猫の睡眠時間と1日の睡眠時間

猫の睡眠時間と1日の睡眠時間

猫の睡眠時間がどのくらいなのかご存じですか?夏は日陰で風通しのいい場所、冬はずっと温かい場所、秋と春は陽だまり、猫はいつも1番気持ちいい場所で睡眠時間を確保しています。一日のほとんどを寝て過ごしているんじゃないか?と心配になるほど睡眠時間が長い動物です。夜行性とは言え、なぜ猫にはそんなに長い睡眠時間が必要なのでしょうか?

1207view

猫の睡眠時間はオトナで半日以上、子猫は20時間!

2匹の猫

猫は、よく寝るので「ネコ」と呼ばれる様になった…と言う話しを聞いた事はありませんか?猫の睡眠時間は、成猫で14時間、子猫で20時間寝ると言われています。ぶっ続けで14時間眠るわけではないにしても、猫は夜行性で夜中起きているかも知れないことを考えると、大抵の猫は日中かなり長い時間、寝ている事になりますね。

猫の睡眠時間は長い

犬が必要としている睡眠時間は10時間。草食動物のウサギは8.5時間。牛はなんとたった4時間しか寝ないそうです。人間なら6時間から8時間と言われています。これらと比べたら、猫の睡眠時間はやはり長めですね。

猫の睡眠時間が長い理由

目を覆う猫

野生の猫は、生きるために狩をし、草食動物を捕まえて食べていました。その狩の時に爆発的に体力も知力も使い、その分エネルギーを大量に消耗してしまいます。狩をしない時はなるべく動かずエネルギーを浪費しない様にする習性がありました。

人に飼われるようになり、狩をする必要がなくなっても、眠って体力を温存すると言う習性だけが残っているので、猫はよく寝ると言う説もあります。実は、眠っていると言っても猫の眠りは、かすかな物音でも目が覚めてしまうほど、浅い眠りなのです。

睡眠には浅い睡眠のレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。眠るとレム睡眠とノンレム睡眠が交互に起こり、脳と身体を休めます。人間は、深く眠るレム睡眠が睡眠時間80%を占めています。

ところが、猫はレム睡眠に入っている時間は、睡眠時間の20%。しかも、その30〜90分の睡眠時間のうち、深く眠っているのはたったの6〜7分だけです。そんなサイクルでは眠っていても、身体も頭も全然疲れが取れないでしょう。

飼い主さんの側で、安心しきってぐっすり眠っている愛猫を見ると、微笑ましく、つい、撫でたり、頬ずりしたりしてしまいますよね。深く眠っているのなら、貴重なノンレム睡眠の真っ只中にいるのかも知れません。起こさずにそっと寝かせてあげましょう。

子猫が成猫より睡眠が長い訳

眠る猫

子猫は、母乳を飲む以外の時間はほとんど寝ています。離乳して、活動時間が増えても、やはり、成猫よりたくさんの時間を睡眠に費やします。遊んでいる最中に、突然、電池が切れた様に寝てしまう事もよくありますよね。

子猫にとって睡眠とは、身体や脳の疲れを取るだけではありません。眠っている間に身体を成長させるホルモンが出ます。健康に育ってくれるよう、子猫がぐっすりと眠っている時も、目が覚めるまで温かくしてゆったり寝かせてあげましょう。

猫も歳を取ると、睡眠時間が増える

仰向けで寝る猫

猫は、9歳を過ぎると睡眠が増えると言われています。この年齢になると、エネルギー効率が落ち、シニアと呼ばれる世代になってきます。睡眠時間は、子猫と同じくらいになり、一日のほとんどを眠って過ごすようになります。

子猫のように元気に遊んだり、家の中を走り回ったりしなくなりますが、特に病気でないなら心配はいりません。安心してぐっすりと眠り、美味しくご飯を食べ、元気に歳を重ねて長生き出来る様に、穏やかに眠っている時は静かに寝かせておきましょう。ただ、いつもと違う場所で、身を隠す様に寝ている時は、身体が弱っているか、なにか病気の可能性があるので注意しましょう。

愛猫の睡眠時間で重要な事

顎をあげて寝る猫

不眠が病院を招いたり、良質の睡眠を取る事で、病気になりにくく、健康で長生き出来るのは人間も猫も同じです。3時間程度、猫が深く、ぐっすりと眠っていられる時間を確保してあげましょう。

丸くなって顔を身体の中にうずめて眠っている時には寒いと感じているかも知れません。また、お腹をみせている時は室温が高くなっていませんか?

室温が15度から22度くらいが猫にとって1番心地よい温度です。前足を伸ばして横向きに眠っている時は深く眠っている時間なので、そんな時はそっと寝かせておきましょう。

猫の睡眠時間は寝相で決まる!猫の熟睡度について

丸くなる猫

足の裏に注目

猫の寝相は、気温や猫の性格によって多少違いはありますが、ある程度、熟睡度を推し量る事が出来ます。

「丸くなっていれば、寒いと感じている」と言われていますが、警戒心の強い猫は、寒くなくても丸くなって寝ている事があります。そんな時は、猫の足の裏を見て見ましょう。頭の位置が高く足の裏が地面についていたら、その猫さんは熟睡していません。

何か危険を感じたら即座に走って逃げれる様に、地面を足につけているのです。逆に、熟睡している猫は、頭の位置も低く、カタツムリのように上から見ても丸い状態で、足の裏が地面についていません。

猫と添い寝する効果

足を伸ばす猫

我が家の猫、チーが私の布団の中に入るには、先住犬のめいぷるの許可が必要でした。めいぷるは独占欲が強く、チーが私の布団の上を歩く事すら気に入らなかったのですが、冬になって寒くなると、昼寝の時に仲良く身体を寄せ合って眠るようになりました。それからしばらくして、チーが私の布団の中に入るのを許すようになりました。

私は、非常に寝つきが悪く、布団に入っても1時間近くは眠れなかったのですが、右脇にめいぷる、左脇にチーを抱えて眠るようになってから、ものすごく寝つきが良くなりました。もしかしたら、ペットとの添い寝は、人間の不眠にとても効果的なのかもしれません。

猫の熟睡時間についてのまとめ

枕で寝る猫

起きていて、家具や壁を引っ掻いたり、イタズラしたりする猫ちゃんでも、眠っているとなんでも許せてしまうくらいに無条件に愛らしく感じます。特に、飼い主さんの側、あるいは身体のどこかにわざわざ触れながら、安心しきって眠る猫の愛しさは格別です。いつまでも健康で長生きしてくれる様に、長いようで短い猫の睡眠時間、起こさないでゆったり休めるようにしてあげたいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード