マンチカンの成猫はどのぐらいの大きさ?体の特徴や人気の秘密

最近、大人気のマンチカン。成猫になってもチョコチョコと歩く姿が可愛らしいですね。マンチカンを我が家に迎えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。これから長く生活を共にする大切なパートナーになるのですから、マンチカンが成猫になった時のことを知っておくことは大切です。ここでは、気になるマンチカンが成猫になったときの大きさや特徴、かかりやすい病気などをご紹介します。

1311view

目次
マンチカンの成猫の大きさと猫種の特徴
マンチカンが成猫になるとどんな性格になる?
マンチカンの成猫になるのはいつ?いつまで生きられる?
マンチカンの成猫に多い病気
まとめ

マンチカンの成猫の大きさと猫種の特徴

見上げるマンチカン

マンチカンの大きさ

猫は、だいたい生後1年ぐらいで成猫になります。気になるマンチカンが成猫になった時の大きさを他の猫種の成猫の大きさと比べてみましょう。

  • マンチカン 体重約3~5キロ 
  • シャム  約3~6キロ 
  • スコティシュフィールド  体重約4~7キロ 
  • 日本猫 体重約4~8キロ  
  • アメリカンショートヘア  体重約6~8キロ 
  • ヒマラヤン 体重約4~8キロ  
  • ペルシャ 体重約4~8キロ  
  • メインクーン 体重約7~10キロ  

マンチカンの成猫は、大型のヒマラヤンやペルシャ、メインクーンなどの半分ぐらいの体重で、日本猫やアメリカンショートヘアなどよりやや小さく、シャムと同じぐらいの大きさに成長するといった感じでしょうか。

マンチカンの体の特徴

足が短いのが特徴のマンチカンは、成猫になっても足が10センチメートルぐらいの個体もいます。ですが、実は足長のマンチカンもいます。マンチカンの足の短さは遺伝子の突然変異によるものなので、遺伝子の特徴により足長のマンチカンが生まれてくることもあるのが普通なのです。

マンチカン誕生までの歴史の中で、マンチカンはいろいろな種類の猫と交配されてきました。そのため、マンチカンの成猫にはあらゆる毛の長さや色、尾の形や長さ、体形などが認められています。バラエティに富んだ姿こそ、マンチカンの魅力の一つでもあります。

マンチカンの歴史

マンチカンのルーツは1980年代にさかのぼり、アメリカのルイジアナ州のトラックの下にいた足の短い猫だと言われています。この突然変異で生まれた短足猫の子孫がブリーダーの手にわたり、マンチカンの育種が始まりました。マンチカンの純血種の育種はまだ歴史が浅く、そのためマンチカンを猫種として公認していない団体もあります。

マンチカンが成猫になるとどんな性格になる?

寝転がるマンチカン

マンチカンは行動的

一般的に、マンチカンは成猫になってもジャンプや木登りなどが得意、活動的で好奇心旺盛です。小さいのに思いのほか筋肉質。足が短いマンチカンも運動に不自由なことはありません。小回りがきくので、かえって活発なほどです。足が短いマンチカンは重心がとりやすく、後ろ足で踏ん張って2本足で立つのも得意です。

マンチカンは成猫になっても好奇心旺盛

マンチカンは好奇心旺盛なので、成猫になってもおもちゃで遊ぶのも大好き。家のあちこちを歩き回り、興味を示すことも多いようです。他の猫にも興味を持ち、いっしょに遊ぶのも大好きです。マンチカンは穏やかな性格で社交的なので、他の猫との同居も問題ありません。

マンチカンは成猫になっても甘え上手

人にも良く懐き、飼い主に甘え上手なマンチカンが多いようです。ただ、人間にも個人差があるように、マンチカンの性格も子猫から成猫になるまでに育った環境や性差に大きく左右されますので、飼い主は飼っているマンチカンがどのような性格かよく観察して対応してあげましょう。

マンチカンの成猫になるのはいつ?いつまで生きられる?

芝生のマンチカン

猫が成猫になるのは1歳~1歳半と言われています。マンチカンについてもこの1歳を過ぎた年齢で成猫になったと言えるでしょう。また、一般的な猫の寿命は、10~16年と言われています。ただし、家猫と野良猫では寿命も異なりますし、猫の種類によっても異なります。

マンチカンの平均寿命は11~13年と言われ、平均的な猫の寿命に比べれば短めです。けれども、20歳まで生きたマンチカンの成猫もいるそうです。飼い主がしっかりと健康管理をしてあげれば、平均寿命が短いマンチカンの成猫も長く生きられるということです。

どんな猫でも言えることではありますが、マンチカンの成猫を長生きさせる上で大切なのは、病気の予防と病気の早期発見です。予防接種や定期検診を欠かさないようにしましょう。

マンチカンの成猫に多い病気

歩くマンチカン

遺伝病を防ぐ方法はありませんが、その他の病気は飼い主の健康管理次第で防げます。10歳を超えたぐらいの老齢期に入った成猫のマンチカンは、次のような病気に気をつけてあげましょう。

椎間板ヘルニアに注意!

マンチカンは足が短いので、どうしても足の病気になることが多いです。犬のダックスフントは胴が長いので四肢に体重が重くかかって背骨が耐えきれなくなることが多く、椎間板ヘルニアになりやすいのですが、猫のダックスフントといわれるマンチカンも同様です。

椎間板ヘルニアを予防するには、肥満にならないことが大切です。しっかりと体重管理をしてあげましょう。1歳ぐらいまでの子猫は欲しがる時に餌を与えてもいいのですが、マンチカンが成猫になったら、カロリーの高いものを与えるのは避け、食事の回数も制限し、食べ過ぎに注意してあげましょう。

毛球病に注意!

猫は体の毛を舐めて毛繕いをしますが、この時自分の毛を飲み込んでしまいます。この飲み込んだ毛が毛玉になり、大きくなって消化管内に詰まって吐くことも便として排出することもできなくなる状態を毛球病といいます。毛球病になると、食べてもすぐ戻したり、食欲不振になったりしてやせ衰えてしまいます。

重度の場合は、開腹手術が必要になります。予防は、猫の体内に毛を取り込ませないことです。特に毛の長いマンチカンの成猫には、ブラッシングをこまめにしてあげましょう。

まとめ

窓際のマンチカン

好奇心旺盛、行動的で甘え上手、成猫になってもちょこまかと歩く姿が可愛らしいマンチカンと良い関係を築くには、飼い主がその特徴を知って上手に付き合ってあげるのが大切ですね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード