ヒマラヤンの値段や特徴について

ヒマラヤンの値段や特徴について

とても可愛いヒマラヤンですが、飼うとなるとお値段が気になる所。あのゴージャスな被毛を見る限り、ヒマラヤンの値段はとても高そうです。また、お値段の相場はいくらなのでしょうか?気になるヒマラヤンの値段をポイント別に調べてみました!

727view

ヒマラヤンの値段の相場

値段の相場

あのゴージャスな長毛、きれいな瞳、美しいポイントカラー。見るからに高級そうな猫種ですが…実際に、ペットショップやブリーダーではヒマラヤンはどのくらいのお値段で販売されているのでしょうか。また、個体によってお値段に差があるのか調べてみました。

  • ペットショップ 20~33万
  • ブリーダー 12~30万

ペットショップとブリーダーでは、やはりブリーダーの方が安価な値段で購入できる場合が多いみたいです。また、ブリーダーではアフターフォローをしっかりしてくれるところが多いみたいなので、ブリーダーからの購入が安価で尚且つ、安心できそうですね。

ヒマラヤンの値段に価格差がある理由

白いヒマラヤン

調べてみたところ、やはり大きさ、月齢、顔や毛並みと様々な要素がヒマラヤンの値段に関わってきます。とくにポイントカラー、血統などにより、このような差があるようです。例えばマンチカンなら、マンチカンの特徴と言えるのが短い足ですが、足が短ければ短いほど価格は上がります。

同様に、スコティッシュフォールドなら完璧な折れ耳であるほど高値がつきやすいように、ヒマラヤンの特徴といえば、丸々とした愛らしい体とブルーできれいな瞳、それにあのゴージャスな被毛なので、これらが完璧に近い程お値段は高くなる可能性がありますね。

そしてお値段に大きな差が出る一番の理由は、ヒマラヤンの顔にあると言われています。実はヒマラヤンは以下の2種類の顔があると言われています。

ドールフェイス

鼻筋が通っており猫らしい顔つき。日本にいるヒマラヤンはこちらのほうが多い。

エクストリームフェイス

ペルシャ猫のように鼻がつぶれていて、この顔のヒマラヤンはより長毛で、毛並みもきれいな場合が多い。

海外ではエクストリームフェイスの方がお値段が安定しており、比較的安価で販売されているようですが、日本の場合はその逆でドールフェイスの方が安価で販売されているとか。

確かに日本人は、鼻がつぶれていていわゆる“ブサカワ”を好む傾向があるように感じます。私も“ブサカワ”を愛する一人です。

ヒマラヤンの値段以外の情報

体重

ヒマラヤンとは丸みのある体に綺麗な瞳、そしてポイントカラーのふわふわでゴージャスな長毛を身にまとっており、とても温和で社交的な猫です。また、とても賢いので人間の言うことを理解してくれて、しつけに困る心配も特にありません。温和な性格はペルシャ猫から、ポイントカラーはシャム猫からの特性です。

密度の高い被毛で長毛な為、頻繁にブラッシング等でお手入れは必要そうですし、もちろん抜け毛も多いのでお掃除が大変そうですが、温和な性格から他のペットがいるご家庭や、お子様のいるご家庭でも飼育しやすいと言われていますね。

そして、見た目の可愛さや飼育のしやすさから、ヒマラヤンを飼うことに決める方も多いようです。

上を見るヒマラヤン

ヒマラヤンの値段のほかにもやはり気になるのは、平均寿命や体重でしょう。ヒマラヤンの平均寿命は、約14~16年。一般的な猫の平均寿命が約15年と言われているので、それよりも少し長いと言えます。

そして、平均体重は3.2~6.1kgとされていて、大きな差がありました。こちらも一般的な猫の平均体重は、3.6~4.5kgと言われていますので、少し大きめの猫種だと言えますね。

まとめ

ヒマラヤン

一般家庭で飼育しやすく愛らしいヒマラヤンですが、そのお値段はポイントカラーや血統、そして顔のタイプなどにより大きく変わってくると言えます。ちなみに私は、エクストリームフェイスフェイスの方がタイプですが、みなさんはいかがですか?

一番の決め手はやはりお値段ではなく、お顔や相性だと思います。購入を検討している際は、近くのペットショップだけではなく、ネットなどでヒマラヤンのブリーダーを調べてみて気にいった子を探すのもいいと思いますよ♪

女性 Keiko

ヒマラヤンはとてもキレイな猫ちゃんですよね。飼ったことはないですが、見た目のゴージャスな感じと高貴な感じがするので、勝手にお値段も高いのかな、と思っていました。実際高いとは思いますが、やはり2種類あるその顔だちと、ポイントという柄によってもかわってくるんですね。性格もいいですし、家族に向かいいれやすいのは確かなようですね。ただ、長毛の猫ちゃんなので、ブラシングなどの手間やお世話はかかるかもしれませんが、スキンシップが他の猫ちゃんよりも増えると思えば、苦にならなさそうです。さらに、たしかになかなかペットショップさんで見かけることはないので、できればブリーダーさんからもらってくるほうが確かなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード