猫が涙目になる原因と対処法

猫が涙目になる原因と対処法

常に涙を流していたり目の下が濡れていたりと、猫が涙目な時ってありませんか? 猫が涙目の時はもしかしたら何らかの病気にかかっている可能性があります。猫が涙目になる原因とその場合の対処法を紹介したいと思います。

382view

猫が涙目になる原因

猫の目

人間は嬉しい時や悲しい時に涙を流すことがありますが猫は悲しくて涙を流すという事はありません。それでは、猫が涙目になっていた場合、どのような原因が考えられるのでしょうか?

  • 外的要因によるもの
  • アレルギー反応
  • 目の疾患
  • 先天的要因

主に考えられる原因は上記のような要因です。
猫が涙を流す原因としてまず挙げられるのが、目に異物が入ってしまったり猫同士のケンカにより角膜を傷つけてしまったりしている場合。猫に目に傷や異常が見られる場合はこの要因が考えられます。」

更に排気ガスや煙などの刺激物質により涙の分泌量が増えていることもあります。もしかしたら生活環境によるアレルギー反応で涙が出ているかもしれません。

その他には細菌やウイルスによる目の病気や先天的な理由がありますがいずれにしても猫が涙目になっているのは異常のサインであることがほとんどです。
では目の疾患にはどんなものがあるのでしょうか?

猫が涙目の時に考えられる疾患

猫の横顔

結膜炎

涙を流す病気の中でも多いのが結膜炎です。細菌やウイルスが原因で炎症をおこす場合と、異物などが目に入ったことによる外傷が原因で炎症をおこす場合があります。放っておくと目ヤニがでたり腫れたりして悪化してしまいます。他の猫にもうつしてしまう可能性が高いので早めの治療が必要です。

角膜炎

角膜炎も細菌が角膜の炎症を引き起こす場合と外傷的な原因があります。例えば爪でひっかいてしまったり、まつ毛や目の周りの毛が原因になったりする場合があります。

最初は軽度でも激しい痛みで目をこすってしまい更に傷を悪化させてしまう可能性があります。重症化すると失明してしまう恐れがあるのでこちらも早期治療するようにしましょう。

流涙症

流涙症は涙目とも呼ばれ、目の表面を保護するための涙の循環が何らかの原因で上手くいかず涙が目からあふれてしまっている状態のことを言います。常に目の下がぬれている、目ヤニがでている、涙やけがあるという症状がある場合は流涙症が疑えます。

特にペルシャやヒマラヤンのように鼻が低い短頭種は先天的にもかかりやすいので注意が必要です。

眼瞼内反症

瞼が内側に入り込んでしまう病気です。涙を流したり、光をまぶしがったり、瞼が痙攣する症状が起こります。原因としては感染や外傷による後天的なものと生まれ持った先天的な二種類にわけることができます。症状が悪化すると他の病気を併発してしまう可能性があるので症状がある場合は病院へ行きましょう。

※紹介した病気は一部のものなので涙を流したり目をこすっていたり目ヤニがでるなどいつもと様子が違う場合は早めに病院で診てもらいましょう

猫が涙目にならない為の予防法と対処法

目のケアをされている子猫

予防法

  • ワクチンの接種
  • 目の周りの汚れをこまめに取り除く
  • 室内を清潔にする
  • 清潔な手で触るようにする

細菌やウイルスはワクチンをすることで予防が期待できます。目ヤニなどをそのままにしておくことで感染症になってしまうことがあるので不潔にしないようにしましょう。

また、室内を清潔して、ノミやハウスダストが要因のアレルギーにならないようにするもの大切です。他の猫を触ったあとには飼い主自身が手洗いや消毒をして愛猫に病気をうつすことがないように気を付けましょう。

猫の目アップ

対処法

上記でも述べましたが、基本的な予防・対処法は患部を清潔に保つ事です。涙や目ヤニが出た場合はそのままにせずこまめにガーゼやウェットティッシュで優しく拭きとってあげて下さい。

また、こまめに拭きとることで、感染はもちろん、臭いや涙やけなどの被毛の変色を防ぐことも出来ます。ただし、決して無理にふき取ることがないように注意して拭きとるようにしましょう。

猫の涙目に関するまとめ

このように猫が涙を流している時は異常があるサインであることがあります。ただゴミが入っただけなら一時的なものなので心配いりませんが、ゴミが気になって目をこすっているうちに目を傷つけてしまうこともあるかもしれません。日頃から飼い猫の様子を観察してあげることでちょっとしたサインを見逃さないようにしましょう。

そして、猫の涙目の病気は早期治療が大切です。いつもと違うなと思ったときには早めに病院へ行くことをオススメします。

スポンサーリンク

人気のキーワード