猫が吐く原因や注意したい症状とは?病気の可能性や対策法まで

飼っている猫が突然吐いて、びっくりした経験はありませんか?人間が吐く事は何らかの体の異常がある事が多いですが、実は猫はよく吐く動物なのです。ですので猫が吐くのは異常ではない事が多々あります。もちろん、中には危険な嘔吐もありますので、注意が必要です。この記事では、注意が必要な嘔吐と問題のない嘔吐との違いや、対策法をお伝えします!

407view

猫の嘔吐とは?

転がる猫

愛猫が急に吐いたら、ビックリしますよね?実際に動物病院の来院理由が「嘔吐」である事は多いそうです。電話で問い合わせても、「診てみないと分からない」と言われる事もしばしばです。これは、嘔吐の原因には様々な病気の可能性があり、実際に猫を診て検査をしたり、問診を行わないと判断がつかないからです。

猫は基本的に吐きやすい動物なので、異常ではない生理的な嘔吐の場合も多いのです。獣医師でさえ、生理的な嘔吐と異常のある嘔吐の判断には迷う事がある、と言います。原因を突き止めるには、普段の愛猫の様子と何が違うのかを、はっきりと獣医師に伝える事が大切です。

猫が吐く時は前足で上半身を支えて、腹筋を収縮させます。この時に、「カコカコ」「ポコポコ」というような音がでます。頭を前に突き出して口を大きく開けたら、発射準備完了です!愛猫を良く観察していると、吐くタイミングが分かると思いますので、床を汚さないようにすかさず敷物を出せると良いですね。良く吐く猫ちゃんの場合には洗面器などを用意しておくと、掃除が楽になるでしょう。

猫の吐く原因には2つの種類がある

吐いた後の猫

問題のない生理的な嘔吐と異常な嘔吐は、どのように違うのでしょうか?

異常ではない生理的な猫の嘔吐

ただ単にご飯を食べ過ぎた時や毛玉を吐き出す時、猫草を食べた時などに嘔吐する事があります。食べたものを吐き出した時は、生理的な嘔吐と見て良いでしょう。体質的に毎日必ず嘔吐する猫もいます。それでも、検査を行っても何も異常が見つからない、という事もあります。我が家の猫もたまに毛玉を吐き出しますが、キジトラで毛が茶色いので、一瞬う○ちかと思ってビックリする事があります(笑)。心臓に悪いです・・・

猫は獲物を丸飲みして食べるので、「嘔吐反射」が弱くなっています。人間はのどの奥に刺激が加わると、「おぇっ」となりますね。ですが猫はその反射が弱く、吐きやすいのです。獲物を丸飲みするのにいちいち「おえっ」となっていたら、とても食べていられないですものね。嘔吐反射が弱い事で、ドライフードなどの固形物も水がなくても飲み込めるのですが、食べ過ぎて気がついた時には吐いてしまうのです。食道付近の構造も、嘔吐しやすい構造になっています。ですから猫が吐いたからと言って、異常ではない事があるのです。

注意が必要な猫の嘔吐

何かしらの異常がある場合の嘔吐で、気をつけた方が良い場合についてお伝えします。猫が吐いて心配になっている方がいましたら、これから挙げる項目を一つずつチェックしてみてください。

  • 猫の嘔吐物の中に回虫がいる
  • 猫が吐こうとしても何も出ない
  • 猫の嘔吐物に血が混じっている、黄色い
  • 1日3回以上猫が嘔吐している
  • 続けて3日以上猫が嘔吐している
  • 嘔吐物から薬品の匂いがしている
  • 猫が食事後に必ず吐く
  • 猫が嘔吐後にぐったりして元気や食欲がなくなる
  • 猫の体重の減少
  • 今まで吐いたことのない猫の嘔吐

上記のうち、1つでも当てはまったら動物病院に行き、受診する事をオススメします。猫が何かの病気にかかっていて嘔吐する事もありますし、誤飲や中毒、寄生虫、食品アレルギーなども原因となります。なるべく早く受診して、猫の嘔吐の原因を突き止めてあげましょう。

吐く症状の出る猫の病気

何かの病気で嘔吐が起こる事は良くあります。嘔吐の原因となる病気には、どのようなものがあるのでしょうか?

