メインクーンの特徴と飼育時の気をつけること

メインクーンの特徴と飼育時の気をつけること

メインクーンはしっぽがふさふさでとにかく大きい猫ちゃん。世界中の猫で一番大きい猫と言われています。そんなメインクーン、いったいどのくらい大きくなるの?性格は?飼う時に気をつけることは?などメインクーンについてご紹介します。

2187view

メインクーンの特徴とは

メインクーン1

メインクーンは大きくて山猫のような見た目と穏やかな性格から「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」の愛称をもち、家猫としても人気です。その大きさは実際にギネスブックで「世界一しっぽが長い猫」や「世界一体の長い猫」として記録されています。

からだの特徴

メインクーンの体型はロング・アンド・サブスタンシャルと呼ばれるタイプで、背が長く、胸元の広いボディをもちます。骨格もしっかりしていて、筋肉質、全体的に均等のとれた体つきです。

人間の4歳の子どもと同じ身長

メインクーンは子猫の時には小さくて他の猫種と変わらず弱々しい感じですが、成長するにつれどんどん大きくなります。メインクーンは1歳を過ぎてもまだまだ育ちざかり!成猫はいったいどのくらい大きくなるのでしょう?
メインクーンの平均的な大きさは以下の通りです。

  • 体   調 100センチ   ※人間の4歳児の平均身長が100センチほど
  • オスの体重 6~8キロ    ※日本猫などの平均的な猫の体重が4.3キロから5.5キロ
  • メスの体重 4~6キロ    

メインクーンがギネスに載るのもうなずけますね。
メインクーンの成長はゆるやかで、成猫としての体が出来上がるのは4歳から5歳ほどです。

ふさふさの毛が特徴!メインクーンの毛の秘密 

メインクーン2

メインクーンの魅力のひとつは、そのゴージャスな被毛です。これは品種改良ではなく寒冷地の厳しい環境下で生き抜くために進化したものです。メインクーンの被毛は保温のための下毛と体を守るための長めの上毛のダブルコートになっていて、被毛には耐水性があります。首の周りから胸元、お腹にむかってライオンのたてがみのような長い毛があるのが特徴です。メインクーンのしっぽは長くとてもボリュームがあります。寝ているときなどは、しっぽだけでも一匹分に見えてしまうくらいなんです。

人間のようなジェントルカーブ

メインクーンの耳は高い位置にあり、大きく先に向かってシャープに伸び、リンクスィップと呼ばれる房毛があります。メインクーンの顔を横から見ると、鼻筋にはジェントルカーブと呼ばれる緩やかなカーブがあります。口元から顎はしっかりとした四角形なのも特徴です。

毛色と目の色

メインクーンの被毛は色がさまざまで、ブラウンやシルバー、レッド、などあらゆる色が存在しておりタビ―(縞)模様があります。種類が豊富で三毛などもいます。
メインクーンの目は卵型で色はブルー、グリーン、ゴールド、グリーン・ゴールドなどあらゆる色があります。

メインクーンの性格の特徴

メインクーン3

メインクーンは学習能力が高くとても賢くしつけがしやすいといわれる猫種のひとつです。手先も器用で、棚の戸を開ける・蛇口をひねるくらいのことは覚えてしまうようです。メインクーンは人の言葉もよく理解できます。

性格

メインクーンは穏やかで優しく、人にもすぐなつきます。人が好きで飼い主の後についてきては、そばで見ていることも。ベタベタすることはありませんが、人と遊ぶのも大好きです。メインクーンのオスは甘えん坊で、メスはしっかりタイプの子が多く、大きな体に似合わず高くかわいい声で鳴きます。メインクーンはその大きな体で子猫のようなしぐさをすることも多いようです。

人間とメインクーンの歴史

メインクーン4

とにかく大きくてふっさふさのメインクーン。北アメリカでもっとも古い猫種ですが、その起源にはいくつかの説があり、実際には定かではありません。その中でも有力だろうと思われる説からすると、北欧の猫と土着の猫との交配種だろうと言われています。

メイン州のアライグマ?メインクーンの名前の由来

アメリカが原産国のメインクーン。名前はアメリカのメイン州とアライグマのラクーンをかけ合わせた言葉からきています。メインクーンはアメリカ・メイン州の猫としてメイン州のシンボルになっています。

キャットショーで人気の常連組

アメリカで最古の種類のメインクーン。1600年代からネズミを捕獲するためのワーキングキャットとして飼われていました。その当時からキャットショーに出場していた人気の常連組で、1895年には最高賞を受賞しています。メインクーンの長い歴史の中には家猫としての人気の浮き沈みはあったものの、現在も世界中で人気のある猫種です。

メインクーンとの生活

メインクーン5

その大きな体で私たちを癒してくれるメインクーン。実際に温厚で飼いやすい性格ですが、家族に迎え入れるときには、一緒に暮らすための条件をしっかりチェックする必要があります。

運動スペース

お茶目で遊ぶのも大好きなメインクーンは、運動量が足りないとストレスがたまってしまいます。遊ぶときは他の猫と同じく走ったりジャンプをしたり、高いところも好きなので、それなりのスペースは必要です。また、メインクーンはその体の大きさから低めのテーブルなどは簡単に手が届く子もいますので家具の配置等には注意が必要です。

食べる子は育つ

メインクーンは体が大きいため食べる量も多くなります。当然、平均的な猫に比べて食費は高くなります。

被毛のお手入れ

メインクーンの毛は柔らかく長くもつれやすいのが特徴です。そのためブラッシングなどのお手入れをしてあげる必要があります。

まとめ

メインクーン6

温厚で人なつこくて、ふっさふさの長いしっぽが魅力的なメインクーン。子猫のときの姿からは想像もできないほど大きくなりますが、成猫になってもどこかお茶目でとっても愛らしい猫です。その穏やかな性格から多頭飼いや他のペットとも仲良くできます。

メインクーンのふさふさで大きな体に包まれてみたいですね。

40代 女性 かえで

 メインクーンは、昔、実家で長男猫として飼っていました!
穏やかで優しくて来客が大好きで頭がとてもよかったです。
子猫の時はメインクーンだとはわかりませんでしたが、成長するにしたがって、からだが大きく立派になってきました。
手先が器用だったので、スーパーボールを投げたらキャッチする遊びをしたり、マタタビの木を手で器用に掴んで遊んでいたりしました。
長男猫でしたので、下の猫ちゃんを拾って飼い始めた時も神経質にならずに世話もよくしてくれましたし、私達によくなついてくれましたし、お客さんが好きで来客があると、玄関に迎えにでていました!
私たち家族にとって、初めての猫ちゃんだったので賢くて飼いやすかったです!

女性 ケロキ

メインクーンの最大の特徴と言えば、大きな体ですよね。
猫カフェで初めてメインクーンを見たときは、ちょっと怖いと思ってしまいました。ですが、穏やかな巨人と呼ばれるだけあり、他の猫に比べてあまり動くこともなく、新入りの子猫のお世話をする優しい子でした。
猫の性格は顔の形でもわかるようで、メインクーンのような四角い顔だと落ち着いているそうです。とは言っても、顔の形には個体差がありますよね。キャットショーに出るような子は顎やヒゲの部分が四角くなっていることが多いですが、そうではない子は丸顔に近いようです。
運動するスペースの確保も重要ですが、体が大きいのでキャットタワーは丈夫な物を用意した方が良いですよね。我が家の猫は一般的は多さですが、勢いよくキャットタワーに登るので柱が折れたことがあります。安さだけではなく、品質も確かめた方が良いと思います。

20代 女性 匿名

メインクーンは世界一大きいと言われる猫でギネスにも載るなど動物番組のテレビでも紹介されたりしていますよね。
女優の北川景子さんもメインクーンのジルくんと言う猫を飼われていたりと、みなさん一度はメインクーンを目にした事がある方は多いんじゃないでしょうか。
大きいのは分かっていましたが、人間の4歳児ほどの身長と同じ大きさなんですね〜わんちゃんは超大型犬など大人よりも大きい犬種がたくさんいますので、猫ちゃんの中では、大きい事が分かりますね。
一般的には膝の上で丸くなれるサイズの猫ちゃんが多いのでメインクーンは膝から溢れちゃいます〜。
メインクーンの毛は長くふわふわして気持ちいいですよね。長毛でダブルコートですので出来れば毎日のブラッシングと定期的なシャンプーをしてあげたいところです。
特に、去勢・避妊前のメインクーンは油毛が多いので定期的にシャンプーをする事でふわふわの毛が保たれます。
飼い始めた仔猫のときから少しづつ水に慣らしてあげると良いですよ。
毛色や目の色が種類豊富で穏やかな性格でメインクーンは初心者の方にも飼いやすいと言われています。
身体が大きいので運動スペースは広めにとってあげたいですね。メインクーンはとても賢くドアを開けたり蛇口をひねったり戸棚をあける・・なんて事も出来てしまうそうです!!
お家の中でいたずらしてしまいそうな場所や窓などは充分注意が必要ですね!
キッチン周りやガスコンロなどは元栓をしっかり締め、コンロカバーをつけたりする家庭も見かけた事があります。
(キッチン周りに行かないように工夫されているお家もあるようです。)

ちなみに2016年のメインクーンの名前ランキングでは、男の子がレオくん女の子がすずちゃんがランキングで1位でした♪
人気のキーワード