猫の骨格~あのしなやかな動きの秘密~

猫の骨格~あのしなやかな動きの秘密~

見ているだけで癒されると人気の猫ですが、猫があのしなやかな動きをするためにはどうやら骨格に秘密があるようです。猫の骨格の秘密とは一体どのようなものなのでしょうか?

1852view

猫の骨格

プーマみたいにジャンプする猫

猫といえば4足歩行で頭が通るところならどこでも通りぬけができて、高いところから落ちてもクルンと回りながら綺麗に着地ができて、と動作の特徴をあげるときりがないくらいたくさん出てきます。このような動作を見ていると、骨格が人間と似ているとはとても思いもよりません。

では、猫の骨格は人間とまったく違うのでしょうか?実はそんなことはありません。違いはもちろんありますが、似ているところもあるのです。では、猫と人間の骨格にはどのような違いがあるのでしょう。

骨の数

猫の骨は全部で約240本、人間は約200本なので人間に比べて骨の数は40本くらい多いようです。では、それぞれの部位の骨の数はどうなっているのでしょう。

  • 頚椎は7本で人間と一緒
  • 胸椎は13本で人間よりも1本多い
  • 腰椎は7本で人間より2本多い
  • 仙骨は3本で人間よりも2本少ない
  • 尾椎は4本から24本で人間には3本から5本ある

このように見てみると、体の真ん中、つまり体幹部を通っている骨の本数は違っても同じ構成になっていることがわかります。

骨格と猫の動きの秘密

猫の骨格

猫と人間では、体幹部分の骨が同じパーツで構成されていることが分かりました。しかし、猫のようなしなやかな動きは人間にはできません。では、猫のしなやかな動きの秘密はいったいどこにあるのでしょうか。部位ごとに細かくみていきましょう。

よく「猫の額ほどの庭」などと使われるほど、猫の額部分は小さく見えます。脳はこの額の奥に入っているのですからとても小さいのかと思いきや、実は体重の約1%の重さを占めています。

人間の脳の割合は体重の2%程度なので、そこから考えるとそんなに小さいわけでもないようです。また、動物の知性の指標といわれている脳化指数は人間が7.4から7.5なのに対して猫は1.0で、人間にたとえると1歳から2歳児程度の知能を持っているともいわれます。

胸椎

人間は12本すべてに肋骨がつながっているのに対して、猫は胸椎13本のうち頭側の9本にしか肋骨がつながっていません。

腰椎

猫の柔らかい動きは腰椎の数が多いことに関係しています。前に曲げるのはもちろん、横に曲げたり反ったり丸まったりという姿勢も腰椎の数が多いからできることともいえます。

また、猫はもともと腸が短く、人間に比べると自由に内臓の位置を変えることができるのです。さらに腸が短いことから脊柱で内蔵を支える必要がないということも体の柔軟性に繋がっていると言えるでしょう。

尾椎

尾椎とはしっぽを支える骨のことです。人間にも尾椎はあるのですが、退化して現在は尾てい骨と呼ばれ体の内部に隠れているため、外側からはあることが分かりません。猫の種類によって尾椎の数は変わりますが、しっぽのない猫でも尾椎は4本はあります。

鎖骨

猫の鎖骨は退化して小さくなってはいますが、この鎖骨があることで柔軟な動きが可能になっています。人間の鎖骨は胸骨や肩甲骨と関節を介してつながっているため肩幅を大きく変えることは困難です。

しかし、猫の鎖骨は他の骨には直接つながってはいません。そのかわりに筋肉やじん帯でつながっているため頭が通れるほどしかない隙間でも通ることができるのです。また、この鎖骨がないと木登りをしたり手で抱きかかえるような動作をすることはできません。

細いフェンスの上を歩くことができるのも、人間の手のように物を転がすことができるのも、この鎖骨があるからといえるでしょう。

前足と後ろ足

人間は手と足の指の数はそれぞれ5本ずつですが、猫の指の数は人間とは少し違います。前足は5本なのに対し、後ろ足は4本しかありません。これは前足では物を抱きかかえられるように、後ろ足は走ることに特化するように進化してきた結果なのではないかとも言われています。

また、猫の歩き方は「指行性」という歩き方で、これは指だけを地面につけて歩く歩き方です。人間の歩き方は「蹠行性」で、これは足の裏全体をつけて歩く歩き方です。私たちがふだん猫の足の裏だと思っている肉球は実は指で、猫の踵は少し離れたところにあるのです。

後ろ足を見ると分かりやすいのですが、ちょうど真ん中あたりに膝とは逆向きに曲がっている部分があります。これが踵部分にあたります。つまり、猫は常につま先立ちで歩いているということになるのです。

猫が知らぬ間に自分の横に座っていて驚いたことはありませんか?つま先立ちで歩いていると人間でも足音をさせずに歩くことが可能ですが、猫は常に忍び足で歩けるのです。これは、猟をするときに獲物に近づくためには音をさせてはいけないことからこのような体になったといわれています。

猫の骨格に関するまとめ

猫の顔

猫と人間の骨はほとんど同じパーツでできてはいても、骨の数や構成によって違う動きになるということがわかりました。つまり、猫の柔軟な動きは猫の持つ独特な骨格によるものだということがおわかりいたけたでしょうか。

猫を飼っている方は、これを読んだ後にぜひ猫の観察をしてみてくださいね。きっと今まで気がつかなったことを発見できることでしょう。猫の動きの秘密を知ることで、ますますかわいい存在になること間違いなしですね。

女性 にゃコロ

猫の体の柔らかさと柔軟さには本当に驚きます。普通無理だよ!と思うような隙間をすり抜けたり、こんなところを通るの⁉と言うくらい鬱蒼とした場所も何のそのです。
つい最近動物病院の先生に、初診で駆け込んできた患者さんの話を聞きました。
その猫ちゃんは明け方にマンションの4階のベランダから落ちてしまったそうです。朝早くでご近所の兼ね合いもあり、数時間後に助けに行ったそうですが、しっかり息があったそうです。衝撃で内臓から出血して瀕死だったそうですが、骨に異常無く、数日後無事に退院したとこ事。4階の高さから落ちてしまったらひとたまりも無い高さですが、猫の身体能力と身のこなしの柔軟さがあってこそ、生き延びることができたのだと驚き、感心しました。
猫の骨格や生体について、色々と知っていきたいなと思います。

30代 女性 tonakai

猫の体は柔らかくて不思議だなと思います。人間の体が柔らかいことと、猫の体が柔らかいというのは骨格から違うのですね。昔は、猫を抱こうとするときに「びよーん」と体が伸びて柔らかい感じがや、骨の感触が苦手でした。ですが、猫を飼い始めてからは体の柔らかさやしなやかな動きがきれいだなと感じるようになりました。我が家の猫は動くのがあまり好きではないようなので、高いところにジャンプするときは、時々後足をぶつけていて、あまりしなやかではありません。猫の骨格で一番驚いたのは、足の構造です。まさかつま先で歩いているとは思いませんでした。「これが猫のかかとなんだよ」と家族に教えてあげました。猫の体が不思議だなと同じポーズをとったことがある飼い主さんも多いのでは?

30代 女性 ポン酢

身近にいつも寄り添っている愛猫がいるのに、その骨格に注目した事がなかったです。
うかつでした!

猫の骨は、私が想像していたよりも、多くて驚きました。
高いところからのジャンプや、床から思いっきり飛び跳ねた時の飛躍力を思おうと、もっと骨が少なくて、筋肉が発達してるのかな?と思っていたけれど、人とあまり変わらない数なんですね。
この小さな猫の体に、そんなにたくさんの骨が詰まっていて、もちろん内臓もキレイに納まっているのが、ちょっとした奇跡なのかもしれないです。

と言うか、はみ出しちゃってたら、大問題でした。

内臓を自由に動かせる事や、常につま先歩きな事含めて、びっくりが、たくさん!
知能については、私の中では3歳児くらいだと思っていました。

さっそく、愛猫を観察してみます!

40代 女性 カトナカ

猫と人間の骨がほとんど同じ骨から出来ていることに、本当に驚きました。骨の数や構成によって、全く違う動きになるのですね。
骨の数だけを見れば猫の方が40本も多い。
猫の肋骨は人間のように左右ではなく、前後に細長い形をしているため、顔さえ入れば、小さな隙間にも潜り込むことが出来ると聞いたことはあります。これが猫の柔軟さの秘密なのでしょうね。また胸椎や腰椎の数も人間に比べると多いので、猫の背中は長いんですね。
そして猫の忍び足の理由も「なるほどな」と思いました。
うちの愛猫も何の物音もさせず、いきなり後ろにいることがよくあり、その度にびっくりします。
私が獲物ならすぐに捕まっていると思います(笑)。
身体の構造などを知ると、益々、愛猫を愛おしく感じます。
人気のキーワード