猫の歯磨きをするには?どうしても出来ない時の方法を解説!

猫の歯磨きをするには?どうしても出来ない時の方法を解説!

一昔前では、猫に歯磨きをする事など考えた事もない、という時代でした。最近はペットの健康管理の情報が増えているので、歯磨きする事を意識される方も多いでしょう。ですが、やり方が分からない・・・出来ない・・・という場合もありますよね!この記事では、基本的な歯磨きの仕方や、歯ブラシ以外の歯磨きの方法もお伝えします。是非、愛猫の健やかな生活の為、デンタルケアを行ないましょう!

420view

目次
猫に歯磨きは必要か?
猫の歯磨きの仕方
その他の猫の歯磨き方法
猫の歯磨きで歯石を取るには・・・?
まとめ

猫に歯磨きは必要か?

ねこの歯

結論から言うと、『必要』です。猫が野生だった頃は、獲物を噛み切る事で自然と歯が磨かれていたのですが、飼われている猫はキャットフードを食べているので、歯垢が溜まりやすいのです。猫の口には虫歯の原因となる虫歯菌がいないので、虫歯にはなりません。

ですが、「歯周病菌」はいるので、気をつけないと歯周病になってしまいます。実に3歳以上の飼い猫の8割は歯周病、という話もあります。歯周病になると歯の問題だけではなく、心臓や肝臓、腎臓にも悪い影響を与え、更にがんや糖尿病などにも関連してくる事が分かっています。怖いですね。

歯周病を予防するには、『歯磨き』が1番です!ですが、猫は中々歯磨きが難しい動物でもあります。完璧に出来なくても出来る範囲で行ない、愛猫の歯の健康を、保ってあげましょう。

猫の歯磨きの仕方

歯を見せる猫

歯磨きをする前に、まずは飼い主が猫の口内を触る事に慣れてもらいましょう。出来れば、生後6ヶ月位までに始めるとスムーズですが、成猫の場合でもゆっくりと、慣らしていきましょう。愛猫とのスキンシップやブラッシングなどの際に、ついでに口に触るようにすると良いでしょう。

口に触れる事に慣れてきたら今度は手前の切歯に触り、それが大丈夫になったら奥の臼歯に触りましょう。クリアしたら、次はガーゼなどで歯をこすって、OKだったらそこで初めて歯ブラシを使ってブラッシングをします。歯ブラシは猫用か、子供用を使います。

歯ブラシは斜め45度に持ち、歯と歯茎の間に溜まった歯垢を搔き出すように動かします。力を入れると猫が痛がりますし、歯茎を傷つけてしまう原因にもなりますので、歯垢が取れる範囲で、軽く行いましょう。両方の臼歯と切歯を磨いたら終了です。

このように書くととても簡単そうですが、大人しくさせてくれる猫もいれば、嫌がる猫もいます。猫用の味付き歯磨きペーストを使うとやらせてくれる事もありますので、是非ご活用ください。その他に大切なのは、愛猫に優しく「歯磨きするよ」と語りかけ、終わったら褒める事です。飼い主の気持ちは猫に伝わりますので、歯磨き嫌いな我が家の猫も、優しく言葉をかけるようにしたら、割と大人しくやらせてくれるようになった気がします。

歯磨きの頻度は1日1回以上が望ましいのですが、難しい場合は歯垢が歯石になる前、3日に1回は行ないましょう。

その他の猫の歯磨き方法

猫と獣医

どうしても歯ブラシを使った歯磨きが難しい子の場合には、ガーゼや歯磨き用ウェットティッシュを使うと良いでしょう。その際も歯磨きペーストを使うとベターです。ガーゼも難しい、という場合は口に入れるだけの歯磨きジェルやスプレー、それさえ無理、という場合は歯磨き効果のあるキャットフードや、おやつを使いましょう。

飲み水に入れて歯磨き効果を得るリキッドもあります。これらはあくまでも補助的な役割のもので、歯ブラシよりも効果は落ちますが、何もしないよりかはマシです。愛猫に合ったケア用品をチョイスしてあげてください。

猫の歯磨きで歯石を取るには・・・?

猫の歯石除去

歯垢が歯石になると、残念ながらお家でのケアでは取り除く事が出来ません。重度の場合は動物病院で除去してもらう事になります。その際はより安全に行う為、全身麻酔が必要となる場合がほとんどです。麻酔にはリスクがある為、なるべく重度にならないよう、日頃のケアをマメに行ってあげる事が大切です。

歯石もがっつり、歯周病も重度、となると抜歯をしなければいけない事もあります。愛猫に負担をかけないようにするには、飼い主さんによる歯のケアが必須です。どうしても歯のケアが難しい子の場合には、獣医師に相談してみましょう。

まとめ

歯ブラシと猫

たかが「歯」、と思いがちですが、人間と同様、猫も歯のお手入れはとても大切です。我が家でも1匹はペーストを付けると大人しくブラッシングさせてくれますが、もう1匹は歯ブラシを使うのが難しいので、ウェットティッシュ+ペーストで行っています。歯ブラシも慣れさせようと何度か挑戦しているのですが、嫌がって体をよじり、歯ブラシで歯茎を傷つけてしまった事もありました。その為、今はウェッティー専門です。

愛猫と過ごす時間をなるべく長く、そして健康でいて貰う為にも、歯磨きは努力したいポイントではあります。愛猫を膝に乗せて行う歯磨きはスキンシップも取れるので、個人的には中々幸せな時間だな、と思います♡

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード