猫のケージ飼いメリット・デメリットと注意点!

猫のケージ飼いメリット・デメリットと注意点!

猫のケージ飼いと聞くと、自由気ままな性格の猫にとって本当に大丈夫なの?と疑問に思うかもしれません。しかしケージを有効活用してケージ飼いすることで、しつけが楽になることもあります。そこで、ケージ飼いのメリット、デメリットを注意点と合わせてご紹介します。

568view

ケージ飼いのメリット

ケージで眠る猫

いたずらの防止

飼い主が留守中に、猫がおとなしくしているとは限りません。とくに子猫は好奇心が旺盛なので室内で自由にさせると、

部屋に置いてあるものを落として壊したり、柱や家具に爪とぎをしたりする可能性が十分にあります。飼い主が家にいるときは、猫の様子を見ていられるので簡単に防げることですが、留守の間は、やはり心配です。ケージ飼いにすることで、部屋が荒らされるのを防げます。

危険から守れる

暑い時期は、網戸にして外出する飼い主さんもいます。そのため、猫が勝手に網戸を開けて外に出てしまい、事故にあってしまうことがあります。

また、子猫のうちは高いところに登って降りられなくなり、無理やりジャンプをしてケガをすることもあります。ケージ飼いは、このような危険から猫を守ることができ、また、飼い主も心配なく安心して出かけられます。

安心できる場所になる

子猫のうちからケージ飼いにすると、猫はいつも自分が過ごすケージが、安心できるテリトリーと認識するようになっていきます。猫にとって安心できる場所があるというのは大きな意味があります。

その理由は、例えば大きな音がする掃除機や、知らない人が家に来たときなど、驚いて怖がってしまう場合がありますが、このように動揺したとき猫は、自分が安心できる場所で、不安を取り除こうとするからです。また、飼い主が事前に猫をケージに入れてあげることで、猫に余計なストレスをかけなくて済みます。

ケージ飼いのデメリット

ケージの中の子猫たち

ストレスが溜まる

飼い主の留守中、猫が自由に動けないケージの中で長時間過ごすのは、さすがに退屈になりストレスが溜まってしまいます。

基本的に猫は、自由気ままに行動することを好むので、どんなに長くてもケージに入れるのは5時間までにし、猫をケージの外に出して部屋の中を自由に歩かせてあげる必要があります。それだけでも猫にとっては気分転換になります。

運動不足になる

ケージ飼いは、どうしても動ける範囲が限られてしまうので、運動不足になる可能性があります。一日の大半を寝て過ごす猫といえども、飼い主が家にいるときはケージから出し、猫が満足するまで一緒に遊んであげて、適度な運動をさせる必要があります。

ケージ飼いの注意点

ケージの上の猫

高さのあるケージを選ぶ

ケージ飼いでも、なるべく猫の負担にならないように、ケージはなるべく広くて高さのあるものが適しているでしょう。猫は高いところに登る習性があるので、上下に動けるようにしてあげるのがよく、高いところから下を眺めるのも好きです。同時に、運動不足解消にも繋がります。

温度管理をする

ケージを置く場所は、とくに配慮が必要です。夏場、直射日光があたる窓の隣にケージを置いてしまっては、猫が熱中症になる恐れがありますし、エアコンの真下では、猫の身体が冷えすぎて体調を崩してしまいます。

猫は温度調節が苦手なので、適温を保ち快適に過ごせるように飼い主が考慮しなくてはなりません。そのため、季節によってはケージを移動させなければならないこともあります。

清潔な水とトイレを用意しておく

猫が24時間いつでも水を飲めるように用意しておく必要があります。そして、水を置く場所とトイレは1階と2階など、階をわけたほうが衛生的でよいでしょう。

まとめ

猫と鳥かご

ケージ飼いは、それぞれもメリット、デメリットがあるので、一概にどちらがいいと言うのは難しいです。大切なのは、猫にあまり負担をかけずにケージをどのように活用するかということではないでしょうか。飼い主さんの生活スタイルと照らし合わせて、ケージ飼いを検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード