猫の冬毛の特徴と役割。アンダーコートが増えてもふもふに!

猫の冬毛の特徴と役割。アンダーコートが増えてもふもふに!

猫の冬毛ってもこもこしていて、思わず顔をうずめたくなりますよね。どうして冬毛はあんなにもこもこしているのでしょうか。猫の種類によって違いはあるのでしょうか。猫の冬毛に関するそのようなひみつをまとめてみました。

711view

猫の冬毛の特徴

雪と猫

夏毛が固く密度が低いのに対し、猫の冬毛は柔らかく密度は高いです。冬になると寒さから身を守り保温性を高めるために、アンダーコートの量が増えます。アンダーコートが増えることで猫の毛は全体的にもこもこになり、夏とはまるで違う冬毛をまとった姿になります。

猫の冬毛は背中よりもお腹のほうが2倍ほど密度が高いです。猫にとっては迷惑な話かもしれませんが、寒い冬には思わず背中よりもお腹をわしゃわしゃしたくなりますよね。

冬毛の前にそもそも猫の毛って…

ネコの冬毛

どんな役割がある?

猫の毛は外からの衝撃を和らげるためにクッション性があり、防水性に優れています。また、夏は断熱、冬には保温の効果があります。

どんな構造?

猫の毛は『毛のう』という1つの毛穴からたくさんの毛が生えています。その分、毛が抜けるときは人の数十倍にもなります。猫の毛はオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2つに大きく分けられます。

オーバーコートは毛の中で1番長く、太くて固く直毛です。猫の毛並みをみたときに、まず表面に見える毛がこのオーバーコートといわれる毛です。防水の役割を果たしており、紫外線のカットにも役だっています。

アンダーコートは猫の毛をかき分けた時に見える、ふわふわした柔らかく細い毛をいいます。アンダーコートが多い品種の猫ほど抜け毛も多くなります。

毛の種類による猫の例

眠る猫

短毛種

アンダーコートと短いオーバーコートの組み合わせであるダブルコートの猫の例としては、アメリカンショートヘアやロシアンブルーなどがあげられます。短いオーバーのみ、またはアンダーコートのみのシングルコートの猫はシャム猫やレックスがいます。

長毛種

アンダーコート、オーバーコート共に長く量も多いのが長毛種でダブルコートの猫の特徴です。チンチラやメインクーンなどこれにあたります。アンダーコートがなく、オーバーコートのみのシングルコートの猫にはソマリやターキッシュなどがいます。

まとめ

毛の長いネコ

猫の冬毛が短期間でもこもこになる理由は毛の生え方と毛の種類にありました。猫が冬毛になった後に待っているのは夏毛に向けて出てくるたくさんの抜け毛。長毛種だと抜け毛の量が多いイメージがありますが、長毛種でもシングルコートの場合は毛玉になりにくいという利点もあります。

猫を飼うときは短毛か長毛かの他にもオーバーコートやアンダーコートについて事前に調べてみるのもいいかもしれませんね。

ただどの猫にも共通していえるのは、冬毛につつまれたふわふわもこもこの猫は最強の癒やしということです。

スポンサーリンク

人気のキーワード