたら突然、「シャー」と言われるパターンです。「もういいよ!止めて!」と訴えています。即座に止めた方が、身の為です。猫が「シャー」と言い出す前に、何かしらの止めてサインを出しているはずなのです。例えば、体を押し付ける力が弱くなったり、尻尾をパタパタしたり。撫で方が気に入らない事もあるようです。他にも、尻尾を踏まれた、気持ちよく寝ていたのに邪魔された時なども「シャー」と言う事があります。

母猫が子猫を守る為

子育て中の母猫は、とにかく神経質になっています。うかつに近付くと警戒されてしまいますので、母猫のストレスを考えると、子猫がいる猫にはあまり近付かない方が良いでしょう。

猫に「シャー」と言われたら・・・

シャーっと威嚇する猫

基本的には無視をするのが1番です。なだめようとうかつに近付くのは、逆効果です。放っておき、猫の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。積極的に止めさせたい時は、大きな音や霧吹きなどで驚かす、という手もあります。猫は自分の身を守りたくて「シャー」と言っていますから、こちらから直接何もしなければ、攻撃してくる事はほぼ無いでしょう。猫が嫌がるような事をしない、というのも予防になります。

まとめ

林檎をかじる猫

怖いのに、必死で戦おうと威嚇している猫の姿は、微笑ましくもありますね。我が家の子も子猫の頃、なぜか階段にいるとしょっちゅう、毛を逆立て瞳孔をまん丸にして、「やるか!?くるのか!?」という感じで私に向かって威嚇をしていました(笑)。必死だったのでしょうが顔や全身は緊張でこわばっており、絶対攻撃出来ないでしょ?とツッコミを入れたくなる程でした。今となっては良い思い出です☆

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード