ノルウェージャンフォレストキャットの毛色!種類が豊富な人気の猫

ノルウェージャンフォレストキャットの毛色!種類が豊富な人気の猫

ノルウェージャンフォレストキャットの、被毛の色の種類はとても豊富です。メジャーな色から希少な色まで、ノルウェージャンフォレストキャットの色とその特徴や魅力について書いていきます。

2559view

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛の色の種類は?

木の上のノルウェージャンフォレストキャット

猫の中でも大きく成長する、ノルウェージャンフォレストキャットの被毛の色の種類は、多岐にわたります。大きく分類してみると、「黒系」「白系」「茶色系」「青系」「赤系」の5種類に分かれます。もっと細かく見ていくとそれ以外にも様々な毛色のノルウェージャンフォレストキャットがいます。そしてその被毛の模様も実に様々なのです。

その中でも特に多い被毛の色といえば「タビー&ホワイト」と言われています。

タビーとはどういう意味?

猫の模様を表す言葉としてよく使われる「タビー」とは、縞模様やぶち柄といった意味の単語です。ですので、タビー&ホワイトという色は白と別の色の縞模様、ぶち柄の毛色ということになります。

ノルウェージャンフォレストキャットに一番多い色はホワイト

キャットタワーでくつろぐノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛の色では、遺伝的にもホワイトの毛色が現れやすいようです。ホワイト一色の単色のノルウェージャンフォレストキャット(ホワイトソリッドといいます。)もいますし、ホワイトにほかの色が組み合わさって様々な模様を描く毛色のノルウェージャンフォレストキャットもいるのです。

ノルウェージャンフォレストキャットで珍しい色とは?

色鉛筆

赤系統の遺伝子が混じるクリーム系の色

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛の色でも珍しいといわれるのが、赤系統の遺伝子が混じるクリーム色です。その色の濃さは赤い色を薄める遺伝子との作用によってさまざまに分かれます。多くの場合、ホワイトと組み合わさってクリーム&ホワイトの色で生まれてくるようです。また、ここに縞模様やぶち柄を意味する「タビー」を伴えば「クリームタビー&ホワイト」と呼ぶことになります。

珍しく、希少なパステル三毛

赤、黒、白系統の色に、時に縞模様が入った色合いのノルウェージャンフォレストキャットもいます。このタイプは色を薄める作用を持つ遺伝子が働くことでクリームやブルーに変化し、全体の色も淡くなります。これをパステル三毛と呼ぶそうです。なお、正式な名称は「ダイリュートキャリコ」であり、ノルウェージャンフォレストキャットの中でもとりわけ珍しい色といえます。

黒色の遺伝子を持つノルウェージャンフォレストキャットにはゴーストタビーが?

黒いノルウェージャンフォレストキャット

黒系統の色の遺伝子を持って生まれてくるノルウェージャンフォレストキャットは、黒からブルー、シルバーなどと色を薄める遺伝子の働き具合によってその色合いが分かれます。

黒一色の単色のノルウェージャンフォレストキャットはブラックソリッドといいます。そして、ブルー系統の色の被毛には成長に伴って消えていく縞模様「ゴーストタビー」が見られることがあります。

ノルウェージャンフォレストキャットは色も模様も様々

たくさんのノルウェージャンフォレストキャット

色やその模様の種類も豊富なうえ、その色の入り方にも特徴があります。よく見られるのが顔の模様が八割れです。ノルウェージャンフォレストキャットのイメージとして最も広く知られている顔の模様でもあります。

なお、この八割れ模様の一つに泥棒八割れと言われるものもあります。鼻と口を囲んでいる被毛の色合いが、まるで泥棒が手ぬぐいを鼻掛けにしているように見えることからこう呼ばれるようになったそうです。八割れの模様が顔に入っていると華やかな美人のような印象に見えることも多いようです。

このほか、鼻の下まで色が入っていれば面かぶりと呼ばれます。このタイプの猫の多くは独特の愛嬌のある顔つきをしています。また、鼻だけが色をかぶっている鼻かぶりという色の入り方をしている猫もいます。鼻かぶりの猫はより一層愛嬌があふれていることが特徴になっています。

まとめ

おすわりをしているノルウェージャンフォレストキャット

色の種類もその模様も、そして色の入り方も実に様々なバリエーションのあるノルウェージャンフォレストキャット。その色の入り方によって顔の表情も印象も違ってくるのです。華やかな美人も、愛嬌あふれる顔つきの子も、実に様々なのです。その被毛の色と模様の種類の数だけ、その顔つきや表情は違います。あなたはどの色の子が好きですか?

女性 にゃコロ

ノルウェージャンフォレストキャットの代表をあげると、やはりホワイトカラーだと思います。白く気高い容姿には気品もあり、猫種としてとても人気で、認知度も高いです。
ただ、カラーバリエーションの豊富さにはとても驚かされました。
テレビやペットショップで見かけるカラーは、ほとんどがホワイトなグレー系で、柄である縞模様の特徴なども、なんとなくの認識でした。
希少なカラーとされるパステル三毛は、見たことがないので、是非実物と触れあってみたいです。
また、成長して行く内に消える柄の話にも、とても興味がそそられました。
猫種の中に更に柄やカラーの特徴まあると知ったので、カラーと性格の関係性なんかも知ってみたいなと思いました。

30代 女性 tonakai

ノルウェージャンフォレストキャットの毛色は豊富なんですね。テレビで特集されることが多くなったように感じますが、紹介されるほとんどがグレーの毛色の子ですね。しかし、ホワイト系が多く産まれるとは知りませんでした。グレーのイメージが強いため、真っ白のノルウェージャンフォレストキャットはぱっと見てノルウェージャンフォレストキャットだと思わないかもしれません。メインクーンにも似ていますよね。これだけ色や模様が豊富だとどの系統にするのか迷ってしまいますね。ブリーダーのサイトを見ると、多くの子猫がハチワレですね。顔の模様の入り方がアシンメトリーや足先だけホワイトなど、見れば見るほどみんなが違う模様でおもしろいです。

40代 女性 ねこにこ

ノルウェージャンの毛色の豊富さに驚きましたが、それ以上に毛色の呼び名のユーモアさに、目が止まってしまいました。
泥棒ハチワレに、面かぶりと鼻かぶり。
ノルウェージャンの印象と、ちょっと対照的なネーミングで、日本人の表現力に、改めて感心です。

色々な毛色や模様の中で、ゴーストタビーも目を惹きました。
成長と共に模様が変わる事はあっても、消えてしまう事はあまりないのかなと。
模様については先日テレビで、成長に伴ってハート形の模様が完成した猫ちゃんを観ました。
座り方によって見えるハート模様でしたが、とっても可愛らしいかったです。

飼い主さんの発見力も、冴えてますよね!

ノルウェージャンは美人さんが多いので、愛嬌ある子を是非見てみたいです。

女性 ゆき

去年から好きなユーチューバーさんが、”ノルウェージャンフォレストキャット”を飼い始めたことがきっかけで、ノルウェージャンフォレストキャットという猫種を知りました。

とってもふわふわで豪華な被毛に魅力を感じたことを覚えています。そのユーチューバーさんの猫ちゃんは白でしたが、すごくきれいで品がありました。

どちらかというと、白猫、黒猫などの単色の猫ちゃんはどうも顔がキツく見えてしまい、少し苦手なのですが、ノルウェージャンフォレストキャットに関しては飼いたいなという気持ちになったほど惹かれました。チャームポイントのふさふさな耳毛も、愛嬌がありますよね^^

パステル三毛のノルウェージャンフォレストキャットもいるということで、気になり調べてみましたが、とても可愛らしく、私が買うなら白よりこっち!と思いました。白いノルウェージャンフォレストキャットは、私が飼うにしてはちょっともったいない程ゴージャスな感じがします^^;
人気のキーワード