猫にお酒は絶対NG!誤飲してしまった時の対処法とは?

猫にお酒は絶対NG!誤飲してしまった時の対処法とは?

酒を飲んで酔っ払った猫・・・想像すると可愛いですが、もしも猫がお酒を飲んでしまうと、大変なことになります!絶対に猫にお酒を与えてはいけません。ほんのちょっとが命を脅かすことになるのです!今回は、猫にとってお酒がどのくらい危険なものなのか、詳しく解説したいと思います。

636view

目次
猫にお酒はNG!その理由は・・・
もし猫がお酒を飲んでしまったら?その症状は・・・
猫にとって致死量になるお酒の分量は?
もしも愛猫がお酒を誤飲してしまったら?
猫がお酒(アルコール)を摂取するのは口からのだけではない!
猫のお酒の誤飲を防ぐために

猫にお酒はNG!その理由は・・・

猫とお酒

猫の身体は私たち人間とは大きく異なります。私たち人間が美味しく食べられるものでも猫にとっては有害であることもあるのです。特に猫の肝臓はアルコールを分解することができません。分解されずに体内に残ったアルコールは有毒物質そのものです。ですから猫にはアルコールをほんの少量でも与えてはいけないのです。

なぜ猫がお酒を欲しがるのか?

猫は「お酒が美味しい」と思っているわけではありません。猫は好奇心の強い動物であるため、飼い主さんの食べているものや飲んでいるものに興味を抱くのです。匂いを嗅ぐだけということもありますが、実際に口にしてしまう猫ちゃんもいるようです。

もし猫がお酒を飲んでしまったら?その症状は・・・

猫と氷枕

実際に猫がお酒を飲んでしまった場合は以下のような症状が起こります。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 震え
  • 呼吸数の低下
  • 意識障害
  • 昏睡状態
  • 心肺停止

アルコールは中枢神経に作用して、私たち人間が酔っ払ったときのような症状を引き起こします。軽度の場合は嘔吐、下痢だけで済むこともありますが、重症の場合には呼吸数が低下し、昏睡状態になり、そのまま命を落としてしまうのです。たとえ助かっても肝臓などの内臓に大きな障害が残ります。

猫にとって致死量になるお酒の分量は?

注射

猫の身体は人間に比べると圧倒的に小さい上に、その肝臓はアルコールを分解することができないので、ほんのちょっとが致命的です。

具体的には体重1Kgあたり5.6mlで重篤な症状が出ます。

小さじ1杯で5ml、大さじ1杯で15mlですから、体重が3Kgの猫であれば、スプーン1杯のアルコールを摂取しただけでもかなり危険であるということです。もちろんお酒の種類や度数によって差はありますが、アルコール度数10%のお酒の場合、50mlで致死量に値します。

平均的なお酒の度数は、ビール:4~6度、日本酒、14~16度、ワイン:10~15度、焼酎:25度、ウイスキー:38~42度、ブランデー:38~42度、となっています。ほとんどお酒の度数は10%より高くなっています。

もしも愛猫がお酒を誤飲してしまったら?

猫とワイン

飲んでしまった量にもよりますが、ちょっと舐めてしまった程度であれば、眠くなるくらいで済むことが多いそうですが、様子が少しでもおかしいと感じたらすぐに獣医に診せるようにしてください。素人判断での応急処置は行わず、まずは獣医に電話をして事情を説明するようにしましょう。どうしても夜間に診てくれる獣医が見つからない場合、アルコールは体温を低下させるので、毛布などでくるんで保温して安静にさせてください。

猫がお酒(アルコール)を摂取するのは口からのだけではない!

アルコールスプレー

「アルコール=お酒」というイメージがありますが、アルコールはお酒以外にも消毒液などにも使用されています。室内の殺菌スプレーやウェットティッシュにもアルコール成分が入っていますから、猫の手の届かないところに保管するなどの注意が必要です。また、猫は体が濡れることを嫌い、濡れた部分を舐める習性があります。怪我をした部分に消毒する際にもエリザベスカラーを使用して、アルコールが口に入るのを防いでください。

猫のお酒の誤飲を防ぐために

お酒

まず、猫のいる部屋でお酒を飲むときには、お酒の入ったグラスを残して席を立たないように心がけてください。猫は好奇心から、飼い主さんが食べているものに興味を示し、アルコールを飲んでしまうこともあります。また、よくあるのが、うっかりお酒をこぼしてしまい布巾を取りに行っている間にこぼれたお酒を猫が飲んでしまったというケースです。お酒を飲むときにはこぼさないよう注意することはもちろんのこと、近くに布巾を置いておく方がいいですね。

そして、もう一つ。万が一、猫がお酒を飲んでしまった場合にはすぐに病院へ連れて行くことになると思いますが、私たちがお酒を飲む時間帯はたいてい夜の場合が多いですよね。ですから、あらかじめ夜間でも診察してくれる動物病院を調べておくことも大切です。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード