猫の味覚の秘密!実はグルメじゃないって本当?

猫の缶詰を替えたら思ったより食べてくれなかった、とか、興味がないと見向きもしない…など猫は“グルメ”と言われていますが、実のところはどうなんでしょう?猫の味覚の不思議をみてみましょう。

545view

順番は酸味、苦み

舌を出す猫

動物の五感の一つである味覚。人間は甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つの味覚を感じるとされていますが、猫は3種類の味しか味わうことができないと言われています。猫の感じる味覚は酸味と苦み・塩味で、甘味やうま味は感じていません。特に酸味は食べても中毒を起こさないかを判断する大切な役割を果たすために、猫はこの酸味を最も感じているそうです。

進化した苦みセンサー

猫が大好きな肉には、リン酸やカルボン酸といった酸が含まれていますが、この酸を感じることで中毒を起こさないように猫の味覚は発達したと言われています。

また、肉は腐敗すると苦みがでますので、野生の肉食動物は苦みを感じるセンサーも高度ですが、猫には12種類もの苦みを感じる遺伝子があり、他の動物に比べずばぬけて苦みを感じるようにできています。そのため新鮮なもの、そうでないものはしっかり分かります。猫に好きな缶詰・嫌いな缶詰があるのは、この苦みセンサーが反応しているのかもしれません。

甘党の猫は存在しない?

餌を食べる猫

猫は甘いものを舐めたがったり、欲しがったりすることがよくあります。うちの猫は甘党だという話もよく聞きますが、実は猫には甘味を感じる味覚が存在しません。猫の主食である肉に甘味が含まれないため、甘味を感じる機能が進化せず、甘味を受容する遺伝子が欠損しているほどです。それなのになぜ甘いのを欲しがるのでしょう?

甘党猫は味覚より嗅覚!

人間の場合、舌の先に甘味を感じる場所がありますが、猫の舌には甘味を感じる場所はありませんので、猫は甘味を認識できないとされています。それなのに、なぜ甘いものを見分けて、おねだりしているようにみえるかというと、猫がかぎつけているのは嗅覚で、匂いをもとにおねだりに来ていると思われます。実際、犬の嗅覚の影にかくれてあまり語られませんが、猫の嗅覚もなかなかのものなのです。

ザラザラな舌は機能性重視

舌の長い猫

猫の味覚は、感じるものにばらつきがあり、苦みのように他に類を見ないほど高感度なものと、甘味のように全く感じないものと、とても極端です。ザラザラとしている舌の形状もそうですが、猫の舌は機能性を重視して進化したと思われます。

塩味には鈍感

猫の舌のザラザラしているものは、ブラッシングの機能であったり、水をすくい上げて飲むものであったり、骨から肉をそぐためのものであったりととても機能的ですが、あのザラザラな部分は味を感じることができません。猫の味覚の大半は酸味と苦みが占めているので、塩味を感じる部分はとても鈍感です。

でもやっぱり猫は食にうるさい

舐める子猫

猫は食に関して味覚だけでなく色々な要素で判断しています。匂いもそうですし、温度や湿度などです。鮮度も見抜きます。猫がプイと顔を背けるときは、これらの何かの要因があるのでしょう。

猫舌は温度にうるさい

猫は本来、ごはんの温度が30度以下の冷たいものや、逆に35度以上の温かいものは好みません。人間は加熱したものも食べるし、人肌くらいなどと温度に対していい加減ですが、猫は温度にも正確です。猫は30~34度の食べ物を好みます。

まとめ

グルメな猫

猫の味覚は鈍感だとか言われることがありますが、それは人間から見ての味覚に対する評価であって、実は猫の味覚に備わったセンサーはかなり高度なものといえます。ただ人間のように甘味を感じなかったり、塩味に鈍感だったり、人間が美味しいと感じる部分が欠けているのでそういわれるのかもしれません。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター