小型の猫の種類と平均サイズ。世界最小から有名品種まで

小型の猫の種類と平均サイズ。世界最小から有名品種まで

小型の猫は、どの位の大きさなのか、意外に知られていないと思います。それから、小型の猫を飼育してみたいけれど、どんな種類が小型の猫なのか、分からない方もいると思います。小型の猫のこと、大きさや種類、特徴などをまとめてみました。

966view

小型の猫の種類とサイズ

小型の猫

小型の猫は、小さくてかわいいですよね?小型の猫は、どの種類の猫なのか?また、成猫になると、どの位の大きさになるのか?まとめてみました。

  • スキフトイボブテイル(オス約2kg、メス約1.7㎏)
  • シンガプーラ(オス約3㎏、メス約2.5㎏)
  • ミヌエット(ナポレオン)(オス約3㎏~4kg、メス約2㎏~3kg)
  • マンチカン(オス約3kg~4.5kg、メス約2kg~3.5kg)
  • アビシニアン(オス約3kg~4.5kg、メス約2.5kg~3.5kg)

など小型の猫をまとめました。この猫種以外にも、小型の猫種はいますが、比較的身近な小型の猫を、まとめてみました。それから猫は、オスに比べてメスの猫の方が、小柄な事がわかりました。

世界最小の小型猫「スキフトイボブテイル」!

世界

小型の猫の中でも、一番小さい猫種のスキフトイボブテイルについて、調べてみました。

小型の猫、スキフトイボブテイルの歴史

スキフトイボブテイルは、1980年代のロシアで産まれました。シャム猫を、品種改良して産まれたそうです。それから、キャットショーなどで人気が高まり、徐々に頭数も増え、2011年に国際的に認められ、世界最小の猫のスキフトイボブテイルとして、認定されました。最近認定されたばかりの、新しい猫種ですね。

スキフトイボブテイルの特徴

スキフトイボブテイルの体の特徴は、身体が小さく、尻尾は「ポンポンテイル」と呼ばれ、短い尻尾が特徴です。目の形は、アーモンドの形をしていて、瞳の色はサファイアブルーです。被毛は、シャム猫の特徴のポインテッドカラーで、口、耳、四肢、尻尾に濃い色が入っています。シャム猫を見た目は、シャム猫に似ています。
世界最小の猫と言われ、成猫でもとても小型です。

  • オス約2kg
  • メス約1.7㎏

スキフトイボブテイルは、小さいですね。どの位小さいか、猫の平均体重(3.6 ~4.5 kg)と比べてみました。猫のオス一匹の平均体重(4.5㎏)は、スキフトイボブテイルのメス(約1.7㎏)2匹分の体重と同じくらいになります。スキフトイボブテイルは、小さい事が分かりますね。

スキフトイボブテイルの性格

スキフトイボブテイルの性格を簡単にまとめてみました。

  • とても人懐っこく、甘えん坊
  • 警戒心が薄く物怖じしない
  • 好奇心が強く、活発

などです。
スキフトイボブテイルを、飼育するときに気を付けたいことは、甘えん坊なのでお留守番があまり得意ではなく、ストレスになることがあります。ストレスに気を付けましょう。また、スキフトイボブテイルは活発な性格なので、運動できる環境を作りましょう。猫は、上下運動が好きなのでキャットタワーなど利用すると良いですね。

小型中で最も有名な猫「シンガプーラ」!

マーライオン

小型の猫で、最も有名なシンガプーラです。そのシンガプーラについてまとめました。

小型の猫、シンガプーラの歴史

シンガプーラは、シンガポールの野生の猫だと言われています。体が小さいので、下水溝の中でネズミを捕って暮らしていました。過去に「ドレインキャット」と呼ばれていたこともあります。ドレインとは、下水道という意味だそうです。

シンガプーラは、シンガポールに赴任していたアメリカ人の夫婦が、この猫をアメリカに持ち帰りブリーディングしたのが、シンガプーラの始まりです。そして、1988年に純血種「シンガプーラ」として血統が公認されました。成猫になっても、小型の猫なので「小さな妖精」という愛称もあります。

シンガプーラの特徴

シンガプーラの、特徴は、小型の猫です。

  • オス約3㎏
  • メス約2.5㎏

猫の平均体重(3.6 ~4.5 kg)と比較して分かるように、とても小さいです。それから、シンガプーラの被毛はキラキラと光る象牙色の毛並みのようだと言われています。カラーは、セーブル(セピア)のみになります。目は、大きくアーモンド型でアイラインがあります。目のカラーは、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパーです。

シンガプーラの性格

シンガプーラ

シンガプーラの性格を簡単にまとめました。

  • とても大人しく
  • 甘えん坊
  • 好奇心旺盛
  • 運動神経も良い
  • 少し臆病

などです。

シンガプーラの性格で、気になるところは、少し臆病なところです。臆病なので、慣れない人や動物は、苦手で神経質になることもあるそうです。その為シンガプーラは、多頭飼いはあまり向いてない猫種だそうです。

それから、シンガプーラは狭い場所がとても好きです。小型の猫なので外敵から身を守るための本能なのか、どこにでも入ろうとします。家具や家電など、危険な場所に、猫が入り込まないように気を付けましょう。

小型の猫をお勧めする理由

見上げる子猫

猫を選ぶときは、どんな特徴の猫を選ぶか、飼い主の方との相性などいろいろな事を考慮した上で、飼育できる猫を選ぶと思います。その中に、猫の大きさも猫を選ぶときの重要なポイントになると思います。近年は、住環境も変わり、ペットにあまりスペースを確保するのが難しくなってきていると思います。また、ペットの鳴き声の問題などもあり、最近は、小型の猫で、静かな猫などが好まれる傾向になってきました。

小型の猫だと、飼育するのも楽になります。例えば、猫を抱っこするのも体重が軽く、高齢の方や子供にも楽に抱っこできます。また、猫を連れての移動(動物病院の通院など)も楽になります。猫と遊ぶのも大きい猫に比べると、小型の猫の方が、楽ですね。

また、猫のお手入れも、大型の猫に比べて小型の猫の方が、時間がかからず簡単に済みます。
それから、小型の猫はやっぱり小さくてかわいいですね。成猫になっても、子猫のようなかわいさが残ります。このように小型の猫は、良い所がたくさんありおおすすめです。

まとめ

子猫達

小型の猫は、猫の平均体重に比べると、とても小さく、小型の猫の2匹分の体重と猫の平均体重が同じになります。世界最小の猫は、スキフトイボブテイルです。小型の猫で有名なのは、シンガプーラです。小型の猫は、可愛い容姿で、飼育しやすく、近年人気があります。

スポンサーリンク

人気のキーワード