三毛猫にオスが多い理由

三毛猫にオスが多い理由

三毛猫は、日本では良く目にする毛色の猫です。三毛猫独特の柄の雰囲気は、いかにも「和」を感じさせてくれ、見ているとほんわかさせられます!和猫を代表すると言っても過言ではない三毛猫、どんな特徴があるのでしょうか?

961view

三毛猫にオスが少ない理由

日向ぼっこする三毛猫

カラー遺伝子の組み合わせでメスが生まれる

三毛猫のほとんどがメスなのは、オスメスを決める染色体にある、カラー遺伝子によります。カラー遺伝子の組み合わせにより毛色が決まるようになっているのですが、三毛猫の正常な遺伝子の組み合わせでは、メスが産まれるようになっています。

オスの三毛猫は生殖機能が弱い

三毛猫のオスは非常に珍しいですが、存在します。三毛猫のオスは生殖能力がない事が多いので、生殖能力を持っている子は更に珍しい存在になります。ただ、生殖能力を持っているからと言って、オスの三毛猫が産まれやすい訳ではなく、確率は変わらないようです。

オスの三毛猫は突然変異!

ある研究機関では、三毛猫のオスは突然変異で産まれていると推測されています。正に偶然の産物と言った所でしょうか。

三毛猫は雑種だけではなく、純血種の三毛猫も産まれます。キャリコと呼ばれる事が多いのですが、そのような猫は数千万円の値がつくなど、高値で取引されています。一見、三毛猫に見えても、実は違う事も多いようですので、もし購入する際には本当に三毛猫なのか、確認はした方が良さそうです。

三毛猫の特徴

こちらを見る三毛猫

三毛猫とは、その名の通り三色の毛色が混ざった猫の事です。基本的には、白・茶色・黒の三色です。三毛猫のほとんどがメス猫で、オス猫は非常に珍しい存在です。日本では頭数の多い毛色ですが海外では珍しい傾向にあり、「キャリコ」などと呼ばれています。

三毛猫の性格

見つめる三毛猫

三毛猫は、どんな性格をしているのでしょうか?傾向を見ていきましょう!

プライドが高い

三毛猫のほとんどがメスな事から、一般的なメス猫の性格がそのまま三毛猫の性格と言う事が出来ます。プライドが高く、少しツンとしている所があるようです。

気分屋さん

これも一般的な猫に当てはまる性格ですが、自分の気が向く時は甘えてくるけれど、気が向かない時は飼い主が近付いてもそっぽを向いてしまうような所があります。猫は元来犬とは違い、飼い主に合わせるよりも自分中心に生きる所がありますので、飼い主が三毛猫の気分に合わせてあげる事が必要になります。

三毛猫一度心を許すと・・・♡

心許すまでは警戒心を解きませんが、一度信頼した人には甘えてくる傾向があります。今まではツンツンしていた三毛猫が、急にスリスリしてくるようになったら、信頼された証拠です。これまでとは違った一面を見せてくれる事でしょう!

三毛猫は「ザ・お猫様」!!

三毛猫の性格は、総じて正に『猫』という事が出来るでしょう。猫がどういう生き物なのかを知りたい時は、三毛猫を観察していると参考になるかもしれません。もちろん、性格には個体差がありますので、同じ三毛猫でも気が強い子や臆病な子など、様々です。あなたの三毛猫はどんな性格の特徴があるのか、違いを楽しんでくださいね♪

きちんとしたペットショップなどの場合は大丈夫でしょうが、特に個人間での取引などでは注意した方が良いでしょう。写真を持って獣医師に相談するなどする事をオススメします。

活躍中の三毛猫達

寝そべる三毛猫

人間に寄り添って生きる三毛猫の中には、活躍した猫もいます。

三毛猫ブームに火を付けた!「たま駅長」

和歌山県の貴志駅にて、約8年駅長として活躍した「たま駅長」は、貴志駅発展のみならず、猫ブームの火付け役としても活躍しました。元々は駅で飼われていた母猫が産んだ子でしたが、その当時から駅を訪れる人に可愛がられていた、アイドル猫だったようです。残念ながら2015年に惜しまれながら他界しましたが、今もその名は人々の心に刻み込まれています。

良かったら動画をどうぞ!たま駅長の貫禄ある姿を見る事が出来ます♡

出典:https://www.youtube.com

三毛猫俳優!「みーすけ」

様々な映画に出演している「みーすけ」は、珍しいオスの三毛猫です。元野良猫ですがあるTVCMに出演し、その貫禄たっぷりの演技が注目を集め、多数の映画にも出演しています。圧倒的な存在感に、共演した俳優や監督も絶賛だとか。存在自体が珍しい上に演技の才能もあるなんて、凄過ぎですね!!

みーすけ様のオフショットが見られます♡肉球アップも、ありますよ〜!

出典:https://www.youtube.com

南極観測隊、タロ、ジロ、そして三毛猫のタケシ!?

1956年第一次南極観測隊に同行した樺太犬のタロジロはあまりにも有名ですが、実は「タケシ」というオスの三毛猫も同行していました。三毛猫のオスは航海のお守りになる、という事で、ある女性がタケシを観測隊に贈ったのです。

タロジロを始めとした犬はソリを引くなどして活躍していましたが、タケシはひたすら隊員を癒す働きをしていたそうです。タロジロは隊員達が乗る小型雪上船に乗れず昭和基地に残されてしまったのですが、タケシは体が小さかった為、隊員達と一緒に乗船出来、無事日本へと帰ってきました。帰国後は隊員の家にてお世話になる予定でしたが、行方不明になり、その後の消息は分からなかったそうです。

お役御免とばかり、自由な暮らしを楽しみに消えたのか、これ以上世話にはならないよ、とばかりに姿を消したのかは誰にも分かりません。不思議な猫ですね。タケシの話は、「こねこのタケシ」という絵本になっています。是非一度、読んでみたいものですね!!

三毛猫と言えば・・・「三毛猫ホームズ」

あまりにも有名過ぎる、赤川次郎氏作の推理小説、「三毛猫ホームズ」。同作に出てくるホームズは、メスの三毛猫です。実在の猫ではありませんが、著者が飼っていた三毛猫の「ミーコ」がモデルとなっています。本家の「シャーロックホームズ」を凌ぐ巻数となっており、ドラマにもなるなど、非常に人気のある作品です。読んだ事がある方も、多いのではないでしょうか?

三毛猫に関するまとめ

うちわと三毛猫
  • 三毛猫にオスが少ない理由はカラー遺伝子によりメスしか産まれないようになっているため
  • 三毛猫のオスは繁殖機能が弱く、繁殖しても同じようにオスの三毛猫が産まれる訳ではないから
  • オスの三毛猫は高額で取引される事がある

三毛猫の性格やオスが少ない不思議について、まとめてみました。人間に貢献してくれた三毛猫も、沢山いましたね。ねこ駅長のたまの葬儀は、なんと海外メディアまで報道したようで、徳の高い猫だと言われていたそうです。人間と付かず離れず、寄り添ってくれる猫という存在は、小さいけれど大きいな、と感じさせてくれます。今度三毛猫を見かけたら、ちょっと見る目が変わりそうです(笑)。

スポンサーリンク

人気のキーワード