猫がネギを食べた場合の症状と原因

猫がネギを食べた場合の症状と原因

猫は肉食ですが野菜を与えると体に良い、という話もあります。では、炒めたり煮たりすると甘くて美味しいネギ類はどうでしょうか?じつはネギは猫にとって「大変危険な食べ物」なんです。今回はそんな、ネギ類を猫に与えた場合どのような事が起こるのか?気になるトコロをみていきましょう!!

1784view

猫にネギを与えた時の中毒の原因

ネギ

タマネギや長ネギなど、ネギ類を猫に与える事は厳禁とされています。ネギ類に含まれている「有機チオ硫酸化合物」という成分が原因となり、中毒を起こしてしまうからです。この成分は猫の赤血球に影響を与え、「溶血性貧血」を引き起こします。

長い間、タマネギ中毒の原因となる成分は「アリルピルジスルファイド」とされてきましたが、これは間違えだったようです。似たような成分のジプロピルジスルファイドで犬に貧血が起きた事から、アリルピルジスルファイドが原因物質だ、という定説が出来てしまったとの事です。ジプロピルジスルファイドは、タマネギの主な匂い成分です。あの強い匂いは、この成分が原因だったのですね!!

実際は、タマネギにはアリル系の物質はほとんど含まれていません。そして、匂い成分であるジプロピルジスルファイドは揮発性成分なので、調理をすると濃度が下がるのです。

ですが、調理後のタマネギが入ったご飯でも中毒が起きますから、タマネギ中毒を起こす犯人はアリルピルジスルファイドでも、ジプロピルジスルファイドでもないという事が分かります。

基本的に猫はネギの匂いが嫌いなので、自ら進んでネギ類を口にする事はないでしょう。ですから、中毒になった例もほとんどないようです。ただ、何かに少量混ざっていたり、ネギ類を煮た煮汁を飲んだりした場合は、気がつかない事もあるかもしれません。

普通のキャットフードを与えていればまず心配はありませんが、手作りご飯やトッピングをする時には充分に注意しましょう。また、ネギ類が入った食べ物を留守中などに食べてしまわないよう、しっかりと仕舞っておきましょう。

鰹節やチキンなど、猫の大好物とネギ類が混ざっている場合は危険かもしれません。隠れてつまみ食いをしないよう、どうか愛猫の手の届かない場所へ。

猫がネギを食べた時に起こる「溶血性貧血」

赤血球

俗に言うタマネギ中毒は、「溶血性貧血」という病気の事を言います。溶血性貧血は、食欲不振や元気がなくなる、尿の色が赤くなるなどの症状が出ます。

ネギ類に含まれる有機チオ硫酸化合物が、赤血球と赤血球の膜に影響を及ぼします。赤血球の形を変えてしまうので、体内で変形した赤血球が駆逐され、結果として赤血球が減り、貧血となるのです。

万が一ネギ類を愛猫が食べてしまった場合には、急いで病院に連れていきましょう。溶血性貧血は、最悪の場合死亡してしまう病気ですので、処置が早ければ早いほど、命が助かる可能性があります。

ネギ類を食べてからの時間が短ければ催吐処置を行ない、胃の内容物を吐かせます。食べてから時間が経っている場合には、輸液やビタミンEやCを抗酸化剤として与えます。

猫にネギ類の「ニンニク」を与えること

ニンニク

ニンニクもネギ類なので、与えてはいけない事になるのですが、少量ならば代謝を上げてくれるので体に良い、との意見もあります。実際に猫に与えている人もいるようです。ただ、どの位の量で中毒が起きるかははっきりしておらず、愛猫に与えるのには不安を感じますね。

ニンニクが絶対猫には必要、と言う訳ではありませんので、なるべくなら避けた方が無難ではないでしょうか。何か起きてからでは、遅いですから・・・。

まとめ

ニンニク

ネギ類を始め、人間には美味しい食べ物でも、猫には毒となってしまう食材は沢山あります。可愛い愛猫にせがまれたら、ついつい人間の食べ物を与えたくなりますが、避けなければいけません。どこにネギ類のように中毒を起こす食べ物が入っているか分からないからです。

もちろんこの記事を読んでいる方は大丈夫だと思いますが、愛猫の健康を守れるのは飼い主しかいない、という事をキモに命じ、過ごしたいですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード