猫に鰹節を与えてはいけない理由

猫に鰹節を与えてはいけない理由

猫に鰹節は与えてはいけない!?と最近囁かれています。「えっ!猫と言えば、鰹節だよね?」と驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から言うと、猫に鰹節を与えても大丈夫ですが、その与える量や与える鰹節の種類に、注意した方が良い、という事です。果たして、正しい鰹節の与え方、とは?

2432view

猫にとって鰹節の「塩分」が危険

港の猫

どちらかと言えば、鰹節は猫にとって与えない方が良い食べ物です。

このように言われる理由として上げられる要因が、「塩分」にあります。 ただ、塩分の摂り過ぎは良くない!と言われ、鰹節が悪者にされつつありますが、実はキャットフードとあまり塩分量は変わらないのです。意見が獣医師によっても異なります。鰹節はダメ!と言う医師もいれば、鰹節程度の塩分は大丈夫、と言う医師もいます。

猫に鰹節を与える事については様々な情報がありますので、どの意見を採用するか、最終的には飼い主さんの判断となります。
鰹節は大抵の猫が好む食品なので、うまく使えば、とても役に立つ食べ物です。愛猫の食欲がない時に食欲を刺激する事も出来ますし、食べ飽きたキャットフードにトッピングすれば、たちまち猫の大好物に早変わりです。要は愛猫の健康を維持しつつ、うまく活用する方法を選ぶ、というのが良いのではないでしょうか?

猫が鰹節を好む理由

鰹節

猫は鰹節が大好きです!日本の猫は割と魚を食べるのに慣れているので、鰹節は躊躇せずに食べますが、魚を食べ慣れていない海外の猫でさえ、初めてあげた鰹節を食べるくらいです。

なぜそんなに、鰹節LOVEなのか?それは、猫は鰹節に含まれるマグネシウムやリン、カルシウムなどの「ミネラル」が大好きなのです!

「ミネラル」が含まれている食品だったら、鰹節じゃなくても食べます。例えば海苔。海苔を巻いたおにぎりをテーブルに置いておいたら、愛猫にさらわれた事がありました(笑)。ミネラルは、他の栄養素の働きをサポートしてくれたり、遺伝子の修復に役立ったり、とても大切な栄養素です。

キャットフードにもミネラルが含まれていますが、通常はカルシウムのみが添加されている事が多いです。鰹節には様々な種類のミネラルが含まれているので、体に良い影響を与えてくれます。例えば、貧血を柔げてくれたり、血中のコレステロール値を下げたり、血圧を正常に保つ働きもあります。

ただ、ミネラルは摂り過ぎると、猫にとっては結石が出来る原因となってしまうのです。それが、「猫に鰹節を与えてはいけない」と言われているゆえんでしょう。体質的に結石が出来やすい子もいますが、やはり与え過ぎは良くありません。我が家でも一度、あまりにねだるので鰹節を与え過ぎ、結石が出来てしまった事がありました・・・。

猫に鰹節を与える正しい方法

猫と魚算数

それでは、正しく鰹節の与えるには、どのようにしたら良いのでしょうか?

種類はコレ!

人間用に作られた鰹節は、猫には塩分が高過ぎる場合があります。猫用に作られている鰹節を与えた方が安心でしょう。ペットショップなどで、簡単に手に入ります。

適量は・・・

ある猫用鰹節のパッケージには「1日5〜10g」と書かれています。薄くてふわふわしている鰹節ですから、5gでも結構な量です。我が家ではまた結石になるのが怖いので、なるべく量は少なくして与えています。1日1〜2g程度です。

まとめ

鰹節

愛猫が大好きな鰹節。飼い主としては、鰹節を喜んで食べる愛猫の姿を見ると、全く禁止にしてしまうのはしのびないですよね。もちろんそれでも与えない!という飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

我が家では少量与えているので、完全に鰹節がクロだ、とは言えませんし、多くの情報も適量を守れば大丈夫、としています。判断に迷う所ではありますが、愛猫と相談しつつ、心配な時は担当獣医師と相談しつつ、決めてくださいね。

ちなみに我が家では、鰹節だけでなくまぐろ節や鶏肉節も、ローテーションで与えています。鰹節だけではなく、鶏肉などを合わせて活用するのも、一つの方法なのではないでしょうか?愛猫の舌を満足させながら、健康も守れると良いですね!!

30代 女性 みみママ

「猫まんま=鰹節とお米」のイメージもあり、猫の好物は鰹節というイメージが強いですよね。うちの子も鰹節は大好きですよ。人間用の鰹節ではなくペット用に販売されているものを、たまにしかあげませんが。あげているといい香りがするので、横で犬も美味しそうとじーっと見つめていたりします。

ただやはり、ミネラルの摂り過ぎは尿結石につながります。また、他の記事で勉強したのですが、猫は本来は肉食の生物なので、お魚ばかりを沢山あげるのはあまり良くないという意見もあるみたいです。とはいっても今まで食べてきたものを取り上げるのは忍びないので、我が家でもお肉と交互にあげる様にしていますよ。

おやつについては食べたら絶対にダメと言われているもの以外は、偏りすぎないようにローテーションで、かつ 少しあげるのが良いのかも知れないですね。

30代 女性 nanairo

うちの猫は、かつお節が好きを通り越して、かつお節に発狂!でした。
ある時、かつお節しか口にしなくなってしまいとても困った事がありました。
確かに、猫と言えばかつお節ですよね。私もずっとそのイメージでした。実際本当によく食べるし、かつお節の袋にスリスリしてました。
偏食が気になったので、病院へ行き先生にかつお節の事を伝えたら、好ましくないですね…とやんわりお叱りを受けました。
塩分が…とは、ネットで見てはいましたが、かつお節に塩分なんてそんなにあるんだろうか…とただただ疑問でしたが、ミネラルだったんですね!
猫がミネラル好きなんて、知りませんでした。
海苔も食べるんですね。
今はかつお節をチラつかせないようにしたので、昔の恋人のように、忘れたかのような態度ですが、食欲がない、病院頑張ったなどの時に上手に使おうと思いました。
やはり飼い猫が美味しそうにごはんを食べているのを見るのは、幸せですもんね。

10代 女性 ai

漠然と猫はかつお節が好き!というイメージを持っていましたが、ミネラルが好きということには驚きました。猫は本能的に、かつお節や海苔にはミネラルが多く含まれているということを認識できるのですね。

ただ、うちの猫の場合、かつお節を好んで食べません。海苔やにぼしなんかも同じです。猫用ふりかけとして販売されているかつお節を購入したことがあるのですが、フードにふりかけるとニオイを嗅いでスルーしてしまったり、避けて食べていたり…猫はかつお節が好きなんじゃないの?と戸惑いました。

気になって色々調べてみると、生後半年以内に食べたものしか食べないというネオフォビア現象というものが関係しているのではないかという結論に至りました。もちろん、猫自身の好みも関係しているとは思いますが、このネオフォビア現象を防ぐために様々なドライフードやウェットフードは試しましたが、かつお節を与えたことはなかったので。

猫なのにかつお節食べないの?と言われると何だか少し不安だったのですが、記事を読んで無理に食べさせる必要は全くなさそうなので安心しました。

女性 yuki

我が家の猫たちもかつお節は大好きで、たこ焼きを作った時やお好み焼きを作った時なんかには、必ず食卓テーブルの上にあがり、「ちょうだい!」と可愛い声で鳴きます。

人間用のかつお節を与えている人も多いようですが、塩分が多く与えてはいけないということを知っていたので、一度も与えたことはありません。

ですが相当好きなようで、あまりにも催促が激しいのでドラッグストアに買い物に行ったとき、ペットのコーナーに猫用のかつお節や煮干しが置いてあるのを発見したので、それからは猫用のものを常備しています。

毎日与えているわけではなく、カリカリの餌は食いつきが悪い日もあるので、そんな時にかつお節を細かくつぶしたものとカリカリをよく混ぜてあげると、驚く程に食いつきが良くなるので使っています^^

女性 ケロキ

昔から猫が好きな物と言え鰹節というイメージがありましたが、猫を飼い始めてから飼育本やインターネットを見ても猫の食事に鰹節という言葉はありません。動物には人が食べるものを与えてはいけないと言われていますよね。なので愛猫には鰹節を与えてきませんでしたが、食欲が少し落ちていた時があり、鰹節をにおい付けできるほんのわずかな量だけフードにかけたところ、とてもよく食べていました。塩分などの成分を考えるとペット用の鰹節が良さそうですね。少量をトッピングとして時々与える程度なら良いのかなと思いました。その反面、鰹節のニオイを覚えたようで、鰹節が使われているふりかけも一生懸命にニオイを嗅いでいました。人が食べるものに興味を持たせてしまったと少し後悔もしています。

20代 女性 ゆず

ウチの猫には、年に一度の愛猫が家族になった記念日や夏場に食欲がなくなった時などに鰹節を与えています。トッピングだけの時もありますが、おかかご飯にしたり、ゆで鶏と和えたりして与えると非常に喜びます。食卓に鰹節が並ぶとよくおねだりにきますが、心を鬼にしてあげないように心がけています。目を見ると負けてしまうので目を合わせないように気をつけています。笑)塩分の過剰摂取に注意するという点に関して言えば、猫用のジャーキーなどのおやつも塩分が高めなのでお与えすぎに注意が必要です。猫は人間と違って汗をかいて塩分を外に出すことができません。愛猫の健康のために飼い主さんが上手に栄養のバランスを考えてあげましょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード