猫の瞬膜が出っぱなしなのはどうして?理由や原因は何?

猫には瞬膜というものがあるってご存知でしたか?猫の瞬膜は、猫にとっては第三の瞼とも言われている、大事な器官です。猫の瞬膜には私たちの知らない、いろいろな役目があります。今回は猫の瞬膜のことについてご紹介いたします。

403view

猫の瞬膜ってなに?

子猫の目をケアする

瞬膜とは、猫の目の目がしら側にある、白い膜の事を指します。これは普段は目がしら側に少しだけ見える程度で、まばたきをすると一瞬だけ伸びているのを見ることができます。

なぜ瞬膜があるの?

この瞬膜はそもそも、猫の眼球を守る為にあります。猫には私たち人間と違って、まつ毛が上まぶたにしかありません。そのため、瞬膜によって眼球を乾燥やゴミが入るのから守ったり、目に入った異物を外に出したりする役割があります。

どんな時にみられるの?

普段は目がしら側に少し見えている程度ありますが、目を瞑った時にまぶたの下の眼の全体を覆うように膜を張られます。そのため目を開ける瞬間に見えるときがあります。この時は何の問題もないのですが、それ以外の時にしっかり瞬膜が見えているのはもしかしたら何かしらの異常がある可能性があります。

猫の瞬膜が見え切っているときに考えられる異常は?

猫の目の検査

先ほど記述したように、猫の瞬膜が通常時にも多く見えてしまっているときは何かしらの異常がある可能性が大きいです。片目だけの時や、両目とも瞬膜が見え切っているときもあるので、よく注意して観察しましょう。

異物が目に入ってしまったことによる損傷

例えば目の中に異物が入ってしまい、それが原因で炎症を起こしてしまっていることが考えられます。眼は基本的にはむき出しなので、異物が入ってしまうと眼球が腫れたりするのでそれで瞬膜が突出してしまうのです。また、猫同士のケンカによって傷がついてしまった場合も同様に炎症を起こすこともあるようです。これらは異常が起きている側の眼がなるので、片目だけのことが多いようです。

結膜炎になってしまっている

結膜炎とは、白目とまぶたの裏の膜におきる炎症です。これにかかってしまうとまぶたの裏の膜が腫れるので何となく目が大きくみえ、それで瞬膜が押し出されるので瞬膜が突出します。これにかかると猫も目を気にしていることも多いようなので、その際は瞼を確認してあげましょう。

感染症にかかってしまっている

眼だけでなく、例えば感染症にかかっていたり、寄生虫が潜んでいたりする場合、それによって引き起こされる症状の中に、瞬膜の突出があります。全身症状なので両目ともに瞬膜が突出していることが多いので、もし両目ともになっていたら気をつけましょう。

ストレスがかかっている

猫の体や心に過度のストレスがかかっていても瞬膜が突出してしまうことがあります。瞬膜は薄く、ストレスが出やすく分りやすい箇所でもあります。この時の瞬膜の突出は両目になります。

猫が瞬膜に異常が出ていたらどういう行動をする?

寝そべる猫

猫にとって、瞬膜への異常が出てくると、なにかしら行動を起こすことがあります。例えば

  • 瞬膜の違和感を気にして、手をしきりに目の前に動かす
  • 落ち着かずにうろうろとする
  • 鳴き声で訴える

などの行動に出る子もいるようです。
猫にとって瞬膜は、猫自身では確認をする事のしにくい箇所です。注意深く確認して、異変を早めに見つけてあげられるように気を付けましょう。

猫の瞬膜に異常が出ていたらどうしたらいいの?

顔を覆う猫

猫の瞬膜に異常が出ていたら、動物の医療機関への受診をおすすめします。瞬膜の異常は前述のとおり、様々な原因で起きるため、放置しておいて良いことはありません。猫ちゃんの健康状態のためにも必ず病院に連れてい行きましょう。いつどんな原因で異常が起きるか分かりませんので、かかりつけの獣医さんを見つけておくとスムーズになるでしょう。

怪我や異物が原因だった場合

猫の瞬膜の異常の原因がケンカによる怪我だった時は、怪我の治療と点眼薬による処置をされることが多いようです。異物が入った場合の時も、原因になっている異物を取り除き、点眼薬などを使用して炎症を抑える処置をしてもらえることが多く、これらは重症でない限りはほとんど問題なく元の健康な瞬膜に治る子がほとんどのようです。

感染症やストレスだった場合

こちらが原因だった場合、前述の怪我などが原因である場合よりも治るのに時間がかかったり、難しかったりすることがあります。治療の方法も、点眼薬だけでよい場合もありますが、まず感染症などで起きてしまっている症状自体を治療する必要があるので、抗生物質を使ったり、点眼薬のみの治療ではないこともあるようです。
この場合、感染症やストレスの原因が治療されれば、瞬膜の異常も治るケースがほとんどのようです。

重症化してしまうと大変!

瞬膜の異常は、普段から猫ちゃんとよくスキンシップをとって、よく観察していると、かなり早く見つけることができます。ちょっとでもおかしいな、と思ったら早めに獣医さんに見せないと、悪くなってしまいます。あまりに悪化してしまうと、元の瞬膜に戻らなくなってしまい、手術が必要になってしまう事もありますので、猫ちゃんの為にも普段から注意しましょう。

まとめ

白目が見える猫

いかがでしたか?瞬膜について参考にすることができたでしょうか?瞬膜は猫ちゃんにとって大事な第三の瞼です。病気のサインが出やすい瞬膜、猫ちゃんのために時々、しっかり見てあげてくださいね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター