子猫のご飯の選び方。成長に合わせた量と種類を解説

子猫のご飯の選び方。成長に合わせた量と種類を解説

生後1年までの間に体を急速に成長させる育ち盛りの子猫。そんな子猫の成長を支えるのに、ご飯は大切な要素の一つです。子猫にあげるご飯もたくさんの種類が存在します。ここではそんな大切な時期の子猫のご飯について紹介していきたいと思います。

400view

子猫のご飯~生まれてから生後1年まで~

手からご飯をこぼすところをじっと見つめる子猫

生まれてから生後1年の成猫になるまでの間、子猫は急速な成長を見せます。この一年の間で、子猫のご飯の内容や回数は成長にともなり変化していきます。それぞれ注目すべき時期の子猫のご飯を見ていきましょう。

子猫のご飯~生まれてから生後3週目頃まで~

生後間もなく子猫は母乳を飲み始めます。母猫の乳が出ない場合や、保護された場合の子猫のご飯は市販の子猫用のミルクになります。人肌に温め子猫用の哺乳瓶で1日5~6回ほど飲ませます。

子猫のご飯~生後3週目から1か月半頃まで~

離乳期の子猫です。それまでのミルクに加えて離乳食を与え始めます。子猫用のウェットフードや子猫用のドライフードを水やお湯でふやかしたものなどをご飯として1日4回くらい与えます。

子猫のご飯~生後2・3か月頃~

母乳や子猫用のミルクを完全にやめて、ご飯は子猫用のキャットフードにします。育ち盛りで必要なエネルギーが多いのですが、胃が小さく一度にたくさん食べられないのでご飯は1日4回くらいに分けて、必要な栄養をしっかり補います。

子猫のご飯~生後4か月頃~

成長がゆっくりになってきます。必要なエネルギーも徐々に減ってきますので、ご飯の量の調整が必要になってきます。成長に必要な栄養をしっかり摂りつつ肥満にならないように注意します。

子猫のご飯~生後7か月以降~

必要なエネルギーがさらに減ってきます。量と回数の調整でご飯の管理をしっかり行います。1日のご飯の回数は2~3回です。成猫になるまでには1日1~2回になるように徐々にご飯の回数を減らします。子猫用のキャットフードから成猫用のキャットフードへ切り替える際は1週間ほどかけて成猫用の割合を徐々に増やしていくようにします。

子猫用のご飯は成猫用のご飯の違い

3匹の子猫が並んでご飯を食べる

子猫用のキャットフードは、生後4か月頃(離乳食として生後2か月頃からふやかして使う場合もある)~1歳になるまでの子猫用のご飯です。子猫用のキャットフードは、育ち盛りの子猫のために必要な栄養をたくさん含み高カロリーに作られています。

子猫のご飯として与えてはいけないもの

スプーンからご飯を食べる子猫

捨てられた子猫に牛乳をあげる…。子猫がペロペロと嬉しそうに舐める…。マンガなどでこんなシーン見たことありませんか?これ、実はしてはいけないことです。子猫に限らず成猫も同様、牛乳に含まれる乳糖は下痢の原因になるので与えないようにします。他にも猫には以下のようなものをご飯として与えてはいけません。

調味料(塩、砂糖、醤油など)、ネギ類、生卵、鳥・魚の骨、チョコレートなどの甘いもの、油の多いもの、冷たい食べ物、ドッグフード、するめいか、生のいか・たこ・エビ、貝類
柿、パン類、アルコール飲料など。猫にご飯を与える際は注意してください。

子猫のご飯に関するまとめ

ご飯を並んで食べる2匹の子猫

子猫の生後1年間のご飯は、内容や量に変化があるので管理が大変そうですね。子猫は育ち盛りだからきちんと食べさせる必要がありますが、肥満への注意も欠かせません。ご飯をきちんと管理してあげて、丈夫で健康な成猫への成長をサポートしてあげたいものですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード