ブリティッシュショートヘアの飼い方

ブリティッシュショートヘアの飼い方

ブリティッシュショートヘアの飼い方で大切なのは健康管理です。ブリティッシュショートヘアの飼い方や特徴を理解し家族の一員として迎え入れましょう。ブリティッシュショートヘアの飼い方を詳しく解説していますのでお役立てください。

650view

ブリティッシュショートヘアを飼う時準備する事

ブリティッシュショートヘアの顔

飼う前に用意するもの

  • トイレ用品
  • キャットフード
  • 専用の食器
  • 爪とぎ器
  • お手入れ道具(爪切り、ブラシなど)
  • おもちゃ
  • キャリーバック
  • 首輪

ブリティッシュショートヘアは環境に対応でき、飼いやすい猫です。初めて猫を飼われる方は、飼い方で何が必要なのか事前に用意しておく必要があります。

また、今まで飼われていた方でも、初めてのブリティッシュショートヘアの飼い方では何を準備した方がいいのか悩まれることもあります。

ブリティッシュショートヘアの飼い方で必要なものを準備し、迎え入れることで早く環境に慣れて、快適に過ごせるようにしておきたいです。

ブリティッシュショートヘアの飼い方で注意すること

寝そべるブリティッシュショートヘア
  • ①運動できるスペースが必要
  • ②高タンパク・高カロリーの食事でしっかり運動させる
  • ③静かな環境で飼う事

ブリティッシュショートヘアは見た目はずんぐりむっくりで顔は丸みがあり、筋肉質でがっしりしています。性格はのんびり屋さんで穏やかなので、あまり活発に運動しないように見えますが、ブリティッシュショートヘアの飼い方で重要なのが運動です。見かけによらず身体能力があり、とても運動好きな猫なので、運動できるスペースを設けたほうがよいでしょう。

スペースなどがどうしてもない場合は、運動不足にならないように、キャットタワーを用意しひとりで遊べる空間を設けるようにしたほうがよいでしょう。また、おもちゃなども用意し運動不足でストレスがたまらないようにしたほうがよいです。

ブリティッシュショートヘアは筋肉質な猫です。飼い方で注意が必要なのは食事です。高タンパク質、高カロリーの食事が筋肉質な身体を作っていますが、食事だけ与え十分な運動をしないと肥満になってしまいますので、ブリティッシュショートヘアの飼い方では運動や食事には十分気を付ける必要があります。

ブリティッシュショートヘアは穏やかな性格ですが、騒がしい場所が苦手なので、道路の車の通りが激しい所より静かな環境で飼わないとストレスになってしまうので、注意が必要です。

ブリティッシュショートヘアの飼い方で大切なしつけ方

横になるブリティッシュショートヘア
  • ブリティッシュショートヘアは賢いのでしつけがしやすい!
  • 褒められるのが大好き!
  • 遊んでいる時に褒めてあげると運動不足を解消できる
  • 飼い主の言葉を理解し学習する
  • 褒める時のコツ:抱っこキライなので撫でてあげるのがよい

ブリティッシュショートヘアの飼い方でしつけをつけるには、ブリティッシュショートヘアの性格を理解することです。ブリティシュショートヘアは温厚で穏やかな性格な猫です。しつけをしながらの飼い方のコツとしては、ブリティッシュショートヘアは賢いのでしつけやすいと言われています。また、ブリティッシュショートヘアの飼い方で褒められることが大好きな猫なので一緒に遊んであげたときに上手に遊べたときは褒めてあげましょう。遊ぶことの楽しさを知ることで、成猫になったときに運動量が減ったとしても、遊ぶ楽しさが身についていれば遊ぶことで運動不足を解消することができます。運動で肥満を予防することも重要なので、楽しさを身につけさせ、肥満や病気予防に役立たせる必要があります。

ブリティッシュショートヘアは他の猫に比べ、飼い主さんの言う事を理解し聞きます。叱ったり、褒めたりすることで学習します。メリハリをつけることが大事なので、叱るときはしっかり叱ると二度としなくなります。褒めるときは、ブリティッシュショートヘアは抱っこされることが苦手なので、頭や体を優しく撫でてあげましょう。トイレのしつけで失敗することが少ないのですぐ覚えてくれるので、かしこく飼いやすい猫です。

ブリティッシュショートヘアの飼い方で注意したい病気

見つめるブリティッシュショートヘア
  • ①糖尿病
  • ②胃腸炎
  • ③皮膚炎
  • ④巨大結腸症

ブリティッシュショートヘアを飼う上でできるだけ病気にかからないようにするには、飼い方を理解する必要があります。かかりやすい病気を知ることで予防できることもおおくありますので、ブリティッシュショートヘアの飼い方として覚えておくとよいです。

糖尿病

適度の食事と運動を心掛け、肥満に気をつけます。成猫になると運動量が減り、筋肉質な体つきなので肥満になりやすいです。定期的に健康診断を受けるようにしたほうがよいです。

胃腸炎

食事の際は、常に新しい水やキャットフードを与え食器の清潔に保つ必要があります。ウイルス性の胃腸炎には有効なワクチンがあり、予防ワクチンの接種を受けることも大事です。

皮膚炎

皮膚炎にはアレルギーが原因のことが多くみられます。ブリティッシュショートヘアが日常過ごすところは清潔に掃除することで防ぐことができます。アレンゲン検査でアレルギーが特定することで、排除することができ予防につながります。

巨大結腸症

日常的に運動できる環境を整えます。キャットタワーでいつでも好きな時に運動できるようにすると運動不足になりません。トイレも清潔に保つよう環境作りに気をつけることが大切です。

ブリティッシュショートヘアの病気は比較的飼い主さんの飼い方で防ぐことができます。長く一緒に過ごすためには環境を整え、清潔に保つことが大事です。また、おもちゃなどでスキンシップをとることで、ブリティッシュショートヘアの変化にも気づきやすいので、予防し、病気にかかっても早期発見できるよう心掛けたいです。

ブリティッシュショートヘアの飼い方のまとめ

ブリティッシュショートヘアの全身
  • 飼う前に必要な物をそろえておく
  • 静か・落ち着ける場所を用意しておく
  • 運動出来るスペースを用意
  • 頭が良いのでしつけがしやすい
  • 褒める・叱る時のメリハリをつける
  • 褒めてあげる時は抱っこではなく、頭などを撫でてあげる事
  • ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気を知る
  • 食事は高タンパクな物を与え、しっかり運動させる

ブリティッシュショートヘアはおっとりしていて初心者でも飼いやすい猫ちゃんです。飼い方のポイントは静かな場所でくつろげるようにし、適度な運動をさせる事を心がける事です。とても頭が良いので飼い主さんの言葉を理解してくれます。しつけをする時は叱る時と褒める時のメリハリをしっかりするとうまくいきます。

ブリティッシュショートヘアを飼うには食事、運動に気をつけ、静かな場所で飼うようにしましょう。家族の一員に迎え入れる準備をし、ブリティッシュショートヘアが住みやすい環境を整え、一緒に楽しく過ごせるよう心がけましょう。

女性 Keiko

賢いねこちゃんで、しつけができるとは...‼︎性格もおっとりしていて、優しいイメージがあるブリティッシュショートヘアーですが、さらに飼いやすそうですね。聞き分けもいいのであれば、色んなねこちゃんの困り事などがネックになってねこちゃんを迎え入れる決心がつかない方や、初めてねこちゃんと一緒に暮らすかたにはいいかもしれないですね。確かに、知り合いが飼われているブリティッシュさんも、病院でなにか処置が必要な時に、大人しくしてね、と言うと処置が終わるまでちゃんと暴れたりせずにいられるそうで、いつも褒められると言っていました。もちろん他のねこちゃんができないわけではないですが、ブリティッシュさんのあの穏やかな性格をみると賢いこともうなずけます。

スポンサーリンク

人気のキーワード