無毛の猫種「スフィンクス」とは?特徴や魅力をご紹介します!

無毛の猫種「スフィンクス」とは?特徴や魅力をご紹介します!

無毛の猫として有名な「スフィンクス」ですが、スフィンクスってそもそもどんな猫なのでしょうか?性格や価格、そして飼育する上での注意点、猫アレルギーの心配が本当に無いのか?など、スフィンクスの気になるポイントを調べてみました。

1053view

目次
「スフィンクス」とはどんな猫?
デリケートな猫種!スフィンクスを飼う時の注意点
スフィンクスは飼いやすい猫種?どんな人に向いてるの?
スフィンクスは猫アレルギーでも問題無く飼えるって本当?
まとめ

「スフィンクス」とはどんな猫?

スフィンクス

スフィンクスは品種改良から生まれたわけではなく、突然変異により無毛の猫が生まれたことが起源となります。1960年代、カナダで突然変異の無毛の猫が生まれたのですが血統としては認められず、1970年代に無毛の猫とデボンレックスを交配させる事で誕生した猫が、現在のスフィンクス。1997年にWCFに公認され、2005年にはTICAの公認を受けています。そして、あのスティーブン・スピルバーグ監督有名な映画、「E.T」のモデルになった猫だと言われています。

スフィンクスの特徴は?

スフィンクスの一番の特徴と言えばもちろん無毛な事。ですが、一切毛が生えていないという事ではなく、少しの“産毛”は生えています。ヒゲも基本的にはほとんど生えていません。

また、レモン型の大きな目や大きな耳、頬骨が高い事や体にある沢山のシワもスフィンクスの大きな特徴です。そしてスエードのような、モモのような触り心地もスフィンクスの人気の秘訣です。ちなみに他の猫種と比べると寒さに耐える為か体温は4℃程高いと言われています。

どんな性格?

気になる性格ですが、スフィンクスはとても活発で愛情深い子が多いです。飼い主に忠実で社交的で、人見知りもすることは無く、来客が多いご家庭でも比較的育てやすい描種と言えます。他のペットたちとも仲良くできるのもスフィンクスの良いところ。ですが、スフィンクスの肌はとてもデリケートな為怪我をしやすいので、他のペットとの生活には向いてないようです。

色や種類は?

クリーム・チョコレート・フォーンタビー・ブルー&ホワイト・シールポイント等、全ての色・柄が認められているそうです。

大きさは?

スフィンクスは中型猫に分類されています。

  • オス 約4.0kg~6.5kg
  • メス 約2.8kg~5.5kg

全体の平均は3㎏から6㎏で、大体一般的な猫と同じくらいの大きさとなっています。

デリケートな猫種!スフィンクスを飼う時の注意点

スフィンクスの親子

暑さにも寒さにも弱いとされていますので、適切な室温管理が必要です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる環境を目指しましょう。また、スフィンクスは他の猫種と比べて珍しくB型が多い猫種で、(通常、猫はA型が多い)子猫がお母さんの初乳を飲んだときに赤血球が破壊されてしまう可能性がある為、子供を産む前に親猫の血液型を確認しておく必要があるみたいですね。

そして、スフィンクスは他の猫と比べ運動量がやや多め。ですから、たんぱく質が多く入っているエサを与えると良いそうです。なにより好奇心旺盛で遊び好きな子も多く、部屋の中でも走り回って遊びます。ほかの猫種よりも皮膚が弱く怪我をしやすいので、部屋の中にはスフィンクスが怪我をしてしまう可能性のある危ない物は置かないようにする必要がありますね!

かかりやすい病気や、予防法は?

スフィンクスは、あらゆる皮膚疾患にかかりやすい猫種です。怪我の原因になりますので、爪はこまめに切るようにし、低体温症にも要注意。皮膚がんの原因となる紫外線を避け、直射日光には当たらないよう注意しましょう。そして毎日体を拭いてあげる事と、定期的なシャワーで体を清潔に保つ事で皮膚病の予防をすることが出来ます。

お手入れ方法は?

スフィンクスはほかの猫とは違い、無毛な為、ブラッシングは必要ありませんが、本来なら被毛に吸収される皮脂ですが、スフィンクスは皮膚の表面にたまりやすく脂っぽくなりやすいので毎日温かいタオルでマッサージをしながら拭きとってあげるなどの工夫が必要です。

また、1~2週間に1回は、お風呂に入れてシャンプーをしてあげるのも健康で清潔な皮膚を保つためには欠かせません。ちなみにペット用シャンプーではなく、弱酸性のボディソープ又はベビー用のシャンプーなどで洗ってあげると皮脂が綺麗に落ちるそうですよ!

これらのお手入れ方法から大変そうだと思われがちですが毛玉等の心配も無く、抜け毛の掃除も大変では無い事から、長毛種の猫ちゃんに比べたらお手入れは簡単だと言う人もいます。

スフィンクスの寿命はどれくらい?

一般的な猫の寿命は、約15年と言われています。それに比べてスフィンクスの寿命は約12~14年と言われているので、一般的な猫よりは寿命が短めだと言えます。しかし、34年生きたスフィンクスも存在するみたいですよ!寿命の倍以上生きたことになり、なんと人間にすると100歳以上と言う事になります。すごいですね。

快適空間(テリトリー)を作ってあげたり沢山構ってあげる事でストレスを減らしてあげたり、正しい体調管理や皮膚のケアが寿命を伸ばす大きなポイントになりそうですね。

スフィンクスは飼いやすい猫種?どんな人に向いてるの?

伸びをするスフィンクス

スフィンクスは飼い主に忠実で人懐っこい為、しつけもしやすく比較的飼育しやすい猫種ですが、そのぶん、室温管理に気を使ってあげたり、皮膚を清潔に保つ為に頻繁に拭いたりシャンプーすることで他の猫種と比べれば少し手が掛かる気がします。

しかし、抜け毛の心配もない為、動物の毛が苦手な方や、小さなお子様がいるご家庭に向いていますよね。

また、一般的にはお留守番が得意な猫種が多いのですが、スフィンクスは飼い主に甘えて鳴くことも多く、一日のほとんどがお留守番になってしまうとストレスの原因になってしまいます。適切な温度管理や皮膚の怪我から守るために完全室内飼いで、尚且つ脱走対策をしっかりしましょう。
無毛なスフィンクスにとって、外はとても危険な場所なのです。

値段

ペットショップやブリーダーにより様々ですが、約20~40万円となっていますが、血統書が不要な場合は10万円ほど安くなる所もあるみたいです。珍しいカラーや親の血統が良い等、いろんな要素が加わったスフィンクスの場合、60万~100万円程の高値がついている事もあります。

ペットショップでは仕入れた金額に、販売までにかかる経費等を上乗せするため、ブリーダーから直接購入するほうが安価で購入することが出来ます。さらに日本の方が高値で販売されているので、海外での購入のほうが安くはなりますが、海外ではスフィンクスを購入したが数週間後には毛が生えてきて、実は被毛のある猫の毛を剃刀などで剃り、スフィンクスとして販売していたという事件もありました。なので信頼できるブリーダーから購入する事が大切ですね。

スフィンクスの選び方

スフィンクスをおうちに迎える時に選ぶ際のポイントとしては、

  • 長い毛が無い事
  • しっとりとしており、べたつきが無く健康な肌である事
  • 体のシワは多い方が良い

この3つが重要だと言われています。それから他の猫種を選ぶ時と同じく、顔(目、鼻、耳等)や、肛門の汚れは無いかチェックしましょう。涙や目ヤニ、鼻水は猫風邪の症状でもありますし、耳が汚れていると耳ダニの可能性も。肛門の汚れは寄生虫等が潜んでいる場合も。

スフィンクスは猫アレルギーでも問題無く飼えるって本当?

スフィンクスのアップ

猫アレルギーとは、猫と接することによりアレルギー物質が体内に入りこみアレルギー反応が引き起こされることを言いますが、目のかゆみや涙、充血、くしゃみ、鼻水、皮膚のかゆみや発疹、咳などの症状が現れ、ひどい場合は、呼吸困難に陥ることもあります。

無毛で抜け毛が無いことから、スフィンクスなら猫アレルギーが出ないんじゃないか、と勘違いしている方も多く見られ、スフィンクスは猫アレルギーでも問題無く飼えるのではないかと言われていますが、答えは“NO”です。

この猫アレルギー、猫の脂線から分泌される糖タンパクFel d 1や、唾液に含まれる糖タンパクFel d 4などが原因で、体中にタンパクが付着していて毛が抜けるときに一緒に落ち、これが空気中に舞う事で人間がアレルギーを引き起こすのです。なので“抜け毛”だけでは無く、“皮脂”にも要注意。
スフィンクスは、被毛が無いことで皮膚は丸出しな為、皮脂を拭きとる必要がありますよね。

つまり、抜け毛が無い分他の猫に比べるとアレルギーを発症するリスクは低くいと言えますが、皮膚に触れればもちろん発症する可能性もあると言うことになります。猫アレルギー持ちの人は、スフィンクスなら安心!ではなくて、他の猫同様、もちろん注意が必要だと言えます。

まとめ

ミステリアスなスフィンクス

スフィンクスは被毛のある猫とは違うため、一般的な猫好きからは敬遠されてしまう事もありますが、一度触れてみるとスエードのような滑らかな触り心地にスフィンクスのファンになってしまう人も多いのです。

このように魅力たっぷりなスフィンクスですが、非常に珍しい猫種の為、ペットショップで見かける事は滅多に無いですね。ブリーダーを探して、間近で見たり実際に肌に触り、じっくり選ぶことを心がけるようにしましょう。

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード