猫の味覚の秘密!実はグルメじゃないって本当?

猫の味覚の秘密!実はグルメじゃないって本当?

愛猫と生活する中で「猫に味覚ってあるの?」なんて疑問を持つ方もいると思います。実際に、猫の缶詰を替えたら思ったより食べてくれなかった、とか、興味がないと見向きもしない…など「味覚」に関するエピソードがある方もいらっしゃるかと思います。さて、猫は“グルメ”と言われていますが、実のところはどうなんでしょう?猫の味覚の不思議をみてみましょう。

626view

猫の味覚の秘密その1:順番は酸味、苦み

舌を出す猫

動物の五感の一つである味覚。人間は甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つの味覚を感じるとされていますが、猫は3種類の味しか味わうことができないと言われています。猫の感じる味覚は酸味と苦み・塩味で、甘味やうま味は感じていません。特に酸味は食べても中毒を起こさないかを判断する大切な役割を果たすために、猫はこの酸味を最も感じているそうです。

進化した苦みセンサー

猫が大好きな肉には、リン酸やカルボン酸といった酸が含まれていますが、この酸を感じることで中毒を起こさないように猫の味覚は発達したと言われています。

また、肉は腐敗すると苦みがでますので、野生の肉食動物は苦みを感じるセンサーも高度ですが、猫には12種類もの苦みを感じる遺伝子があり、他の動物に比べずばぬけて苦みを感じるようにできています。そのため新鮮なもの、そうでないものはしっかり分かります。猫に好きな缶詰・嫌いな缶詰があるのは、この苦みセンサーが反応しているのかもしれません。

猫の味覚の秘密その2:甘党の猫は存在しない?

餌を食べる猫

猫は甘いものを舐めたがったり、欲しがったりすることがよくあります。うちの猫は甘党だという話もよく聞きますが、実は猫には甘味を感じる味覚が存在しません。猫の主食である肉に甘味が含まれないため、甘味を感じる機能が進化せず、甘味を受容する遺伝子が欠損しているほどです。それなのになぜ甘いのを欲しがるのでしょう?

甘党猫は味覚より嗅覚!

人間の場合、舌の先に甘味を感じる場所がありますが、猫の舌には甘味を感じる場所はありませんので、猫は甘味を認識できないとされています。それなのに、なぜ甘いものを見分けて、おねだりしているようにみえるかというと、猫がかぎつけているのは嗅覚で、匂いをもとにおねだりに来ていると思われます。実際、犬の嗅覚の影にかくれてあまり語られませんが、猫の嗅覚もなかなかのものなのです。

猫の味覚の秘密その3:ザラザラな舌は機能性重視

舌の長い猫

猫の味覚は、感じるものにばらつきがあり、苦みのように他に類を見ないほど高感度なものと、甘味のように全く感じないものと、とても極端です。ザラザラとしている舌の形状もそうですが、猫の舌は機能性を重視して進化したと思われます。

塩味には鈍感

猫の舌のザラザラしているものは、ブラッシングの機能であったり、水をすくい上げて飲むものであったり、骨から肉をそぐためのものであったりととても機能的ですが、あのザラザラな部分は味を感じることができません。猫の味覚の大半は酸味と苦みが占めているので、塩味を感じる部分はとても鈍感です。

猫の味覚の秘密その4:でもやっぱり猫は食にうるさい

舐める子猫

猫は食に関して味覚だけでなく色々な要素で判断しています。匂いもそうですし、温度や湿度などです。鮮度も見抜きます。猫がプイと顔を背けるときは、これらの何かの要因があるのでしょう。

猫舌は温度にうるさい

猫は本来、ごはんの温度が30度以下の冷たいものや、逆に35度以上の温かいものは好みません。人間は加熱したものも食べるし、人肌くらいなどと温度に対していい加減ですが、猫は温度にも正確です。猫は30~34度の食べ物を好みます。

まとめ

グルメな猫

猫の味覚は鈍感だとか言われることがありますが、それは人間から見ての味覚に対する評価であって、実は猫の味覚に備わったセンサーはかなり高度なものといえます。ただ人間のように甘味を感じなかったり、塩味に鈍感だったり、人間が美味しいと感じる部分が欠けているのでそういわれるのかもしれません。

スポンサーリンク

人気のキーワード