シャム猫の性格や特徴について

シャム猫の性格や特徴について

優雅で高貴な印象のシャム猫。高貴で気高い性格のイメージがあるのも、実は昔はタイの王族しか飼う事を許されていなかったからではないでしょうか?シャム猫と言えば、性格以外にも顔や耳など、部分的な濃い毛色をと、透き通るブルーの目が思い浮かびます。外見のイメージはしやすいですが、シャム猫は一体どんな性格をしているのでしょうか?

651view

シャム猫の特徴

こちらを見るシャム猫

シャム猫はタイ原産の猫種で、長い間秘密にされてきた、と言われています。体格はスーパーモデルのようにスマートで、アーモンド型のブルーアイがとてもキレイです。シャム猫には、「トラディショナル」と「モダン」の2タイプが存在し、トラディショナルは丸みをおびた体とリンゴのような形の頭をしています。モダンは長細い胴体を持っています。

被毛の色は「ポイント」と呼ばれる顔や耳、尻尾などの一部分が色付く特徴的なカラーをしています。産まれた時は真っ白ですが、成長と共に徐々に色付いていくのが面白い所です!

シャム猫の性格の傾向5つ

遠くを見るシャム猫

さて、本題のシャム猫の性格ですが、どんな傾向があるのしょう?

おしゃべり

シャム猫は良く鳴く猫です。飼い主にこうして欲しい、という事を良く訴えかけてきますので、家では静かにまったりと過ごしたい方には、あまり向いていないかもしれません。逆に、シャム猫のお世話を焼きたい方には、向いていると言えるでしょう。シャム猫のおしゃべりを楽しめるのなら、お互い良い伴侶になれますよ!

構ってほしがり屋

常に自分を見て欲しい、という欲求があるので、飼い主の側を付いて回ったり、座った時はひざに乗ったりと、とても可愛らしい一面を見せてくれます。また、夜は布団の中に潜り込んでくるかもしれません。

きっと、飼い主の事が大好きなのですね♡常に自分が飼い主の注目を集めていたい、という要求があるようですが、他のペットとも一緒に暮らす事は可能です。もちろん家族にとっても、お子さんがいらしても、全身全霊で愛を表現してくれる、愛すべきパートナーとなる事でしょう!

頭が良い

シャム猫は高い知能を持ち、身体能力も高いです。遊ぶのも大好き♪ですから、おもちゃには頭を使うものと、体を使うものを揃えてあげると良いでしょう。例えば、穴の中にボールなどが入っていて掘り堀りするおもちゃや、体を動かして遊ぶようなおもちゃなどです。

頭と体、両方を使えるようにしてあげると、きっと満足してくれるはずです。飼い主としてのシャム猫からの評価が高まるよう、頑張りましょう!(笑)

寂しがり屋のいたずらっ子

シャム猫を放っておくと、いじけてしまいます。なるべくお留守番も短い時間の方が望ましいのですが、仕事などでどうしても家を開ける事が多い場合は、出来ればもう1匹、もしくは他のペットを迎えてあげると良いでしょう。

いたずら好きな面もありますので、ティッシュやトイレットペーパーで遊んでぐちゃぐちゃになっていたり、勝手に何かが録画されていたりと、困った事になるかもしれません。家を空ける時には、シャム猫がいじりそうなものは極力閉まっておきましょう。賢いので、引き戸などは開けてしまうかもしれません。ドアロックを付けるようにした方が無難でしょう。

好奇心旺盛で活発

シャム猫は、大人しくじっと座っているような猫ではありません。四六時中何かに興味を持ち、活動しています。もし、飼い主の側にいない事があったら、水道に夢中になっているか新しい隠れ場所を探しているか、もしくは棚を開けるのに一生懸命になっているかもしれません。テレビを見ている事もあります。

シャム猫が退屈しないように、色々なおもちゃを用意してあげたり、小さなボールを取ってこさせたり、アジリティーコースで遊ばせても良いでしょう。リードを付けるトレーニングをして、お散歩に出かけても良いですね!!シャム猫は頭が良いので、オヤツを使いながら忍耐強く訓練をすると、きっとリードを付ける事を覚えてくれます☆愛猫とのお散歩、楽しそうですね♪

まとめ

寝そべるシャム猫

シャム猫の性格、お分かり頂けましたか?優雅な姿とお茶目な行動に、虜になってしまう飼い主さんも多いとか。百聞は一見にしかず、一度一緒に暮らしてみて、どれだけおしゃべりなのか確かめたい気もしませんか?「猫に膝に乗られたい!」という方には、オススメです!(笑)是非、仲良くなっちゃってください☆

スポンサーリンク

人気のキーワード