猫がトイレでしない 失敗する原因と対策

猫がトイレでしない 失敗する原因と対策

猫がトイレでしないのには何か原因があるのか、なにか治す方法はあるのか、どんなことに気をつければよいかと考えます。猫がトイレでしないことで悩んでいる方もいると思います。猫がトイレでしないわけを詳しく解説しますので、お役立てください。

788view

猫がトイレでしない原因

猫とトイレ

猫がトイレでしない理由

  • 気に入ったものに自分の臭いをつけたいと思っているから
  • トイレの周辺、トイレが気に入らない
  • トイレが汚れている
  • 生活環境の変化
  • 寂しさ
  • 泌尿器系の病気
  • 泌尿器系の老化や認知症

猫は犬と違いトイレの砂場で排泄します。トイレでしないのには何かのメッセージが隠されているはずです。老化や病気の疑いもあるので、猫がトイレでしない理由を知って理解しておきましょう。

猫の習性でマーキング行為があります。不安になったり、多頭飼いを始めたりするとマーキングのスプレーと言われる、濃いおしっこを壁などにかけて縄張りを主張します。メス猫も発情に誘発される場合もあります。多頭飼いの場合は、他の猫に慣れてもらう、不安にならないようにするなど対処してあげましょう。スプレー行為をした場合は、きれいに臭いを取る必要があります。

猫がトイレでしない場合の対策方法

子猫とトイレ

猫がトイレでしないのには様々な理由があげられます。猫がトイレでしてくれないと飼い主さんも困ります。猫がトイレでしない場合は対策をし、猫がトイレでしないことをなくしましょう。また、病気など異変にも気づくことが多いので猫がトイレでしないことを理解して対策してみましょう。

特定のクッション・毛布などに排泄してしまう場合

  • 猫が排泄してしまうものをしまっておく
  • 排泄してしまったら速やかに洗い臭いを消す

猫がトイレでしない原因には心地いい感触のものでクッションやタオル、毛布などがあげられます。また服や靴、ビニール袋や紙類もニオイが気に入って居心地がよくなってしまいます。居心地がいいと排尿したくなり、何度も排尿を繰り返し猫がトイレでしない原因になってしまうこともあります。原因となるものを片付け、消臭スプレーなどで完全に臭いを消さないと、猫がトイレでしないままになってしまうので注意してください。

トイレの周辺、トイレが気に入らない

  • トイレの置き場所:落ち着ける場所に変更する
  • 落ち着ける場所:静かで暗い所

猫がトイレのトレーに対して嫌悪感があったり、猫の大きさに合っていなかったり、猫砂が気に入らなかったりすることもあるので、いろいろ試してみて、猫が抵抗なくトイレでできるよう整える必要があります。
トイレの置き場所は落ち着く場所にしてあげましょう。静かで暗い所においてあげると落ち着いてトイレでしてくれる場合があります。

トイレが汚れている

  • 猫はとてもきれい好きで汚いトイレでは排泄をしない
  • トイレはこまめに掃除をする
  • トイレの数を増やす

トイレは排便や排尿を取るだけでなく、猫砂をまめに変えて本体を水洗いし清潔に保つ必要があります。猫はとてもきれい好きです。トイレの清潔には気をくばる必要があります。多頭飼いの場合は、トイレの数を増やしましょう。他の猫のにおいがついているとそれだけで嫌がる猫もいるので、多頭飼いの場合は注意が必要です。

生活環境の変化

  • 自分が使っていたものが変わると不安になる
  • トイレの容器を頻繁に変えない
  • トイレの場所を頻繁に変更しない

猫は環境の変化に敏感です。引っ越しはもちろん、部屋の模様替えをしただけでの環境の変化で不安になります。猫が今まで使っていたものを使うことにより自分のにおいがついているので安心します。ある程度環境に慣れるまでは今まで使っていたものを使うようにしましょう。また、トイレの設置場所を頻繁に変えると安心して排泄ができなくなりますので、トイレの場所を頻繁に変える事はしないようにしましょう。

寂しさ

飼い主さんに構ってもらっていないと寂しさでストレスになりトイレでしなくまってしまいます。忙しくても猫も家族の一員なので可愛がってあげたり、遊んであげることで寂しさを感じさせないように心掛ける必要があります。部屋に段差をつけ、隠れる場所やキャットタワーを置くだけでもストレスが抑えられます。

泌尿器系の病気

  • 病気でトイレを我慢している可能性
  • おしっこの色・臭いに変化はないか
  • 排泄時痛みを感じていないか

トイレをするときに鳴いたりしていないか、おしっこの色に変化がないか気に掛ける必要があります。トイレの時に鳴いているときは排尿時に痛みを感じている場合があります。こうした兆候があるときは獣医師に相談し検査してもらうことが大事です。

泌尿器系の老化や認知症

  • 老猫の場合は寝起き、食後にトイレに連れて行ってあげる
  • 認知症になるとトイレの場所を忘れたりする
  • 排泄をする事を忘れてしまう

7歳くらいになってくると、老化の兆候が見られる場合があります。水を飲む量が増え、排尿をしにくそうにしていたら病気かもしれません。老猫は病気にも注意が必要なので、定期的な検査を受けるように心がけるようにします。認知症の場合は、トイレも場所が分からなくなることがあり、排尿をする行為を忘れてしまうこともあります。寝起きや食後はトイレに連れて行ってあげるとよいです。

トイレの縁は低いものに変えて、寝床の近くにトイレを置くだけでも効果的です。老猫は足腰の関節炎で自由がきかない場合があります。ペット用おむつの着用も考え、いたわりながら生活する環境を作ってあげてください。

猫がトイレでしないとき叱っていいの?

密閉型トイレと猫

猫がトイレでしないときは決して叱ってはいけません。叱ったことにより、排尿がいけないことと認識してしまうことがあり、猫がトイレでしない原因となってしまう可能性もあるのです。叱られたことにより排尿を隠れた場所でするようになったり、排尿を我慢して泌尿器系の病気にかかってしまう場合があるので、猫がトイレでしないときは、原因がないか見極め工夫する必要があります。

トイレ以外で排尿をしてしまったら、においが残っているとトイレだと勘違いして猫はまた排尿してしまいます。消臭スプレーなどを使い、臭いを取り除ききれいに掃除しましょう。

猫がトイレでしないまとめ

トイレに座る猫
  • 1.お気に入りの物に自分の臭いをつけたいと思っているから
  • 2.トイレの場所が落ち着けないから
  • 3.トイレが汚いから
  • 4.トイレの場所が変わったから
  • 5.寂しくて構ってほしいから
  • 6.トイレをするとき痛いから
  • 7.認知症だから

いかがでしたか?猫がトイレでおしっこ・うんちをしない理由について考えられるものをご紹介しました。猫がトイレでしないのには、きちんとした原因がありました。原因を作っているのは飼い主さんなのかもしれません。普段から猫ちゃんの事を観察し、落ち着ける場所や体の不調などを早めに気付き対処してあげる事でもっと猫ちゃんと楽しく過ごせるようになるでしょう!

スポンサーリンク

人気のキーワード