シャム猫の特徴と飼う時の注意点

シャム猫の特徴と飼う時の注意点

綺麗なブルーアイズとチョコレートのような毛色がかわいいシャム猫。ペットショップなどでもすぐに飼い手がつく人気の猫種です。そんな可愛いシャム猫ちゃん、どういった性格で、かかりやすい病気は?寿命はどれくらい?と疑問に感じる人も多いでしょう。シャム猫ちゃんのことに関して紹介します。これを読めばあなたも「シャム猫博士」!?

1746view

シャム猫の特徴

ねそべるシャム猫

しなやかで細身の女性を連想させるような雰囲気を持つシャム猫。サファイヤブルーの瞳も、シャム猫ファンをとりこにする特徴のひとつですね。

またシャム猫の特徴的な毛の色は「ポイントカラー」と言い、手足や耳、鼻の辺りの毛が他の部分よりも濃いのが特徴です。シャム猫の性格や種類、飼う場合の注意点などを紹介します。

シャム猫の平均体重

  • オス:3〜4kg
  • メス:2.2〜3.6kg

これは他の猫種に比べると、とても軽い種類と言えます。スリムな体型がシャム猫の魅力でもありますので、可愛いからといってエサの与えすぎには充分に注意して下さい。

シャム猫の毛色

見上げるシャム猫

  • ポイントカラー:顔、しっぽ、手足がの色が違う
  • シールポイント
  • チョコレートポイント
  • ライラックポイント
  • ブルーポイント
シャム猫の特徴的な毛は「ポイントカラー」と呼ばれ、顔、しっぽ、手足にチョコレートのような色合いの毛が密集して生えています。

ポイントカラーの濃度は遺伝によって決まるのですが、色によって「シールポイント」「チョコレートポイント」「ライラックポイント」「ブルーポイント」と色分けがされています。毛並みが良いのはもちろんのこと、色が鮮明なシャム猫ほど価値があるのだそうです。

ちなみに産まれたばかりのシャム猫の子猫は、「えっ、白猫!?」と言いたくなるほど、真っ白な子ばかりです。これは子猫の体温が高く、色素の形成が抑えられることから真っ白の子猫ばかりなのだそうです。

成長につれてポイントカラーが現れてくるので、どんな色の子になるのか、成長が楽しみになる猫ちゃんですね。

シャム猫を飼う上での注意点

上を見るシャム猫

シャム猫との遊び方

好奇心旺盛で、ひとり遊びよりも人間と遊ぶ方が好きなシャム猫ちゃん。運動量が他の猫に比べても多いという特徴がありますので、おもちゃを使って一緒に遊んであげましょう。

運動不足にならないよう、キャットタワーを設置しておくと、喜んで遊んでくれるかもしれませんよ。退屈すると、わざとイタズラをして飼い主を困らせてしまう面もあります。怒らずに可愛がってあげて下さいね。

ブラッシングとスキンシップは毎日

シャム猫は短毛種ですので、長毛種に比べると、そこまでブラッシングに神経質にならなくても大丈夫。できれば1日に1回、優しくブラッシングをしてあげるだけで充分です。そのとき、身体に触って「どこか痛がっていないかな」「異常はないかな」と、スキンシップをしながら健康チェックをしてあげて下さい。

猫は身体に異常を感じても、顔に出さずに隠してしまう生き物です。もしも病気にかかっていたとしても、早期に発見できれば治療で完治することもあります。「ママ(パパ)」である飼い主ができることをしてあげましょう。

向いている飼い主

気むずかしく、イタズラ好きな一面もあるシャム猫ちゃん。飼い主の性格は「根気強くしつけができる」ということが望まれます。猫は犬と違って、しつけが難しい動物です。

「ここで爪を研いだらダメ」「テーブルに乗ったらいけない」といったしつけは、時間をかけて何度も言い続ける必要があります。

言われたことをきちんと守れたら、ご褒美におもちゃで遊んであげたり、愛情を持ってなでてあげると大喜びしてくれますよ。イライラせずに、ゆっくりと根気強くしつけをしてあげて下さいね。

思わぬケガに要注意!

シャム猫は活発でイタズラ好きな性格の子が多いので、手足を挟んでしまったり、高い所から落ちてしまったりと、思わぬケガをしてしまうことが多いそうです。

ケガや病気は、飼い主の注意で防げることもあります。ケガをさせてかわいそうな思いをさせてしまう前に、きちんと対策を取って事故を防ぐようにして下さい。

ビニール袋やヒモのついたオモチャは窒息や首が絞まってしまう危険性がありますので、飼い主が外出するときなどは手が届かない所に隠しておくこと。

高い所が好きな子は、落ちてもケガをしないよう、クッションを置いたりケガをしそうなものを近くに置かないなど、工夫をしておきましょう。

シャム猫の性格

横になるシャム猫

シャム猫の身体はしなやかで、その動きも優美そのもの。実際に、1300年代のタイ王国ではシャム猫は王族や貴族など、位の高い人たちしか飼うことを許されなかったのだそうです。シャム猫自身にも、どことなく貴族を連想させるような雰囲気を持つ猫ですが、その性格はどういったものなのでしょう。

シャム猫の性格は少し警戒心が強く、気むずかしいタイプが多いのだそうです。しかし甘えん坊な一面も持ち合わせ、「この人は安全!」と判断したらとことん甘えてくるという、かわいい性格でもあります。

シャム猫に限らず、猫は静かな環境を好むので、小さな子どもや大きな音がする場所ではストレスを感じてしまうこともあります。

「オールドスタイル」と呼ばれる、丸顔のシャム猫ちゃんは以前、日本で大人気になったそうですが、性格がきつくてあまり人になつかず、鳴き声も大きいことから、徐々に人気も下火になってしまったのだそうです。現在見かけるシャム猫ちゃんの多くは、品種改良されてV字型のシャープな顔立ちを持つ猫がほとんどです。

シャム猫の値段

座るシャム猫

シャム猫は大人気の猫種ですので、子猫の平均相場は10〜20万円前後。

親猫が血統書付きのシャム猫だったり、キャットショーなどで活躍するような猫ちゃんですと、30万円以上もの値がつくこともあります。

ブリーダーや里親制度を利用すると、ペットショップよりも安価で購入できる場合があります。

シャム猫の寿命

目を細めるシャム猫

シャム猫の寿命は平均して10〜13年と言われます。他の猫の平均寿命が15歳前後だというので、比べると若干寿命が短い猫種とも言えます。

最近は動物の寿命も長くなっている傾向にありますので、日頃の健康管理と定期的な予防接種、健康診断を忘れず行うようにして下さい。

シャム猫がかかりやすい病気

歩くシャム猫

シャム猫は他の猫に比べると、病気にかかりやすい猫種なのだそうです。どんなに健康管理に気を遣っていても、親からの遺伝によってかかる病気もあります。シャムの子猫を譲り受ける際には、親猫の病歴なども聞いておくと良いですね。

先天性難聴

特に青い目や白い毛を持つ猫ちゃんには、先天性難聴である可能性が高いのだそうです。大きな音・声を立てても反応しない場合は、獣医に診てもらうようにして下さい。かわいそうと思いますが、猫は耳以外でも視覚や嗅覚が優れている動物ですので、日常生活には支障はほとんどありません。外出は危険ですので、できれば室内飼いにしてあげましょう。

進行性網膜萎縮(変成)症

シャム猫は目と腎臓の病気にかかりやすい猫ちゃんです。進行性網膜萎縮(変成)症は、遺伝性の目の疾患で、最悪の場合は失明にもつながる病気です。4〜5歳頃に発症することが多く、夜間の視力が徐々に低下して進行していきます。治療法は未だに見つかっていません。

眼球震とう

目が上下左右に小刻みに動いていたり寄り目になってしまう、眼球震とうもシャム猫がかかりやすい病気です。寄り目になることで視野が狭くなってしまい、ものを立体的に見ることが苦手になってしまいます。室内飼いであれば日常生活に支障はありませんが、気になるようでしたら獣医に相談するようにして下さい。

慢性腎不全

シャム猫に限らず、猫は加齢とともに腎臓の病気にかかりやすいと言われます。シャム猫の慢性腎不全発症率は他の猫の2倍にもなるそうですので、油断は禁物です。普段の生活を注意深く見て、食欲不振や体重の減少、多飲多尿などの変化が見られる場合は、早めに病院に連れて行ってあげましょう。

糖尿病

人間の生活習慣病として有名な糖尿病は、シャム猫にとっても警戒すべき病気です。糖尿病になってしまうと、他の臓器や血管などにも悪影響を及ぼしてしまう可能性もあり、治療法は食事療法とインシュリン注射という、人間と同じ治療を行うことになります。日頃の食生活や運動量に気を遣って、太りすぎには充分に注意するようにして下さい。

シャム猫についてのまとめ

遊ぶシャム猫

シャム猫ちゃんの性格や毛色、かかりやすい病気や注意点について紹介しました。

猫と過ごせる時間は本当にあっという間です。どうか精一杯の愛情を持って、猫ちゃんと幸せに暮らして下さいね。

女性 yuki

シャム猫は好き嫌いが激しく分かれる猫種だと思います。

私なんかはシャム猫の子猫がとても好きで、テレビで見ているだけで癒されますが、猫好きの知人でも、シャム猫だけは「見ただけで鳥肌が立つ」と言っている方を知っています。どうもあのポイントカラーが苦手なようです。

見た目はとても品があり、まさに”お金持ちが飼っていて大人しい猫”というイメージが強かったのですが、活発で遊び好きと知り驚きました。

子猫の平均相場も、30万以上はするのかと思っていたのですが、10〜20万円前後ということでこちらも予想外です。

お留守番が多いご家庭よりも、お子さんがいて一緒にはしゃげるようなご家庭のほうが向いているかもしれませんね^^

女性 ケロキ

高貴なイメージがある猫の品種と言えばシャム猫ですよね。スリムな顔がそう見せていると思っていましたが、以前は丸顔もいたんですね。丸顔のシャムを飼っていた人からすると、スリムな顔はなんか違うと感じるようです。
シャム猫の特徴と言ったらポイントカラーですよね。産まれたときから徐々にポイントカラーが出始めますが、季節によっても色の濃さが変化するのもかわいいです。冬はポイントカラーが濃くなり、夏は薄くなるそうです。季節の移り変わりと、愛猫の毛色の変化を楽しめますね。
大人しいイメージを持っている人が多いと思いますが、シャム猫はイタズラが好きなんですね。我が家は、おもちゃが入った箱の上に重いものを乗せて、猫が取れないようにしています。どんなことをするのか予想できないので、部屋を片付けてケガをしないようにすることが必要ですね。

20代 女性 ゆず

シャム猫の子猫を見せてもらったことがあるのですが、全身真っ白だったのでビックリしたことを覚えています。どうして、母親と毛色が違うの?と聞いたら子猫は体温が高いからだよ。という返答だったので頭の中はハテナマークがいっぱいでした。その後、詳しく説明を聞いたところシャム猫には”サイアミーズ遺伝子”というのがあってこれがあると、体温が高いところは毛色が白く、体温が低い「鼻」「耳」「尻尾」などは毛が黒っぽくなるそうです。なので、季節の変動によっても毛の色が少し変化するらしく面白い仕組みだなと思いました。記事にもあったように子猫の真っ白な姿から成長するに連れてポイントカラーが現れてくるのを近くで観察できるのもシャム猫を飼う醍醐味ですね。

30代 女性 ミミちゃんママ

シャム猫は名前の通り、「シャム=タイ王国」が原産国のネコちゃんですね。大昔は本当に上位階級の人しか飼えない猫でしたが、その後イギリスに持ち帰られて、世界中に広まったと言われているのは聞いたことがあります。
やはりお金持ちの裕福な環境で育った猫ちゃんですから、プライドが高く気難しそうなイメージはありますが、やはり高貴な方が好まれていただけあって、独特な毛色の容姿はとても上品でまたあの独特なブルーの瞳もとても綺麗ですね。ただ、爪が鋭いので子供がいるお家では怪我をする可能性が高く、飼うには注意が必要そうですね。
なかなか我が家の家庭環境では飼う余裕はなさそうですが、余裕があれば飼ってみたい猫の種類の一つです。

20代 女性 奏

シャムといえばディズニーアニメなどにも登場し、その姿は高貴で上品なイメージがあります。シャム猫の原産国であるタイでは、由緒ある家系でのみ飼育されていたそうです。最近では、比較的大人しく社交的な個体が増えてきましたが、頑固で神経質、わがままで警戒心が強いなどの習性が強く残っており飼育が難しいとされていたこともあります。

また、シャムは気温による体温の変化によって毛色が変わるのも魅力ですね。これはサイアミーズ遺伝子によるもので、体温が高い部分は白く、低い部分は黒っぽくなります。子猫の時は全体的に体温が高いため真っ白なのですね。一緒に暮らしてみないとどんな毛柄になるのか分からないというのも、シャムの魅力ですね!

女性 ラブにゃんこ!

サイアミーズ遺伝子!
面白いですね。ふと、パンダもそれか!?と浮かびました。

シャム猫の子猫が真っ白な事にとっても驚いてしまいましたが、聞き慣れない先天性の病気も数が多くて驚きました。
平均体重、軽いですね。
猫は、体重が少ないと、必然的にお顔の形は三角形になって、目の印象もキツく見えるそうです。でも、そこもまたシャムちゃんの魅力なのかな?
個人的には、私も丸顔なので、猫ちゃんも丸顔派です(*`艸´)

やっぱりお値段が高いので、私にとっては高根の花な猫種ですが、シャムちゃんの子猫時代は、生で見る機会が欲しいなーと、熱望!
私が使うペットショップには、シャムちゃんがいた事無いので、お目にかかれたらまさに幸運です♪
人気のキーワード