猫が鳴く時のしつけ方法

猫が鳴く時のしつけ方法

ご飯もあげたし、遊んであげたし、それでもなぜか愛猫がずっとニャーニャー鳴いている・・・可愛い愛猫ですが、あまりに鳴かれると困ってしまいますよね。なぜ過剰に鳴くのでしょうか?対策法はあるのでしょうか?この記事では猫が過剰に鳴く理由や対策などをお伝えしていきます。

791view

猫が過剰に鳴く理由としつけ

鳴く猫

猫が鳴く時は、何か理由があると言われています。飼い主に何かを訴えていたり、何かを要求していたり、猫には猫なりの伝えたい事があって一生懸命鳴いているのでしょう。

我が家の猫もご飯をあげているにも係らず、「もっと美味しいものをくれ〜!くれ〜!」とずっと鳴いている事があります。困ったものです。もし、過剰に鳴いて近所迷惑になるようでしたら、しつけ等の対策が必要になるでしょう。

しつける前に!猫は過剰に鳴く5つの理由

猫が鳴く理由には、どのようなものがあるのでしょうか?無視した方が良い場合と、無視しない方が良い場合があります。詳しくみていきましょう!

猫が鳴く理由① 何かを要求している(要求鳴き)

要求する猫

我が家の猫のように、「何かをくれ〜!これをしてくれ〜!」という要求をしている時に過剰に鳴くことがあります。要求が叶えられるまではずっと鳴いている事があるので、困ってしまいますね。

猫が鳴く理由② かまって欲しい・寂しい

寂しさピークの猫

日中、家を空ける事が多い、在宅していても構わない、などで猫が寂しさを感じている事があります。鳴く事で、構って欲しいという気持ちをアピールして、飼い主の注意を惹き付けようとしているのでしょう。1日5~10分でも良いので、愛猫と遊ぶ時間をつくると満足して落ち着いてくれる事もあります。

猫が鳴く理由③ ストレスを感じている

怒る猫

引っ越しをしたり、新入り猫がきたり、など、環境が変わった事でストレスを感じ、過剰に鳴く事があります。あまりストレスを感じると、愛猫にとって負担がかかりますし、家出の原因となる事もあります。可能な限りストレスとなっているものを取り除いてあげましょう。

猫が鳴く理由④ 発情期

猫は生後半年程で発情期を迎え、相手を求めて大きな鳴き声を発する事があります。去勢・避妊手術を行うか否かは飼い主の判断になりますが、発情期は愛猫にも負担となりますので、もし繁殖させるつもりがないのなら、手術する事で落ち着かせる事ができます。

猫が鳴く理由⑤ 体調が悪い

息が吸えない猫

どこか体の調子が悪かったり、どこかが痛い場合、飼い主に不調を伝えるためニャーニャーと鳴く事があります。普段を様子が違ったら、どこかに異常はないかチェックしてみましょう。

猫が過剰に鳴く時のしつけと対策

ショックを受ける猫

要求鳴きや、かまって欲しいアピールが行きすぎて、「過剰鳴き」になっている場合、そのしつけ方法はずばり「無視」する事です。とにかく、目も合わせないようにして思いきり無視をしてしつけていきます。可哀想と思うかもしれませんが、応じてしまうと「鳴けば構ってくれる」と猫に思わせてしまい、過剰鳴きを更に誘発させる原因となります。

また、下手に構ったり怒ったりするしつけ方法は逆効果です。しつけの方法は徹底的に無視を貫き通し、愛猫に「鳴いても何にもならない」と思って貰うしかありません。もちろん、病気の時やストレスなどは放っておくと愛猫が危険ですので、まずは鳴いている原因を突き止めてからしつけ等の対処すると良いでしょう。

我が家の場合・・・

余談ですが我が家の猫は生後3ヶ月位で動物シェルターから貰ってきましたが、家に迎えた当初、毎日のように朝方になると寂しさからか鳴いていました。シェルターの方にも無視するように言われ、数日経てば鳴かなくなる、と教えて頂きました。言われた通りに無視をした結果・・・3歳になった今でも、まだ鳴いてます(笑)。

どれだけ甘えん坊なんだ、と思いますが、子猫の頃のクセが抜けないのでしょうか?もうどうしようもないので放っておくしかありませんが、朝方なので若干、周りへの音漏れが気になっています。

防音と言い張る猫

時には防音対策も必要

我が家の猫のように、周囲へ鳴き声が響く事が気になる場合、防音対策を施すと良いかもしれません。防音をするには、防音タイルや防音カーテンなど、様々なグッズが販売されています。床に防音グッズを敷けば、愛猫の足音の軽減もできちゃいます。

もちろんしつけや対策は、ご自宅の環境にあった方法を行ってくださいね。どうしても鳴き声がうるさくて・・・という場合には可哀想ですが夜はゲージに猫を入れ、ゲージの周りを防音グッズで囲む、という手もあります。カーテンのようなものだったら暗くなって逆に猫が落ち着くかもしれません。もちろん「出せ!」と訴える子もいるでしょうから、愛猫に合った方法をとってあげましょう。

まとめ

猫が過剰に鳴く事の理由、お分かり頂けたでしょうか?あまりに鳴かれるとイライラしてしまう事もありますが、愛猫の気持ちを理解して、対応するようにしてあげましょう。もちろん、ただのわがままには「無視」ですよ!鳴いている原因を突き止めて、うまく対処して行きたいものです。

スポンサーリンク

人気のキーワード