茶トラってどんな猫?性格と特徴について

茶トラってどんな猫?性格と特徴について

人懐こくて温厚、甘えん坊でちょっと小心な性格と、ほんわかとした明るめの毛色が日本人の心を掴むのか、人気のある「茶トラ」。「トラネコ」といえば縞模様のある猫を思い浮かべる人が多いと思いますが、「茶トラ」はそのトラネコの一種です。果たして、日本人のハートをわし掴みにする茶トラとはどんな猫なのでしょう?

7796view

茶トラとは

隠れている茶トラ

「茶トラ」とは、雑種の猫で、きつね色の毛色と縞模様を持った猫の事です。「なんだ、雑種かぁ〜」と思うのはまだ早いです!!実は「茶トラ」は日本人に人気があり、タレント猫としても活躍している事が多いのです!

そう言われてみれば、あのCMの猫もあのドラマに出ている猫も「茶トラ」だ・・・と思い当たる事も多いはず。里親希望の人も「茶トラ」を指名する人がいる位、雑種の中でも人気があるのです。さて、早速「茶トラ」についてみていきましょう!

茶トラの種類

毛づくろいしている茶トラ

茶トラには、どんな種類があるのでしょうか?

まるどら

全身が「茶トラ柄」、すなわちきつね色の被毛に覆われ、茶色の縞模様があります。あごだけ白くなる事も多いです。鼻や肉球は可愛らしいピンク♡少し茶色っぽくなる場合もあります。思わずぷにぷにしたくなっちゃいますね♪まるどらの茶トラは、ほどんとがオスだそうです。

茶白

きつね色部分の方が白い部分よりも多い毛色です。ハチワレになったり、お腹や足先などが白くなったり、様々です。こちらも柔らかい印象ですね。

白茶

白い部分がきつね色の部分よりも多い毛色です。頭や尻尾がきつね色になる事が多いようです。美しい白い被毛と、ところどころに入ったトラ柄が個性的な印象です。

茶トラの性格

石畳に座っている茶トラ

茶トラは一体どんな性格をしているのでしょうか?

甘えん坊

まず良く言われるのが「甘えん坊」です。普通は抱っこを嫌がる猫ですが、こと茶トラに関しては、逆に抱っこをせがむ子もいるとか。特に飼い主さんの育て方によっては、べったりなストーカー猫に成長することも多いようです。愛猫との濃厚なスキンシップをしたい方にはオススメです。

温厚で人懐こい

どうも警戒心が他の毛色の猫より少ない子が多いようで、たとえ野良猫でもお腹を見せたり、グルグルしながら撫でられたりする子もいるようです。来客にも自ら近寄っていく事も。人間にだけではなく、他のペットなどに対しても温厚に接してくれる事もあり、多頭飼いにも向いている、と言われています。

小心者

少し気が弱い所があり、喧嘩は避けて通るとか?機嫌が悪そうな猫がいると、何とか穏便に済ませる事があるようです。中には子猫に威嚇されて、退散してしまう成猫の茶トラも(笑)。安全な事が分かると、とたんにふてぶてしくなるずる賢い面もあるようです。何となく想像出来るだけに、面白いですね!

茶トラのオス・メス

鳴いている茶トラ

茶トラは約8割がオス、と言われています。これは遺伝子の染色体によるものです。メスは数が少ないと言えばその通りなのですが、かと言って三毛猫のオスのようにめちゃめちゃレア、という訳でもありません。

茶トラがかかりやすい病気

迫真の表情の茶トラ

茶トラに限らずですが、一般的に猫がかかりやすい病気をお伝えします。

オスが掛かりやすい病気

糖尿病

糖尿病になる猫の7割はオスなんだとか。肥満度が上がるにつれて糖尿病になる数も増加していきますので、肥満には充分注意しましょう。

尿路結石

これもオスが掛かりやすい病気です。オスはメスよりも尿道が細く、S字に曲がっている為にたとえ小さな結石でも、詰まりやすいのです。なるべく水分を沢山取らせるように、水飲み場を増やすなど、工夫してあげましょう。

猫エイズ、猫白血病

この2つの感染症は噛む事によって感染します。オスの方がメスよりも喧嘩する事が多いので、掛かりやすいと言われていますが、喧嘩をあまりしない傾向にある茶トラについてはどうなのでしょうか?ですが、気をつけるに越した事はありません。完全室内飼いにしたり、ワクチン接種をしたりして、予防に勤めましょう。

メスが掛かりやすい病気

卵巣や子宮の病気

卵巣や子宮内の腫瘍や子宮蓄膿症などが挙げられます。避妊手術を受ける事で予防になりますが、手術は飼い主さんの判断次第になります。様々な視点から判断をし、愛猫にとってベストな道を選んであげたいですね!

乳ガン

メス猫のお腹全体に乳腺が広がっており、この乳腺にしこりが出来きます。悪性の事が多いです。転移や再発率が高いので、なるべく最初の発情が来る前に、避妊手術を受けさせると発生率をグンと下げる事が可能です。日頃のスキンシップ時に、腹部にしこりが出来ていないかをチェックしてあげましょう。もししこりがあったら、早急に受診しましょう。

細菌性膀胱炎

メスの尿道はオスよりも太く、結石などは詰まりにくいのですが、代わりに細菌が侵入しやすいです。膀胱炎は症状がない事も多いので、特に高齢の猫の場合は定期的に尿検査を受けさせるなど、注意が必要です。

その他の茶トラについての秘密

箱座りの茶トラ

茶トラについて様々な情報を見てきましたが、まだ隠している事がありそうです。

やんちゃ

特に子供時代はやんちゃな子が多いようで、オスになるとそれはもうドタバタと大騒ぎする事もあるでしょう。マンションなど、集合住宅では騒音に注意が必要な事もあるかもしれません。飼い主さんに構って貰うのも好きなので、音には気をつけて、一緒に遊んであげましょう!

太りやすい

食欲旺盛な子が多いと言われている茶トラ。テレビなどに出演している茶トラちゃん達も、そういえばぽっちゃりしている子が多いですね。気をつけないとデブ猫に・・・なんて事にもなり兼ねませんので、愛猫の健康維持の為にも食事や運動管理には気をつかってあげましょう。まぁ、ぽっちゃりも愛嬌があって可愛いのですけどね!

茶トラを迎い入れるには

リラックスしている茶トラ

アメリカンショートヘアやマンチカンなどの「茶トラ風」の猫はペットショップでも手に入るかもしれませんが、生粋(?)の茶トラは、ペットショップなどでは売っていません。ご自身で野良の茶トラを捕獲するか、里親募集を探してみましょう。

茶トラは前述したように割と警戒心が薄く、野良でも懐きやすいので、美味しそうなご飯などで釣りつつ慣れさせてしまえば、保護する事も出来るかもしれません。里親募集が出ていれば確実です。募集件数は割と多く、見付けやすいでしょう。ただ人気がありますので、問い合わせはお早めに。子猫ちゃんの募集も結構ありますよ♡

有名な茶トラたちをご紹介!

威嚇する茶トラ

ブログなどで大活躍!癒されるアイドル的存在として見る人々をきゅんきゅんさせている茶トラ達をご紹介します!

ビビリなツンデレ茶トラ「ウェル」

元々は里親施設にいたウェルですが、優しい飼い主さんとの出会いで無事に飼い猫となりました。ツンデレなお姫様となったウェルは、どんな暮らしを送っているのでしょう?詳しくは下記のリンクからどうぞ☆

↓↓ブログはコチラから↓↓
茶トラ猫・ウェルのツンデレ日記

マイペースなオス茶トラ「ラミ」

お風呂のフタの上で飼い主にお供したり、寝る準備中は側でまっていたりと、完全にべったりなストーカー猫と化している茶トラのラミ(オス)です。ピンクの肉球に癒される事、間違えなしです!!ブログはコチラからどうぞ。↓

↓↓ブログはコチラから↓↓
いつも一緒

マツコデラックスもお気に入り!「ひろし」

元野良猫の「ひろし」の様子を、拾った当初の子猫の頃から動画でアップしています。やんちゃで食いしん坊な所や、一度寝たら人形のように起きない様子など、とっても可愛くてハマっちゃいます!茶トラってこんな感じなのね、というのが良く分かる動画集です!是非一度、ご覧あれ♪

↓↓ブログはコチラから↓↓
Tabby Cat Hiroshi(茶トラ子猫ひろし)成長日記

本にもなった!「もか」

「ちゃとらとはちわれ」という本も出版されている、人癒し猫として大活躍の茶トラ「もか」です。元野良ですが、他にも保護された猫達と一緒に暮らしています。兄弟達とのやり取りが見ていて楽しい、ブログになっています。動画もありますので、要チェックでございます!!

↓↓ブログはコチラ↓↓
ちゃとらとはちわれ

↓↓動画はコチラ↓↓
mochamugi(youtube)

漫画でもご活躍!「マイケル」

保護猫のマイケルは、元祖猫漫画「ホワッツマイケル?」が大好きな飼い主さんと2匹の兄弟と暮らしています。ある猫グッズ雑誌にも漫画で登場している程の有名猫です。老舗キャットフード、モンプチのキャンペーンキャットになった事もあるのだとか・・・。美形なマイケル君に癒されちゃいますよ!!

↓↓ブログはコチラから↓↓
What’s Michael? That's Michael!

インスタグラムで超人気!「ぐっぴー」

テレビや雑誌にも出演している茶白猫の「ぐっぴー」です。少しおデブで困り顔が可愛い、まったりとしたその雰囲気に思わずほっこりしてしまいます。靴が大好きで靴箱に自ら詰まってしまう、ちょっと変わった一面も・・・。とぼけたお顔が何とも言えない、こちらも必見な茶トラです!

↓↓インスタグラムはコチラから↓↓
gupitaro

↓↓ツイッターもありますよ!↓↓

まとめ

寝ている茶トラ

茶トラについて特集してみましたが、いかがでしたでしょうか?いやはや、魅力たっぷりなお猫、茶トラが人気があるのも、分かるような気がします。そのほんわかとした外見だけでなく、おっとりとした性格とちょっとビビリな所がとても可愛らしいですね!既に飼っている方もこれからの方も、思う存分茶トラに癒されて、メロメロになって欲しいと思う今日この頃です〜☆

30代 女性 tonakai

我が家のキジトラは野良出身で、父猫と思われる猫が茶トラです。温厚で人懐っこいということですが、確かにその茶トラ猫も警戒心があまりないようで、私が道を歩いていると後ろから「ちゃっちゃっ」と足音を立てながらマイペースに歩いてきて私を追い越していきました。人に馴れている野良猫がいない地域なので「なんて神経が図太い猫だ」と思ったのと同時に、野良猫の割に太っていたのも印象的でした。どうやらこの辺りのボス猫だったようです。
茶トラの魅力はいろいろあると思いますが、毛色が明るいことで表情が分かりやすいというのもあるのではないでしょうか。明るい茶色の毛色も柔らかなイメージがありますよね。だからタレント猫に多いのでしょうか?ブログで人気の茶トラも多いですね。今よりももっと注目されるかもしれませんね。

40代 女性 ふっくら雀

私は現在、犬を2匹飼っていますが、本当は猫も大好きです。家族は猫が苦手なので、よその猫ちゃんと触れあえるととても幸せです(笑)。

中でも、やっぱり茶とらくんは確かに人懐こいですね!
一番びっくりしたのは、愛犬たちをつれているのに、いきなり塀から飛び降りてきて甘えてきた丸どらのトミーくんとの出会いでした。
餌を持っているわけでも、話しかけた訳でもなかったので本当にびっくりしました。

不思議なことに、トミーくんには何かポリシーがあるらしく、近所の子どもや宅配の人には絶対近寄りませんし、私のように犬をつれていても甘えられる人をどこかで見分けているらしいのです。
しかも、甘えかたがすごいです(笑)
長い尻尾をぴんと立てて、私たちの前にお腹を投げ出すのですから、相当な甘えんぼうです。
ちなみに、私の愛犬たちは猫ちゃんも大好きなので、毎日お互い鼻やお尻でご挨拶しているのも大変可愛らしかったです。
毎日お家の前で待っていてくれて、しばらく遊び、お見送りまでしてくれるのです。
私も、愛犬たちもすっかり日課にしてトミーくんと遊んでいました。

でも、残念ながら私たちは引っ越してしまったので、もうトミーくんに会えなくなってしまいました。彼の柔らかいお腹や、甘え鳴きが聞けなくて私はもちろん、犬たちも寂しがっていました。
今の家の近くにも猫ちゃんはいますが、さすがにトミーくんほどの甘えんぼうさんにはまだ出会えていません。
茶とらくんは、確かに人懐こいのでしょうね。

女性 PIPI

以前飼っていた猫が茶トラでした。ミーシャと言います。温厚で人当たりがすごく良くて、頭もすごくいい子でした。決して人が嫌がる事をしませんでした。ミーシャがわが家に来た時、当時飼っていた甲斐犬のクロがミーシャにすごく吠えましたが、ミーシャは自分からクロにどんどんと近寄っていき、あっという間にクロを手なずけてしまいました。これには家族もすごく驚きました。そう言えば私が子供の時に上映した「子猫物語」という映画の主人公が茶トラでした。後で母親から聞いた話ですが、ムツゴロウさんは映画を撮影するに当たり色々な猫をテストした結果、茶トラがずば抜けて優秀だったと言っていたそうです。温厚な性格でとても賢い茶トラが今なお映画やテレビで引っ張りだこなのがわかるような気がします。

女性 ユキ

うちは過去に1匹、そして現在3匹と計4匹の猫の飼育経験がありますが、そういえば1度も茶トラ猫は飼育したことがありません。

こちらの記事に書かれている通り、ペットショップではお目に掛かれませんし、今まで猫を飼う時は里親という方法で家族に迎え入れてきたのですが、1度も茶トラ猫はみかけませんでしたね。

野良猫=茶トラというイメージは強いのですが、近所にも1匹もいません。今まで飼ったことがなかったこともあり、茶トラ猫の性格はほとんど知りませんでしたが、人懐っこいなら1度は飼育してみたいなと思いました。

また、茶トラはオス猫がおおいとのことで、わたしはメス・オスどちらかというとオス猫派なのでそこも興味深いです^^

女性 ひなママ

茶トラは茶トラでも、いくつかの柄がありますが、その中でも私が1番可愛いと思うのは白茶です!綺麗な白い被毛に、茶色のトラ柄・・・猫好きにはたまりません(笑)

性格が小心者だけど甘えん坊で温厚、とのことで、小さいお子さんがいりご家庭にもピッタリの猫ちゃんだと思います。最初は子供に怯えてしまうかもしれませんが、仲良くなるにつれて、だんだん兄弟のようになっていき、猫と子供が一緒に成長できる、そんなイメージです。

ただ、”太りやすい”というのは最も気を付けたいポイントですよね。確かにたまにネットで見かける茶トラ猫ちゃんは、大柄の子が多い気がします。

愛猫がかわいいからといって、あまやかしてしまうとどんどん巨大化していく可能性があるので、飼い主さんの健康管理が大切になりそうです。

女性 ふーたん

茶トラの子猫を1度動画で見たことがありますが、もう言葉では言い表せないような可愛さで悶絶しました><

オスの茶トラが多いと言われていますが、どうやら”O遺伝子”が関係しているそうですね。日本猫の被毛カラーとしては有名で、かなり多いと言われている茶トラ柄ですが、その多くがオス猫なんですね。

ちなみに、茶トラのメス猫で、さらに長毛種の場合、もっともっと珍しいそうです。そういわれてみれば、茶トラでメス、そして長毛の猫は、わたしは1度も見たことがありませんね。

茶トラでメス猫の場合、確かに珍しいかもしれませんが、性格もツンツンしている子が多いそうなので、やはり茶トラはオスだからこそ、この性格、と言えますね!
人気のキーワード