猫にブラッシングは必要です!嫌がる時の対策と毛球症予防について

猫のブラッシングは、行った方が良いのでしょうか?自分で毛づくろいするから必要ない、と言う意見もあります。ブラッシングが好きな子もいれば嫌いな子もいます。猫のブラッシングについて、詳しくチェックして行きましょう!

954view

猫とブラッシング

ブラッシングされる猫

愛猫とのスキンシップもはかれる、ブラッシング♡抜け毛も取れますし、愛猫の皮膚の血行も良くなり、一石二鳥です!

特に長毛種は、毛づくろいで飲み込んだ毛が体内に詰まってしまう「毛球症」になりやすいので、ブラッシングの重要度は高いです。猫のブラッシングは、どのように行えば良いのでしょうか。

ブラッシングの必要性

ブラシと猫

繰り返しますが長毛種の場合、ブラッシングは大切です。毛球症になると、食欲不振や便秘などの症状が出ます。ブラッシングをする事で、猫が毛づくろい時に飲み込む毛の量を減らすことが可能です。

毛球症が重症になると、外科手術が必要となる場合もありますが、非常に稀です。そこまでいかなくても、愛猫にとっては辛いでしょうから、なるべく毛を飲み込まないようにしてあげましょう。

短毛種も抜け毛を取り除いたり皮膚の血行を良くしたり、毛艶が良くなるなど、ブラッシングによるメリットがありますので、行うとベターです。ただ、ブラッシング嫌いな場合は無理に行うとストレスとなりますので、愛猫が嫌がらない方法を見つけてあげると良いでしょう。

ブラッシングを嫌がる時は?

気持ち良さそうな猫

愛猫に合ったブラシを選ばないと、ブラッシングが嫌いになってしまうことがあります。そして、嫌がっているのに無理矢理押さえつけて行うのも、嫌いになってしまう原因となります。

ブラッシングを嫌がる子は、まずブラシに慣れさせることから始め、少しずつ、手で撫でつつブラシを触れさせる、というように行ってみましょう。

あくまでも焦らずゆっくりとです。撫でられて喜ぶ、顎や首辺りから始めると、ブラッシングの気持ち良さを分かってくれるかもしれません。どうしてもブラシがダメ、という場合には、ペット用のブラッシング手袋が販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか?

短毛種の場合は、絶対にブラッシングしなくてはいけない、とも言い切れません。長毛種は短毛種と比べ、毛球症になる可能性が2倍だそうです。長毛種だけど中々ブラッシングが出来ない、という場合は毛をカットする事も必要になるかもしれません。

毛をカットする事は愛猫にとりストレスになる場合がありますので、かかりつけの獣医師に相談すると良いでしょう。また、毛球症にならない為の対策を下記に記載しますので、ご参考下さい。

毛球症にならない為の3つの対策法

ブラッシングされて驚く猫

大切な愛猫が、毛球症にならないように出来ることをお伝えします。

毛玉ケアフードを使う

各メーカーから、食物繊維を多く含んだ毛玉ケア用のフードが販売されています。食物繊維によって消化器官の働きを促し、体内に留まっている毛を排出しやすくします。

もし毛玉ケア用フードが愛猫の好みや体質に合わない場合は、胃や腸の中を進むのが早い形状のフードを与えるようにすると良いでしょう。

ドライフードよりもウェットフード、ドライでもなるべく粒の小さいもので丸い形のフードの方が排出が早いです。与え方も一度に沢山与えるよりも、少量を複数回に分けて与えるようにしましょう。

猫草を食べさせる

猫草を猫が食べるはっきりとした理由は分かっていませんが、恐らく毛玉を吐きだす為だろう、と言われています。猫草を好む子、好まない子がいますが、もし愛猫が好きなようなら、食べさせてあげるのも良いでしょう。

サプリメントを与える

フードと同様に、食物繊維を多く含んだサプリメントがあります。人工的に作られたものですが、長期間使用しても異常が出ることは稀だとされています。

ただ愛猫の体質もありますので、もしサプリメントを与えた事でいつもと様子が違うことがあれば、すぐ受診して下さい。サプリメントは味や匂いがないので、ご飯に混ぜても気がつかずに食べてくれるでしょう。肺に入ると危険ですので、シリンジなどでは与えないようにして下さい。

まとめ

こちらを見る猫

猫のブラッシングについて、ご参考にして頂けたでしょうか?愛猫がブラッシング好きになってくれるようにしたいものですね!

中にはブラシを見せただけで自分から駆け寄り、ブラシにスリスリする子もいるみたいですよ☆そんな可愛い姿をみたいばかりに、色々なブラシを買いたい衝動に駆られてしまいます!(笑)

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター