マンチカンはヘルニアになりやすい?知っておきたい事や予防する方法

マンチカンはヘルニアになりやすい?知っておきたい事や予防する方法

マンチカンがなりやすい病気である「ヘルニア」。どの猫でもかかる可能性はあるのですが、特にマンチカンは患いやすいと言われています。中でもマンチカンは椎間板ヘルニアにかかりやすいようです。今回はマンチカンとヘルニアの関係性について調べた事をご紹介致しますので、未然に防げるようマンチカンとヘルニアの最低限の知識は身につけておきましょう。

577view

マンチカンはヘルニアにかかりやすい?

寝そべるマンチカン

マンチカンはヘルニアにかかりやすいと言われています。

マンチカンは足が短いのが魅力の一つでもあると思います。猫界のダックスフントと言われているだけに、他の猫種に比べると足の長さは短いです。また、マンチカンは太りやすい傾向にあります。ヘルニアは肥満が影響する事もある為、普段から食事管理をしっかりとする事が重要だと思います。

歩き方に違和感を感じたり、急に動かなくなり元気がなくなったというような違和感を感じた際は迅速にかかりつけの動物病院へ連れて行って下さい。

マンチカンがかかる「椎間板ヘルニア」とは

寝るマンチカン

背骨との間に挟まっているクッションを椎間板といいますが、椎間板ヘルニアとはその椎間板がつぶれてしまう事により、変形してしまう状態の事をいいます。

椎間板は繊維輪という外側のクッションと髄核という中身がゼリー状になっている構造になっており、その部分が何らかの原因により神経や脊髄を圧迫してしまう事により椎間板ヘルニアになってしまいます。この椎間板ヘルニアは全ての背骨が挟まっているので、どの部分であっても発生する可能性がある病気です。

マンチカンがヘルニアになった際の主な症状としては「歩き方がおかしい」「運動を急に嫌がる」など様々です。原因として考えられるのは「遺伝的な骨の異常」や「肥満・老化といった体格の変化や加齢によるもの」、「高い場所からの落下といった瞬発的な強い力が加わってしまった際に起こる」可能性があると言われています。

マンチカンがヘルニアにならないための対処法

高所にいるマンチカン

マンチカンがヘルニアにならないための対処法としては、足や背中への負担を減らしてあげることに尽きると思います。

私達が生活をしていく中で、自宅のフローリングを歩いている際に滑りやすいと感じた事があると思います。実はフローリングはマンチカンにとっても滑りやすく、足や背中に負担がかかりやすいです。そんな際はコルクマットといった滑りにくいものを床に敷く事をオススメいたします。

他にも、一緒に遊ぶ際は腰に負担がかかる動きを控える事や、高い所から落ちないような家具を配置するなど工夫をする必要があります。

どのような病気もですが、飼い主様も猫ちゃんも辛い思いをする事がないように普段の体調管理や万全な対策をし、猫ちゃんとの幸せなキャットライフを過ごして下さいね。

マンチカンとヘルニアのまとめ

歩くマンチカン

マンチカンがかかりやすい病気の中には椎間板ヘルニアがあてはまります。大切な家族の変化に気づけるのは飼い主です。ぜひ寝る前にスキンシップを取りながら健康チェックをし、未然に病気を防げるように対策してみて下さいね。

マンチカンについてもっと詳しく知りたい方はこちら▼

マンチカン大辞典!知っておきたい基礎知識

40代 女性 mako

3歳のキジトラ猫を飼っています。キジトラ猫はマンチカンのように短足種ではないですが、肥満になると足腰に負担がかかるため、体重管理には気をつけています。そのため、猫を飼ってから一度もおやつはあげたことがありません。その甲斐あってか、今まで一度も適正体重をオーバーしたことはないので、今のところは安心しています。あと、おもちゃで積極的に遊んであげるようにして、運動不足にならないようにもしています。
また、猫がよく飛び降りるところには厚めのカーペットを敷いて、足腰にかかる衝撃をなるべく少なくするようにも心がけています。
これは、普段よく見ている猫ブログから参考にしたもので、そこの飼い主の方がやっていたので、私も取り入れた次第です。

30代 女性 tonakai

足の短い犬と同様にマンチカンも椎間板ヘルニアになりやすいのですね。体の構造だけではなく遺伝や着地の衝撃などはどの猫にも当てはまるものだと感じました。
確かにフローリングは猫にとって滑りやすいですよね。遊びの最中に勢いよく走り出すときがありますが、滑ってしまうと心配になります。我が家は畳の上のい草の上敷きを敷いていますが、爪で傷ができています。それだけ力がかかるのですよね。
ペットが滑りにくいような特殊な床用ワックスが販売されています。カーペットやコルクマットなどできるところから椎間板ヘルニアを防いであげたいですよね。また、体重管理も大切だと思います。太りやすい品種ということを意識して体重チェックは欠かさないようにしたいですね。

女性 みたらし

猫ちゃんて、ヘルニアになるんですね。
私のおばあちゃんが、ヘルニアで病院に通っていました。当時は通院も大変そうで、タクシーを呼んだり、母が車を出したりして、大変そうだったのを覚えています。

人間が苦労する病気なので、猫ちゃんにとっては生きていくことが大変な病気だろうなーと思います。

うちに、もうすぐスコティッシュの子猫がやってきます。
高いところが好きで、よくカーテンや網戸によじ登る姿をテレビで見るので、キャットタワーは買ったんですが、登る事ばかり考えていて、落ちた時の事が抜けてました!
転倒だったり、滑って転んで腰打って!
と想像しただけで大事故です…ガッツリ、フローリングなので、クッションマットの準備もしておこうと思います。

30代 女性 もっちゃり

胴体が長いと、ヘルニアのリスクが高いのかな?と思いましたが、猫のヘルニアは椎間板だけではないそうです。
椎間板は脊髄(せきずい)が圧迫された状態のヘルニア。
他に、横隔膜ヘルニア・足の付け根にあたる、鼠経(そけい)ヘルニア・心臓や食道のヘルニアもあるそうです。
中でも、横隔膜ヘルニアは猫に比較的多い症例みたいですよ。

椎間板ヘルニアは、胴体が長いからではなく肥満で腰に負担が掛かってしまう事で起こるそうです。
ヘルニアになってしまうと、運動制限をしないといけなかったり、薬での治療やマッサージも欠かせなくなります。
長引く治療を選択するか、手術に踏み切るか飼い主さんの決断次第ですが、手術で治る確証があれば、してあげたいですね。

痛みを隠す猫ちゃんなので、様子がおかしい時は、やはり病院第一だと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード