猫アレルギーの原因や症状を押さえる対策

猫アレルギーの原因や症状を押さえる対策

猫アレルギーを持っている人からすると、可愛い猫が近くにいるだけでアレルギー症状が出てしまい、とても辛いですよね。一体、なぜ猫アレルギーが出てしまうのでしょう?アレルギーを治す治療法はないのでしょうか?そんな疑問を解決していきます!

667view

猫でアレルギー症状が出る原因

猫アレルギーのアレルゲン

猫アレルギーの原因は、「Feld1」という猫の皮脂腺から分泌される糖タンパクだという事が分かっています。「Feld1」の他にも、7種類のアレルゲンが発見されていますが、「Feld1」と「Feld4」というタンパク質が特に影響が強いようです。「Feld4」は、唾液に含まれています。

「Feld1」は猫の顔周辺にある脂腺や肛門腺、唾液腺から分泌される為、猫が好む顎や首を撫でると「Feld1」が人間の手に付着します。「Feld4」は唾液に含まれていますので、猫が毛繕いをした際に毛やフケなどに付着して空中に飛び散り、猫アレルギーの症状がでます。

これらのアレルゲンは非常に小さく、花粉やハウスダストの10分の1程度しかありません。ですからとても飛び散りやすく、猫を飼っていない家庭でも検出される事があるようです。

猫アレルギーの症状

猫アレルギーが原因のくしゃみ

猫アレルギーの症状は花粉症や風邪の症状に良く似ています。目のかゆみ、鼻水、くしゃみ、のどの痛みや咳、皮膚にかゆみが出る事もあります。その他にも胸がひゅーひゅー言ったり、目の腫れ、胸の締め付け感なども・・・。猫に舐められるとその部分がかゆくなる、家に入っただけで危険を感じる、などアレルギーを持つ人には顕著に症状が出る事がほとんどです。

猫アレルギーの検査方法

猫アレルギーの検査

猫を飼ったけれども家族にアレルギーが出て、泣く泣く手放した・・・という話は良くあります。実はそれが猫の殺処分にも繋がっている事もあるのです。猫アレルギーはあまり無視できない問題です。飼う前に必ず、猫と同居する予定の家族全員、猫アレルギーがないかの検査をした方が良いでしょう。猫アレルギーの検査には、3つの方法があります。

猫カフェなどで接触してみる

近所の野良猫に接触してみるのも手ですが、野良猫は病気や寄生虫がいる事がありますので、あまりオススメは出来ません。知人に猫を飼っている人がいれば、ちょっとお邪魔させて貰うのでも良いですし、家族全員で行くのは気が引ける・・・という方は、猫カフェに出向くのも良いでしょう。

ただ、数回の接触では、たとえアレルギーを持っていたとしても症状が出ない事があります。1ヶ月以上かけて、最低でも10回は猫と接触する必要があります。それは難しい・・・という場合には、下記にご紹介する病院での検査がオススメです。

病院での検査

内科や皮膚科、アレルギー科、耳鼻科などでアレルギーの検査を受ける事が出来ます。猫アレルギーの検査は、少量の血を採取する「RAST検査」か皮膚の表面を軽く針で差す「プリックテスト」が有効と言われていますが、RAST検査については感度はあまり高くないようです。

検査だけでなく、実際の猫との接触と合わせて行うと有効でしょう。医師が必要と診断したアレルギー検査については保険適応がされますが、それ以外の場合は保険適応されない事があります。保険適応外の場合には検査項目数によっては費用が高額となる事もあります。保険適応の有無、検査費用については、事前に受診する病院に確認をとるようにしてくださいね。

市販の検査キット

薬局や通販サイトなどで、市販の検査キットを購入する事が出来ます。ご自身で指先から血液を採取して、検査機関に送ります。病院に行く時間がない方には手軽に出来て便利ですが、アレルギーのレベルがどの程度か分からなかったり、各項目の説明がなかったりする場合もあるようです。詳しい説明やアレルギーの程度まで知りたい場合は、時間を取って病院で検査をした方が良いかもしれません。

費用は検査する項目数により異なりますが、6千円〜3万円程度です。口コミを見ていると、意外と採血に手間取る方が多いようです。失敗する事もあるようですので、ご心配な場合にはやはり病院での検査を受けた方が確実に検査は出来るでしょう。

猫アレルギーの対策

猫のブラッシング

猫アレルギーを起こさない対策として、1番有効なのは猫を飼わない、という事ですが猫好きな方には酷ですよね。次の方法を実践する事で、猫アレルギーの症状が緩和される可能性があります。

抜け毛対策を行う

定期的なブラッシングをして部屋に舞い散る抜け毛を減らす事で、アレルギー症状を軽くする事が出来ます。100%とは言えませんが、抜け毛をなるべく出さないのに越した事はありません。ブラッシングをして落ちる毛を少なくする、毛が落ちていたらマメに掃除する、服などについた毛を取り除く、といった対策を行いましょう。

室内環境を整える

猫と暮らす空間を整えると、アレルゲンとの接触を減らす事ができますので、それだけアレルギー症状も出にくくなるでしょう。

  • 猫を触った後は手洗いをする
  • 猫の立ち入り禁止場所を作る
  • HEPAフィルターを使う
  • 枕、カーテン、シーツ、ぬいぐるみなどを定期的に洗う
  • カーペットではなく、フローリングにする(※猫に負担をかけないよう、滑り止め対策も行う)
  • 壁を拭く

などが挙げられます。いずれも猫の毛やフケなど、アレルゲンが付着しているものを排除する事が大切です。とは言え、せまい隙間に毛などが入り込む事があり、完全に排除するのは難しいでしょう。

それでも、何もしないよりかははるかに良いです。実際に家の中を清潔に保つことで、猫アレルギーを持つ家族がいても猫と一緒に暮らせた例もありますので、是非実践されてみてください!!

猫をシャンプーする

猫を週に1〜2回シャンプーすると、それだけアレルゲンの発生を防ぐ事は出来ます。ただ、シャンプー嫌いの猫も多く、頻繁に猫を洗う事は猫にとって負担となりかねません。愛猫がシャンプー好きならば実践してみても良い方法ですが、もしシャンプー嫌いの場合には、できれば避けた方が良い方法です。

猫アレルギーの最新治療方法

猫アレルギーの治療

猫アレルギーの原因となるアレルゲンは特定されていますが、アレルギー症状が起こるメカニズムは完全には解明されていません。ですから、現状で猫アレルギーを根本的に治す治療法はなく、あくまでも投薬で症状を軽くする、対処療法になります。

ただ、猫アレルギーについての研究は進められており、将来的にはアレルギー症状をピンポイントで抑えたり、根治出来る方法が実現する可能性はあります。海外では「減感作療法」という治療法の研究がされています。この治療法ではあえてアレルゲンに触れさせる事で、徐々に体を慣らしていきます。

この方法が確率されれば、そのうち日本でも適応されるようになるかもしれません。猫アレルギーの根治に繋がる、希望ある治療法として期待されています。

猫アレルギーが出にくい猫種

サイベリアン

ロシア土着の猫、サイベリアンはアレルゲンの「Feld1」の分泌が少ない猫、と言われています。ですが、これについては研究結果が出ており、確かにサイベリアンのうち、半数は「Feld1」が少ない事が報告されています。逆に言えば半数は普通の猫と変わらない、という事です。

実際に猫アレルギーを持つ家族がいて、サイベリアンを飼った所アレルギー症状が出ない、または軽微だった、という事実もありますが、「Feld1」の分泌が少ないサイベリアンと出会えるのは2分の1の確率と言う事です。
ただ、これはアメリカのサイベリアンのデータなので、日本にいるサイベリアンの血統では、また違う結果が出る可能性もありますので注意が必要です。

サイベリアン以外にも、コーニッシュレックスやオリエンタルショートヘア、バリニーズやスフィンクス、デボンレックス、ベンガルなどもアレルゲンの値が少ない傾向がある、というデータがあります。濃い毛色よりも薄い毛色の方がアレルギー症状が出ずらい、というデータもあるようです。が、全くアレルゲンを持たない猫はいません。

アレルゲンを出さない猫を作出しよう、という動きもあったようですが、人間にとってはアレルゲンでも、猫にとっては大切な働きをしている可能性もあり、人間の都合だけで猫を変えるのは良くありません。猫に責任を求めるのではなく、人間側で出来るだけの対策をして防いでいきたい所ですね。

まとめ

猫と子供

愛らしく、時にひょうきんな表情を見せてくれる猫。我が家は幸いにも猫アレルギーを持つ家族はいませんが、アレルギーが猫の殺処分の理由にもなっている現状を考えると、アレルギーに対する研究がより進む事を祈らずにはいられません。

愛すべき猫と、人間が楽しく健康に暮らせる未来の実現が、近い話でありますように!

人気のキーワード