猫の抜け毛を減らす4つの方法

猫の抜け毛を減らす4つの方法

猫は春と秋に毛が生え変わります。換毛期といって、春は冬毛から夏毛に、秋は夏毛から冬毛に変わるのです。その時には、大量の抜け毛が・・・!部屋の至る所に落ちていたり、宙を舞っていたり。酷い時には、ご飯の中に猫毛が鎮座してる事もあります。そんな困った猫の抜け毛、どうにかする方法はないのでしょうか?

473view

猫の抜けを減らす毛対策4選!

ブラシッシング

猫の抜け毛対策法、厳選した4つの方法です

猫の抜け毛対策その1:基本中の基本「ザ・ブラッシング」

抜け毛対策の王道中の王道!!ご存知『ブラッシング』です。短毛種では週に2〜3回、長毛種は1日2回行った方が良いと言われています。ブラッシングをしっかりと行う事で抜け毛が床に落ちる前に取り除く事ができますので、家の中を舞う毛を減らす事ができます。

特に長毛種はブラッシングをしないと、毛が体内に詰まってしまう「毛球症」になりかねませんし、毛玉も出来てしまいます。毛玉になるとそこに雑菌が繁殖して皮膚病になる事もあります!

ブラッシングはもちろん抜け毛対策の意味がありますが、それだけではなく、皮膚の血行を良くしたり、飼い主とのコミュニケーションになったりもします。愛猫が好むブラシを見付けて行ってあげましょう♪

猫の抜け毛対策その2:文明の利器「空気清浄機」!

猫カフェでも使われている「空気清浄機」。空中を浮遊する猫の抜け毛を、吸い込んでくれます。実際の部屋よりも少し大きめの部屋に対応している清浄機にすると、よりグッドです。

猫の抜け毛対策その3:好き嫌いが分かれる?「シャンプー」

嫌がる子に無理にする必要はありませんが、「シャンプー」もかなり有効な抜け毛対策法です。短毛種の場合は春と秋の換毛期に、長毛種は月に1度ほど、猫用シャンプーを使ってお風呂に入れてあげると、抜け毛が流れてさっぱりします。

猫の抜け毛対策その4:結局はコレ!「マメな掃除」

抜け毛

後は少し大変ですが、マメに掃除をするのが1番です!掃除は、掃除機と拭き掃除を併用するのがベストです。拭き掃除をする時には、汚れ落としや除菌剤などのスプレーを床にかけてから行うと、抜け毛の舞い散りを防ぐ事が出来ます。

ソファーなどには、コロコロが活躍してくれます。すぐ手が届く所に常備しておくと便利ですね!愛猫に直接コロコロをかける、という飼い主さんもいます。猫の好みが分かれますので、愛猫がコロコロを嫌がらないようでしたら、使っても良いでしょう。我が家は残念ながら、コロコロ嫌いです・・・。

猫の抜け毛で見られる病気(脱毛症)

病気の猫

体の一部分だけ異様に毛が抜けている、という時は、「脱毛症」かもしれません。

ホルモン性脱毛症

様々なホルモン分泌の異常が原因で、脱毛する事があります。ホルモン性脱毛症は、左右対称で毛が抜けるのが特徴です。治療には、ホルモン分泌異常を

引き起こしている病気を治療したり、ホルモン剤の投与を行ったりします。左右対称の抜け毛がみられたら、受診するようにしましょう。

心因性脱毛症

猫がストレスを抱えていたり、日頃、不安や恐怖を感じていたりすると、心因性の脱毛症になる事があります。体の一部分だけを過剰に毛繕いしている場合は、心因性脱毛症が疑われます。我が家の猫も、野良時代に前足の先端を過剰に毛繕いしていて、そこだけ毛が抜けていた事があります。

自分の尻尾を攻撃して、毛を抜いてしまう場合もあります。この行動は人間から見ると馬鹿な行動に見えるので、ネット上などで面白半分に取り上げられる事があるのですが、実は猫がストレスを抱えているケースがあります。もし愛猫が自分の尻尾を攻撃していたら、注意しましょう。

猫の抜け毛に関するまとめ

猫の毛

初めて猫を飼うと、まず驚くのが抜け毛の量ではないでしょうか?掃除をしてもすぐ、部屋の隅やカーペットなどに猫毛が存在していること、ありませんか?長毛種の場合は特に、抜け毛が目立ちます。いくら猫が可愛くても、朝は猫の抜け毛と共に起き、夜も抜け毛と共に寝る・・・そんな生活は嫌ですよね?

困った猫の抜け毛、対策を行う事でだいぶ減らせる事が分かりましたね。もちろんそのためには、飼い主さんの努力が必要ですが、せっかくの愛猫との楽しい暮らしをより快適にする為、頑張りたいところです☆病気による抜け毛の疑いがある時には、すぐに対処してあげてくださいね!

筆者は愛猫の抜け毛を見つけると、「こんな所にまで!?」とふと微笑ましい気持ちになる事があります。もちろん油断をすると直ぐに、猫達の抜け毛がもわもわと溜まってしまうので、困る事は困るのですが、外出している時に服などに付いた抜け毛を見て、「今何してるかな〜?」と愛猫を思い出すきっかけになる事があります。そんな時はたぶん、ほとんど寝ているのでしょうが(笑)、緊張している時などは、愛猫の毛が良い気分の清涼剤になってくれる事も♡抜け毛とは言え、私にとってはバカに出来ません!

スポンサーリンク

人気のキーワード