猫に噛まれた時の対応について。即座に病院に行くのが正解です!

猫に噛まれた時の対応について。即座に病院に行くのが正解です!

猫を撫でていたら、突然カプッと猫に噛まれた・・・という経験はありませんか?猫に噛まれた所に傷が出来てしまったら、直ぐ病院へ出向きましょう。その位、猫に噛まれた場合、危険が潜んでいます。「消毒しておけば大丈夫」と軽く見ず、猫に噛まれたら早めに適切な対処をしてください。

1775view

目次
猫に噛まれたら?
猫に噛まれた時にかかりやすい病気はある?
猫に噛まれた時の対処法とは?
まとめ

猫に噛まれたら?

噛みつく猫

猫が本気で噛むと、血が出たり貫通してしまったり、結構な重症になる事が多いです。傷だけならばまだ良いのですが、猫の口の中には、人間に害のある菌などが常在しています。猫には害はありませんが、人間にとっては恐ろしい病気を引き起こす原因にもなるのです。

猫に噛まれた時にかかりやすい病気はある?

子猫

猫に噛まれた時にかかりやすい病気があります。絶対に感染する、という事ではありませんが、かかる可能性はありますので、早めに病院へ行きましょう。

危険です。パスツレラ症

猫に噛まれた後、30分〜数時間後に、噛まれた箇所の激痛や腫れが起こります。抗生物質で治療する事が出来ますが、なるべくかからないよう、予防が大切です。噛まれないようにするのはもちろん、愛猫とキスをしたり、食器を共有していたりすると感染する事があります。

また、免疫力が落ちていると症状が出やすいので、健康な生活を送るように努めましょう。免疫力が弱いと重症化しやすく、敗血症や骨髄炎を起こし死亡する可能性もあります。呼吸器系の疾患があると肺炎を起こす事も。健康な人でも気管支炎や副鼻腔炎などを引き起こす事もあります。

完治に時間を要する猫ひっかき病(バルトネラ症)

猫の爪や口内に常在しているバルトネラ属菌に感染する事で、引っ掻かれたり猫に噛まれた時の傷が腫れたり膿んだり、リンパ節が腫れる事もあります。重症になると視力障がいや肝機能障がいを起こす事もあります。

自然治癒する事がほとんどですが、完治するまでに数週間から数ヶ月かかりますので、医療機関にかかった方が良いでしょう。猫ひっかき病は猫に寄生するノミが媒介する事が多いので、駆除剤などで愛猫にノミやダニが付かないようにすると良いでしょう。

怖い破傷風

猫に噛まれたせいで破傷風に!?と思うかもしれませんが、まれに起こる病気です。猫に噛まれた後、5〜10日経過してから筋肉のこわばりやけいれん、発熱などが起こります。最悪のケースでは全身にけいれんが起こり、呼吸が出来なくなって死亡する事もあります。ワクチン接種などで治療する事は可能ですが、あらかじめ予防接種を受けておくと、有効な予防手段となります。

死亡率の高い狂犬病

狂犬病は死亡率がほぼ100%の怖い病気です。犬にはワクチンの接種義務がありますが、猫にはありません。ですが、日本では狂犬病は駆逐されているので、猫に噛まれた事での発症は、まずないと言って良いでしょう。

ただ、野生のキツネやアライグマなどからの感染の可能性は、ゼロとは言えない病気です。海外では愛猫が狂犬病に感染する危険性がありますので、愛猫と一緒に海外に行く場合、狂犬病ワクチンの接種は必須となります。

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

猫の60%が保有しているカプノサイトファーガ・カニモルサスという細菌による病気です。猫に噛まれてから2〜14日後に発熱や腹痛、倦怠感や吐き気などが起こります。重症になると敗血症や髄膜炎になり、死亡するケースも。日本では2002年〜2009年の間に14例の重症化した報告が上がっており、そのうちの6名が死亡した、という事です。

猫に噛まれた時の対処法とは?

傷だらけの手

猫に噛まれた時はまず、石鹸と流水で良く洗います。唾液を落とす事が大切です。たとえ小さな傷でも、必ず行いましょう。洗い終わったら清潔なガーゼを当てるか絆創膏を貼っても良いでしょう。そして受診するようにします。猫に噛まれた傷は小さな事が多いので気にしない事もあるかもしれませんが、必ず受診するようにしてくださいね。

まとめ

甘噛みする猫

もし愛猫に噛まれたらショックを受けますが、それにも増して怖いのが感染症です。噛まれた事で傷が出来てしまったら、早急に対処してくださいね。そして、愛猫が本気で噛む程に嫌がる事をしないようにする事も重要です。お互いの幸せの為に、愛猫の様子を見ながら、接するようにしたいものです。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード