猫は人間をどう見ているのか、その意外な真実とは

猫は人間をどう見ているのか、その意外な真実とは

猫にとって人間はどういう存在なのだろう、と気になったこと、ありませんか?「う〜ん、何だか猫に便利に使われているような気もする」「甘えてくるから、人間を親だと思ってる?」など、様々なご意見があるかと思います。さぁ、あなたは愛猫に、どう人間を認識されているのでしょうか?

2309view

猫は人間をどのように見ているのか

猫と人間

猫は人間を、どう思っているのでしょうか・・・ある観察結果で、驚きの結論が出されました。それは・・・

猫は人間を「同類だと思っている」!

猫は、本来飼い主である私たち人間の事を、「同じ生き物=猫」だと思っているそうです。

確かに、「言われて見ればそんな覚えが・・・」「薄々は勘付いていた・・・」なんてお思いの方も多いかもしれません。では、一体なぜ同類だと思っているのでしょうか?

猫の人間に対する認識と犬の認識との違い

抱かれる猫

犬と猫では、人間に対する認識の仕方が違います。分かりやすく、比較してお伝えします!

【犬】人間に対しては態度が変わる

犬の行動を見ていると、明らかに犬と人間に対してでは、態度を変えている事が分かります。飼い主をリーダーだと認識して、その命令を忠実に守ろうとします。ですが、犬同士で遊ぶ時には遊び方が変わりますね。ですから、犬は人間を自分たちとは違う生き物だ、と認識しているのです。

【猫】猫相手と同じ態度を取る

それに引き換え猫は、人間を自分達と同じだと思っている可能性があります。毛繕いをしたり、スリスリしたり、好意を持っている相手には尻尾を立てたり、猫が猫に対して行っている行動と、変わりがないからです。もちろん、大きさが明らかに人間の方が大きいのは分かっているでしょう。ですが、猫は人間を違う生き物だとは思っておらず、自分達より大きな猫だ、と思っているようです。面白いですね!

猫は人間をバカにしている訳ではない

嫌がる猫

撫でようを近付くと遠くに行ってしまったり、読んでいる新聞の上に乗ったりと、このような行動が、人によっては猫にバカにされている、と感じる事があるようです。もし飼い主を避けていてあまり近寄ってこない、という場合は、バカにされているというか、自分よりも劣っている、と思われているかもしれません。

猫からすると人間は、獲物も取れないジャンプも出来ない、不器用なヤツに見えるようです。ですので親心か同情心からか、外で取ってきた獲物をプレゼントしてくれる事もあります。「しょうがないな〜お前狩り下手だから、代わりに取ってきてあげたよ!」と言う事なのでしょう。

ですが、いくら不器用だと思われていても、猫は自分より劣っている、と思う生き物には近寄りません。とりあえずはスリスリして来てくれているのだったら、飼い主の事をバカにしている事はないようです。

猫は人間を思い通りに操れる

懐く猫

猫は自分にとっての快適を考えるのが得意です。誰にどうやって頼めば、自分が望む事をしてくれるのかを良く把握しているようです。賢いですね!非社交的、のように思われる猫ですが、実は一番の世渡り上手なのかもしれません。

いや〜薄々感づいていましたけど、やっぱり猫の良いように、操られていたのですね。あの可愛いらしい顔や鳴き声を武器にされたら、とてもじゃないけど、かなわないですよね!!

猫は実は多頭飼いが好きではない

猫と飼い主

多くの飼い主が気がついていない事では、実はあまり多頭飼いが好きではない、という事です。もちろん個体差があり、一概には言えませんが、犬ほどの受け入れ態勢は整っていないようです。

我が家の猫は幸いにも、2匹目が来た事で留守番の時間が寂しくなくなったようでしたが、多頭飼いをする時は相性などを見極め、慎重に行ないましょう。ですが、猫が人間を大きな猫だと思っていたら、ある意味「多頭飼い」にはならないのでしょうか?(笑)

猫は飼い主(人間)の声を聞き分けている

猫の手

飼い主さんにとっては嬉しいお知らせです!猫は飼い主の声とそうではない声を、はっきりと聞き分けているようです。猫を呼びかけた時の反応が、見知らぬ人と飼い主とではパっと見は同じでしたが、良く観察すると飼い主の方がより強い反応を示したそうです。

ただ、犬のようにはっきりと違いがある訳ではなく、微妙な差のようです。でも、聞き分けてくれているなんて、飼い主からしたら嬉しい限りですよね!!ご家族で誰の声に一番反応するかゲームをやって、一緒に遊ぶのも楽しいかも知れません♪

まとめ

抱かれる猫

人間を人間と認識していなかった、なんて驚きの結果が出ましたね!ですが、ある意味『仲間』だと思われている、というようにもとれますから、猫好きにとっては嬉しいですね♪

20代 女性 咲月

記事にあった「同類だと思っている」という事には同感です。同類というなかにも、母猫、兄弟猫という様に位置づけして、それぞれに態度を変えているような気がします。お風呂に入っていると「そんなに濡れて大丈夫なの?」といった顔で覗いてきたりするのも、同類だと思っているからこそかもしれません。

また、飼い主の声を認識しているかどうかについても、以前私が入院している時、主人との電話の最中にスピーカーにしてもらい愛猫の名前を呼んでみたことがあります。その時、寝ていた愛猫が飛び起きてニャーニャーと大きな声で鳴きながら玄関まで走っていったと聞いたときは、ちゃんと私の声を分かってくれているのだと心底嬉しかったです。

どうしたら人間をうまく扱えるかという研究については、非常に面倒くさがりな愛猫も努力を怠らないようで、年々、愛猫の思うがままに操られるようになってきています(笑)

女性 yuki

猫も人間を大きな猫だとおもっているとしたら・・・確かに”多頭飼い”ですね(笑)

私が猫の多頭飼いを始めるきっかけになったのは、先住猫の時に1匹でとても退屈そうに見えたので、新入り猫を迎えようと決めたからです。様々な譲渡会に参加し、「子猫がいいか?それとも大人しそうな若い猫?いや、性別違いの中年猫?」なんて考えているうちに、先住猫の病気が発覚し、闘病生活の始まりだったので、結局その子に兄弟猫を作ってあげたいという夢は叶いませんでした。

その後迎えた新しい猫の時は、寂しくないようにと姉妹で引き取り、無事に多頭飼いの始まりです。また新たに猫を保護し、現在はあっという間に4匹になってしまいました^^;可愛いですが掃除が大変ですね。

猫がこちらをどう認識しているかは猫にしかわかりませんが、”猫同士の遊び”だったり、”猫界のルール”を知る上では、やはり猫には猫が一番だと考えていますので、猫はわたしのことを大きな猫(笑)だとおもっていたとしても、このまま多頭飼いを続けていきたいと思っています。

もちろん、猫のストレスにならないよう、しっかり性格の合う合わないを確認しながらですけどね^^

女性 ケロキ

今まで犬を飼育していましたが、猫はやっぱり違うなと思いました。犬は飼い主をボスの様に慕ってくれますが、猫は飼い主に仲間の様に接しているように感じます。我が家の猫は、小学生の甥っ子に対して特に親しみを感じているようで、名前を呼ばれると必ず返事をします。また、いつも行動を気にしていて、遊びに誘うこともあります。この行動を見ていると、ボスに従うというよりは、兄弟猫と過ごしているように見えるのです。そして、猫は人の声を聞き分けて対応を変えることもしますよね。甥っ子には返事をしますが、母が猫に話しかけると目を細くしてずっと聞いています。色々な行動を総合してみると人を仲間と認識しているんだな思います。ですが、どういう行動をしたら「かわいい」と言われるのかも知っていて、それを使って人を操っている面もありますね。

20代 女性 ゆず

ウチの子のツンデレな態度は不器用な愛情表現だったんですね。そう考えるとより愛おしさが増してきます。今まで、猫は人間のことを自分のテリトリー内にいる特別害のないやつ程度にしか思っていないと認識していたので仲間だと思ってくれていたなんて…。もう可愛さ倍増です。猫はどうしたら人間を思い通りに操れるかを知っているというのも激しく同意です。家族全員、愛猫のたまにみせるデレにはメロメロです。挙げ句の果てに一緒に飼っている犬まで操っている節があります。というのも以前、何度かウチのワンコが何かを訴えてきたので着いて行ったら猫用の水が無くなっていたり、お砂を変えなければいけない状態だったということがありました。偶然か、それともウチのワンコが勝手に世話を焼いただけかとも考えましたが、もしかしたら猫に言われて私を呼びに来たのかもしれないと思ったら面白かったです。しかし、操られていたとしても憎めないそれが猫です。むしろ、これからも喜んで操られてやろうと思いました。
人気のキーワード