猫のベッドを選ぶ基準や手作りベッドの作り方

猫のベッドを選ぶ基準や手作りベッドの作り方

猫のベッド、どういったものを使っていますか?猫ちゃんが快適に過ごせる素材を使用したベッド、飼い主も見ていて楽しいベッドなど、たくさんの猫ベッドがありますよね。今回はかわいい猫ちゃんのためのベッドの選び方や作り方などを紹介します。

1707view

猫ベッドの種類

猫とベッド

おうちで飼っている猫ちゃん、どんなベッドを使っていますか?冬はふわふわドーム型、夏はひんやりシートを使い分け?猫だけでなく、飼い主も見ていて楽しくなるベッドだったり、ベッドを用意しても使ってもらえず、猫ちゃんと「ラブラブ」を楽しんでいる人もいるかもしれませんね。

今回は猫ベッドの選び方や手作りの方法について紹介します。

猫ベッドを選ぶ基準

間違った猫ベッドの使い方

猫の体にぴったりフィットしたもの

我が家の愛猫は用意したベッドを使うことはほとんどなく、夏は涼しい廊下、冬は人間のベッドに潜り込んで暖をとっています。

「猫ベッドできちんと眠ってほしい!」と考える場合は、猫の体にフィットするベッドを用意しましょう。「窮屈に感じないかな?」と思うかもしれませんが、猫は広々とした空間よりも狭いところの方が安心して眠ることができるのだそうです。

あまりにも小さなベッドは使ってもらえないかもしれませんが、体にフィットするベッドを用意してみると、喜んで使ってくれるかもしれませんよ。

ふわふわ素材のベッド

ふわふわした素材のベッドは母猫を連想するだそうです。よく毛布などの柔らかい(たまに人間のぷよぷよのお腹に…)ものなどに「ふみふみ」をしている子がいますよね。

あの行動は母親のおっぱいの出を良くするためという説があります。ふわふわした素材のベッドを用意すると、ママを思い出して使ってくれるかもしれません。ただし夏は暑いので、気温に合わせてベッドを調節するのを忘れずに。

ベッドを置く場所を変えてみる

なかなかベッドを使ってくれない猫ちゃんには、ベッドを置く場所を変えてみるのも方法のひとつです。床にベッドを直置きしていると、床からの冷気が寒く感じているかもしれません。ペット用のホットカーペットをベッド下に敷いたり、タオルを一枚敷くだけで冷気を防ぐことができます。

他にも、トイレに近い、人の行き来をする場所で落ち着かないなど、猫ちゃんなりの「このベッドは使いにくいニャ〜」の理由があるのかもしれません。ベッドを置く場所も工夫してみましょう。

猫ベッドの作り方

段ボール

段ボールで簡単!手作りベッドの作り方

段ボールは保温性が高く、体温調節が苦手な猫が大好きなアイテム(おもちゃかも?)ですよね。よく「猫ベッドを買ったのに、猫ベッドが入っていた段ボールの方が喜んでる」といったSNSを見かけます。

「段ボールを部屋に置くのは景観が…」と言う人には、DIYショップで無地の段ボールを購入する、段ボール周りをかわいい包装紙でくるむなどの工夫をしてみては?

ポイントは上記でも紹介しましたが、猫ちゃんの体にフィットする大きさの段ボールを選ぶこと。また猫ちゃんのために毛布や湯たんぽなどを用意することも忘れないで下さいね。

海外で話題!Tシャツと針金ハンガーで「猫テント」

材料

  • 針金ハンガー2本
  • いらないTシャツ(長袖、半袖どちらでも可能)
  • 段ボール35〜40センチ四方1枚
  • ガムテープ
  • 安全ピン 10本ほど

道具

  • はさみ
  • ニッパー、ペンチ(針金をカット、折り曲げ用)
  • 千枚通し、ピン(段ボールに穴を開けられるものなら何でも)

作り方

  1. 段ボールは猫ちゃんの大きさに合わせて正方形にカットします
  2. ハンガーはフック部分をカットし、「U」字に曲げます
  3. 段ボールの四隅に穴を開けて、そこにハンガーを十字になるように通します。段ボールの裏側から出たハンガーの端は、ケガをしないように内側に折り曲げてガムテープで留めましょう。針金がクロスした部分も、固定するためガムテープで留めておきます。
  4. できあがった骨組みにTシャツをかぶせます。Tシャツの首部分が猫ちゃんの出入り口になるよう、高さや場所を調節してみて下さい。
  5. 裾などの余った部分は裏側に持って行って、安全ピンでピンと張るように留めます。

Tシャツの色や柄を換えると、個性いっぱいの猫テントが完成!簡単で猫も喜ぶベッドですので、ぜひ作ってみて下さい。

まとめ

猫ベッドで寝る猫

猫ベッドの選び方や手作りの方法を紹介しました。猫は一日に15時間も眠ると言われるほど、一日中眠っています。大切な睡眠時間を快適に過ごせるよう、猫ちゃんに合わせたベッドを用意してあげて下さいね。

人気のキーワード