猫の胃腸に関する吐く病気

がん、毛球症、炎症性腸疾患、食道炎、巨大食道症、突発性腸管運動障害、膵炎、胃潰瘍、腸重責、急性胃炎、回虫などによる感染症、食物アレルギーなどがあります。

猫の胃腸以外の吐く病気

子宮蓄膿症、甲状腺機能亢進症、腹膜炎、高カルシウム血症、糖尿病、中枢神経疾患、腎疾患、肝疾患、水腎症、横隔膜ヘルニア、前立腺炎、熱中症など。

猫の上記以外の吐く原因

ストレスや乗り物酔い、薬の副作用、異物の誤飲なども嘔吐の原因となります。

人間の場合は胃腸が原因となっている事が多いですが、猫の場合は胃腸以外の所に原因がある事の方が多いようです。病気以外でも、フードを変えた時や気温の変化が急激な時期なども吐く事が増える傾向にあります。

生理的な猫の嘔吐への対策法

指を噛む猫

病気が原因で猫が嘔吐している時は、獣医師に治療をお任せするしかありませんが、生理的な嘔吐に対してはある程度、嘔吐させないように工夫する事が出来ます。

猫が毛玉を吐く時

毛繕いをする事で猫は毛を飲み込んでいます。この飲み込んだ毛が体内に溜まると、吐き出して排出させようとします。毛玉を吐かないようにさせるには、飲み込む毛の量を減らしましょう。それには、マメなブラッシングが1番です。愛猫とのスキンシップにも繋がりますし、猫も血行が良くなり部屋もキレイに保てると好い事ずくめです。特に長毛種の場合は毛が体の中に詰まってしまう「毛球症」になりやすいです。毛球症を防ぐためにも、マメなブラッシングを行ってあげましょう!!

また、毛玉対策用のフードを食べさせるのも対策法の一つです。便と共に毛を排出させやすくしてくれます。毛玉対策用フードは各メーカーから販売されていますので、愛猫に合ったフードを選んであげると良いでしょう。

猫がご飯を吐いてしまう時

食べ過ぎで吐いてしまう時は、ご飯を小分けにして与えるようにしましょう。1日に与える量は変えずに回数を増やして、1回に与える量を減らします。おやつのあげ過ぎにも注意が必要です。

量や回数を調整しても吐く場合は、フードが合っていないのかもしれません。添加物が大量に入っていないか、年齢にあったフードか、主原料が動物性タンパク質かをチェックしましょう。主原料については、フードのパッケージに記載されている原料の1番前に、動物性タンパク質が書かれていればOKです。主原料が穀物などの場合もあるので、その時には動物性タンパク質が1番最初に書かれているものに変えてあげましょう。

その他、ドライフードの形状によっても吐く事があります。粒が大き過ぎて喉にひっかかり吐く事が考えられます。少し小さめの粒のフードに変えてみて、様子をみましょう。空腹過ぎて吐く場合もあります。小分けにしてマメに与える事で、防ぐ事が出来るでしょう。

猫の誤飲誤食を予防する対策

観葉植物や猫用おもちゃ、ボタンやビニールなど、猫が誤飲しがちなものは沢山あります。観葉植物には猫にとって毒性があるものが多いです。かろうじてパキラなどは大丈夫なようですが、出来れば置かない方が、愛猫にとっては安全です。

その他にも猫用おもちゃについているヒモやビニールなども誤飲してしまう事があります。我が家の猫も、猫じゃらしのひもをかじって飲み込んでしまった事がありました。遊ばない時は、猫の手が届かない場所にしまうようにしましょう。ビニール袋も感触が良いのか、かじるのが好きな猫がいます。誤飲しないように注意が必要です。

ボタン電池などは、飲み込んでしまうと危険ですので、絶対に猫の手が届く場所には置かないようにしましょう。その他、ゴキブリやセミ、カエルなど、割と家庭にもいるような虫を食べて、寄生虫に感染する事があります。留守中など防ぎきれない事もありますが、なるべく食べさせないようにした方が無難です。

我が家でも帰宅した時に、ゴキブリさんと思われる脚が散乱していた事がありました・・・。愛猫が食べてしまったとは想像したくありませんでしたが、証拠物件が上がっていたので、疑う余地はありませんでした(汗)。一度保護してからしばらくして、寄生虫が出てきた事があったので、もしかしたらその時のゴキブリさんから貰ったものだったのかもしれません・・・。

猫が吐く時は止めないで!前兆を見極めよう

動物病院に連れて行かれる猫

嘔吐されると飼い主さんにとっては掃除が手間になりますね。ですが猫の嘔吐を止めてしまうと、排出されるはずだった毛玉などが体内にとどまり、余計に病気となってしまう可能性があります。確かに掃除の手間はかかりますが、猫の嘔吐は止めないようにしてください。「カコカコ」などの吐く前兆の音がしてきたら、洗面器などを置いて、なるべく床が汚れないように対策していきましょう!

猫が吐くことのまとめ

猫が吐くとびっくりする

猫の嘔吐について、考えさせられますね。愛猫が突然吐いたら、誰だってビックリします。でも慌てず、異常がある嘔吐なのか、それとも生理的嘔吐なのかを考えてみましょう。とは言っても判断は獣医師でも難しい所がありますから、「おかしい」と感じた時は、受診するようにしましょう。嘔吐物の写真を撮るのも有効です。あまり美しいものではありませんが、愛猫の健康の為、撮影しておくと良いでしょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

おすすめ記事

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター