野良猫が人になつく方法と注意点

野良猫が人になつく方法と注意点

猫好きの人は野良猫とも仲良くなりたいと思いますよね。でも、野良猫は警戒心が強いので人間が近付くと逃げてしまうため、人になつくのは難しいと思います。今回は野良猫がなつく人の特徴やなつく接し方、野良猫と仲良くなる方法などをまとめてみました。

8118view

野良猫がなつく人の特徴

屋根の上にいる野良猫

どんな人に野良猫はなつくの?

猫がなつくのは、ずばり次のような人です。

  • 小柄で優しい女性。
  • ゆったりとしたおばあちゃん。
  • 子どもや赤ちゃん。

野良猫がなつくために重要なのが、猫の耳の構造が大きく関係しているという事です。猫は耳の感度がとてもよく、高い音であれば6万~10万ヘルツという高音まで聞き分ける事が出来る動物です。ちなみに人間の耳では1.5万~2万ヘルツまでしか聞き分ける事が出来ないそうです。

なぜ、猫が女性や子供になつくかと言うと、女性や子供の甲高い声が野良猫には心地良いという点があるようです。逆に、男性の声は、低い音が苦手な猫にとって怖い印象を受ける音に聞こえるそうです。また、感度が高いため、大きな声や大きな音を嫌います。

野良猫がなつく方法と接し方

2匹の野良猫

では、野良猫が男性になつくことはないのでしょうか?
いいえ、そんな事はありません。次の事に注意して接すれば、野良猫がなつく事も夢じゃありません。

猫にやさしい声を出す

まず、声のトーンを少し高くして赤ちゃんをあやす感じの声を意識して出してみて下さい。とにかく野良猫がなつくためには、心からの優しさがポイントなのでしょうね。
※野良猫は何か病気を持っていたり、ノミやダニがいる可能性があるので、抵抗力の弱い子どもや赤ちゃんには近寄らせない方が良いでしょう

野良猫が怖がらせないように接する

野良猫と接する時は次の点に注意しましょう。

  • 野良猫と目を合わさない。
  • 匂いの強い物は身につけない。
  • 野良猫を追い詰めない。
  • 野良猫の前では激しい動きはしない。

まず、猫という動物はにらみ合った時に喧嘩をします。「目をじっと見つめる行為=敵に威嚇する行為」である、と認識しましょう。野良猫は視線に敏感であり、警戒心が強いということですね。

また、匂いにも敏感で、香水や洗剤、特に柑橘系の香りは苦手です。野良猫がなつく為には、自然体を心がけるといいという事でしょう。

たとえ、近寄ってきても、触らず、野良猫が好きなようにさせることがなつく秘訣です。そして可能な限り体を小さく(体育座り→親近感が湧くそうです)して、自分は敵ではないことを誠心誠意アピールすることです。間違っても、大きな声で呼んだり、手で触ったりしないで下さい。猫がなつくまで焦らずゆっくりと慎重に待ちます。

慣れてきたら、野良猫に触ってみよう

  • 触りながら野良猫の反応をみる。
  • 野良猫の気持ちの良い所を探してみる。
  • 手の甲で触ってみる
  • 野良猫を触ったら、手を良く洗うこと。

野良猫の絶対領域である2m以内に入る事ができるようにまでなったら、段々なついてきているので、手の平ではなく手の甲で触ってみましょう。

手の平はつかまれる感じがして嫌がります。猫の背中も触るのはやめましょう。どこがいいかというと猫の大半は「頭や首周辺・尻尾の手前」に触られると気持ちが良いようです。そこを手の甲で優しくなでるように触ります。気持ち良ければ猫の方から体を押し付けてきます。そこまできたら、野良猫がなついたといえるでしょう。

気を付けたいことは、野良猫はどんな病気をもっているかわかりませんので、触った後は必ず、消毒用の石けんで手を洗うことを習慣付けて下さい。

なつく野良猫への餌やりについて

人の手にじゃれている野良猫

餌やりは法律で禁止されている場合があります

野良猫でも家猫でも、仲良くなるための手段としてオヤツや餌をあげるという方法があります。しかし、野良猫に餌付けするとなると、場合によっては法律違反になる場合がある事を覚えておきましょう。特に自治体によっては条例によって餌やりが禁止されている場合もあります。

例えば、京都市の条例では、餌やりを禁止し、違反した場合は5万円以下の罰金を課せられます。(ただし、周辺住民の生活環境に悪影響を与える場合に限定されています。)

野良猫への餌やりはトラブルの原因になりがち

なぜここまで禁止されているかと言うと、糞尿に関するトラブルが大きいかと思います。猫の行動範囲は約1kmといわれています。餌付けによって集まった猫の糞やおしっこが、ご近所の迷惑にもなりますし、猫アレルギーの方や、もともと猫が嫌いな方もいらっしゃるかもしれません。色々な要因が重なり、更なるトラブルの原因になることもあるでしょう。

どうしても野良猫に餌付けしたい人は・・・

このように、野良猫の餌やりには制約が多く、安易な気持ちで餌をやらない方が無難だと言えます。どうしても猫に餌付けしたい場合は、公共の場や私有地の近くを避け、自宅の敷地など迷惑をかけない場所で、次の点に注意して餌やりに挑戦してみて下さい。

  • 自治体でのルールはないか、保護団体はないのかをあらかじめ調べてみること。
  • 決まった時間にやること。
  • 糞尿は責任をもって処理すること。
  • 公共の場では与えないこと。
  • 近所の方の迷惑を考えること。

猫は一度与えられると、またもらえると思って、その時間に来ます。不規則に餌をあげていると、その周辺でずっと待ってしまう可能性もありますし、他の野良猫をも寄せてしまうことにもなります。

結果、人間に餌を頼ってしまう猫も出てくるでしょう。そのため、残った餌はすぐに綺麗に片づけること。決まった時間、そして継続して最後まで責任を持つ覚悟で餌をあげないと、野良猫の為にもよくありません。

そして、可愛い野良猫だからと、安易な気持ちであげたりしないよう、心がけるようにしましょう。

野良猫を減らす取り組みが行われています

地域住民・ボランティア・行政が一丸となり、野良猫を環境問題として取り上げ、減らしていこうとする所が増えているそうです。

現在、年間合計15万頭の所有者不明の動物(犬・猫)が保健所に持ち込まれ、持ち込まれた動物の役10万頭近くが殺処分されているそうです。(平成26年:環境省データより)

  • 繁殖を抑えること。
  • 置き餌をしないこと。
  • 糞被害の対策をとること。

この3つの取り組みが重要だそうです。

私の野良猫との経験談

野良猫と優しく撫でている人

10年程前ですが、家の敷地に野良猫が住み着いたことがあります。
その1匹がしばらく住みつくようになると、その野良猫は子猫を4匹連れてくるようになりました。その猫が母猫だったようです。

母猫は私から餌をもらうと、独特の鳴き声を出していました。それは子猫を呼ぶ声だったのです。その声を聞きつけた4匹は一生懸命走ってきて、餌を食べ始めました。

母猫は食べずに子猫たちを見守っています。この光景をみて、人間よりも猫の方が、子育ての仕方が上手なのではないかと思い、感動したのを覚えています。

子猫はなかなか私にも家族にもなついてくれませんでしたが、ある時、私が悲しみに押しつぶされそうな事がありったとき、感動する出来事にあいました。

私は、家族に心配をかけるのを嫌い、そしらぬ振りをして過ごしていた時の事です。外でボーとしている私の足元に、いつの間にか4匹がくるりと囲んで、温めるようにしてくれました。思わず泣いてしまいました。なんて優しい猫たちなのだろうと愛おしさで胸がいっぱいになりました。子猫たちには伝わったのかもしれませんね。

そんな出来事もあってか、今ではすっかり野良猫が大好きな愛猫家になっております。

まとめ

如何でしたでしょうか?このように野良猫がなつくようになる為には、時間も労力もかかります。猫の寿命は、飼われている猫は15年以上生きる猫も多くいる一方、野良猫は3~5年程度の寿命のようです。

野良猫はそれだけ危険にさらされているのです。毎日が危険な綱渡り状態ではどんな人間も敵に見えるでしょう。そういう野良猫の気持ちを察して、なつかれたかったら、辛抱強く待つことです。とにかく真心を込め、優しく接することが大事だと思われます。猫好きもそうでない方も、共に平穏に暮らしていける世の中であればと願っております。

女性 にゃコロ

野良猫達は、人の為に便利になった世の中で、生きることに必死だと思います。
私が住んでいる街は比較的車通りも多く、早くに命を落としてしまう猫達も多い事に心が痛みます。
数年前、愛猫とのケンカをきっかけに暫く日なたぼっこしに顔を出してくれた野良猫がいました。猫じゃらしで気を引いてみたり、チッチッと声を出したりして距離を縮め、触れる前にはまず、こちらの緊張感を取ってからアゴ下をなでていました。
人慣れしている野良猫と人慣れしていない野良猫は、目付きが違うと感じます。
日なたぼっこしに来ていた野良猫も、触らせてくれますが、決してゴロゴロと喉を鳴らす事無く、いつの間にか姿を消してしまいました。
人の世界で、人に慣れずに生活する野良猫達は、日々緊張感と警戒心を解くこと無く1日を必死で生き抜いているので、安易に野良猫の領域に関わるのは、逆にお節介になる事もあるかもしれません。
もちろん、近づいてきてくれる子にはたっぷり可愛がってあげて下さい。距離感が縮まらない時は無理に近づかず、遠目から写真を1枚撮らせて貰うのが得策です。

10代 女性 野生のsovietunion

猫大好きです。改めて思いました。
保健所に持ち込まれた猫の内10万匹が殺処分されているのをこの記事で知って
とても驚いて悲しくなりました。
どんな気持ちだったのか考えると胸がとても痛みました。
猫の為に出来ることはと考えさせられました。
猫の為に何でもいいから小さなことでもやりたいです。
わたし一人の行動はちっぽけかもしれません。だけど世界中の皆が行動をしたら
変わります。絶対に変わります。
お願いします。一人でも多く猫の気持ちを考えてあげて下さい。
それだけで良いんです。
そんな人しか世界に居なかったら一匹として殺処分はされないでしょう。
そんな世界になることを私はいつまでも願い続け呼びかけ続けます。

女性 ゆき

餌もなくお腹を空かせた野良猫にすり寄られてきたときには、可哀想で見ていられなくなります。その結果餌をあげてしまう人も多いのですが、そうしてしまうとまたやってきます。1度あげると猫も学習し、毎日通うようになるのです。

自宅、そして近所には糞尿の被害もなく、ただ餌だけを食べにくるならまだしも、メス猫の場合は安全な場所だと認識し、やがて子猫を生み子猫まで連れてやってくるようになることもあります。

そうなった時に、餌をあげてしまったことの重大さに気が付く人が多いです。しかしその時にはもうすでに手遅れ・・・。

たしかに餌をあげ続ければ野良猫でも懐いてくれるかもしれませんが、なんせ飼う気持ちがないなら懐いて貰う必要もありません。私は餌やりをする=なつかせていずれ保護をする、という気持ちで数日行うのならアリかなと思っています。

我が家の周りは野良猫だらけで、昨日の夜も近所の野良子猫が我が家の玄関の前にやってきましたが、「ここで餌をあげたら負けだね」と主人と話し、気が付かないふりをしました。3時間我が家の前の玄関に居座った後、近所のお宅の前にいったようで、大きな物音とおばさんの叫び声、そして野良猫の「ギャァ!」という鳴き声が聞こえてきました。

まさかと思い、窓から覗くと、さっきの子猫がボロボロになって我が家の玄関へ走ってきたのを見て、「やっぱり追い払われたんだ」と感じました。その後も可哀想だという気持ちを抑えて無視したのですが、玄関のドアをけなげにカリカリとひっかき、開けてくれと鳴く子猫を見て涙があふれてきました。

主人と話しそのまま玄関へいれることにしたのですが、餌をたくさん与えるとお腹いっぱいになって安心したのか、眠りにつきました。現在はゲージに隔離していますが、来週主人の休みに病院へ連れて行き、我が家の家族として迎え入れます。

女性 ふーたん

野良猫の場合、”人なつっこい子”と”警戒心がとても強い子”の2つに分かれると思いますが、やはり一般的に多いのは”警戒心がとても強い子”ではないでしょうか。

今までたくさんの野良猫をみてきましたが、自らすり寄ってきたのは2匹だけです。それ以外の子はこちらを見るなり走って逃げだすか、もしくは「ウゥ~」と低い声を出し威嚇してくる子が多かったです。

明らかに猫ハジラミがついていたり、ダニなどがついていたりと、虫のせいで体を掻きむしっている子を見ると、「どうにか保護して虫の駆除薬を・・・」と考えますが、うまいぐあいに懐いてくれないので難しいのが現状です。

こちらの記事を参考にし、時間をかけながら野良猫と仲良くなり、どうにか体の不快感を無くしてあげれたらなと思います。

女性 ひなママ

ガリガリの体であきらかにお腹を空かせている野良猫を見ると、「せめてエサだけでも」と思ってしまいますが、実は地域によっては、野良猫への餌付けは5万円以下の罰金を課せられるところもあるそうです。

市役所や愛護団体へ連絡し、野良猫への餌やりのルールを確認してみると良いかもしれません。

友人は市役所へ連絡し、野良猫への餌やりのルールを聞いた所「問題はない」と言われたそうですが、地域の動物愛護団体へ問い合わせのメールをしたところ、「餌をあげるとご近所トラブルの原因になることがあります。こちらで保護するので、野良猫がいる場所を教えてください」と言われたそうです。

このように市役所と地域の愛護団体で回答が異なる場合もあるため、念の為どちらにも連絡を入れることが大切ですね。

女性 ケロキ

我が家の猫は野良だっだので、家の周りにいる野良猫は気になってしまいますね。猫を飼い始めて思ったのは、食べ物だけで猫は人に懐かないのでは?ということです。猫は飼い主が話しかけるとちゃんと聞いてると思います。薄目でこちらを見て、相づちの様に目を閉じてくれるのです。なので、野良猫でもある程度の距離を保って話しかければ顔見知りとして覚えてくれると思います。うちの周りにいる野良猫は人に頼ってごはんをもらうという考えが全くないらしく、なつくことはないと思いますが、声をかけるようになってからは走って逃げることがなくなったように感じます。海外の動画ですが、猫に優しく話しかけることでその地域の猫に好かれている人がいました。野良猫とのかかわり方は色々な方法がありますが、地域差が大きいと思います。
人気のキーワード