老猫ホームの利用方法

老猫ホームの利用方法

ペットとしての猫が増えていく中、飼い主も猫も高齢化が進んでいます。もし飼い主が亡くなったら、遺された猫はどうなるのか。老犬ホームに続いて老猫ホームも増えてきつつあります。老猫ホームを利用するにはどうしたらいいのか考えてみました。

661view

「老猫ホーム」が必要になるかもしれない

老人と猫

もしあなたに万が一の事態が起こったとき、飼っている猫の面倒を見てくれる人はいますか?
考えたくないかもしれませんが、生き物の命を預かっている以上、一度は真摯に向き合っておきたい問題です。病気や事故だけではありません。猫を飼えない環境に引っ越さざるをえない状況もあります。
そうなったらあなたの猫はどうなるのでしょう。

生まれてすぐの子猫だったら里親募集はしやすいです。
ですが、あなたと共にもうかなりの年数一緒に暮らしてきた老猫だったらどうでしょう。あと何年生きるのか分からない。もしかしたら病気になってしまうかもしれない。そんな不安から里親のなり手は少ないと思います。

昔からの知り合いで快く猫を引き取ってくださる人がいるならいいでしょう。実家のご両親、兄弟姉妹、成人したあなたのお子さん・・・彼らが快く引き取ってくださるならいいですが、それでもやはり問題はあると思います。
あなたのために猫を引き取ってくれた人達ははたして本当に猫好きでしょうか?猫の飼育経験もなく、引き取ったものの飼い方がよく分からず、猫も人も不幸になってしまうかもしれません。

ずっと家猫として暮らしてきた猫が、外に放り出されて野良猫になって生き延びるのはとても難しいのです。
鼠が餌になるとしてもおもちゃの鼠しか知りません。そんなことで上手く狩れるでしょうか。真冬の戸外の寒さも知らず、野良猫や烏の攻撃から身を守ることも知りません。
残り少ない猫生をそんな過酷な環境で過ごさせるのはあまりに可哀想です。

では、どうすればいいのか?
安心して預けられる先、その一つに「老猫ホーム」があります。「え、そんな場所があったんだ」と思われたかもしれません。老犬ホームは様々なメディアに取り上げられたりしてかなり認知度は上がっていますが、老猫ホームはまだまだこれからです。老犬ホームの中に最近猫を受け入れるようになったというところもありました。

ペットとして飼われるのが、犬より猫のほうが多くなった現在。これからますます需要は増えていくでしょう。

老猫ホームでの生活

寝る猫

老猫ホームのスペース

猫は1日の大半を寝て過ごします。年老いた猫はさらに長い時間寝ています。安心してゆっくり眠れるというのが猫にとっては大切なことですよね。
ホームでは清潔なケージを各猫ごとに用意してくれていますし、室温もしっかり管理されているので、そこは問題なさそうです。

老猫ホームでのケア

昼間は広い部屋で自由に遊ばせてくれるところもあります。猫好きのスタッフが遊び相手になってくれるかもしれません。グルーミングや爪切りも定期的にやってくれるようです。

老猫ホームの食事

食事の面では年齢に合ったものが用意されていますし、療法食が必要な場合は対応してもらえます。食欲の有無も毎日チェックしているそうです。

老猫ホームの預け方と料金

撫でられる猫

まずは預け先を捜しましょう。
『老犬ホーム・老猫ホーム・介護ネット』という捜すのに便利なサイトもありますから、ご自分の住まいの近くで見つけることが出来るといいですね。見つかったら連絡し、連れて行く日時や移送方法など相談しましょう。ご自身で連れて行けない場合は、有料ですがご自宅まで引き取りに来てくれるホームもあります。

老猫ホームは2種類

ホームにはNPO団体(特定非営利活動法人)と会社経営のものがあります。介護内容に違いはありませんが、NPO団体のホームでは料金の支払いではなく、寄付という形で支払うことになります。寄付の金額は明記されていないので、まずは確認しましょう。

老猫ホームの料金

預け方にも何種類かあって、「短期」「1年」「終生」で料金が変わります。
会社経営のホームの場合、1年では30~40万くらい、終生ですと50~90万くらいが必要になります。持病があって特定の投薬や注射が必要な場合は別途請求されますので、その分加算されます。

老猫ホームでは信託活用プランという選択肢も

高額な料金なのに本当にきちんと世話をしてくれるのか不安でしたら、信託活用プランという信託会社に資金の管理を任せるという方法も検討してみてください。

老猫ホームに預ける際に注意したいこと

相談する老婆

重度の病気や障害を抱えている場合は正直に伝えましょう。対応してくれるホームもあります。
預ける前に基本のワクチンを接種しておくことも、共同生活に送り出す際には必要ではないでしょうか。

老猫ホームに預けた後も面会には行けます。会いたい気持ちが溢れていても、ホームの都合もありますからまずは連絡・確認をしてください。

まとめ

すがる猫

飼い主様が元気ならばいろいろな手続きも問題なく進められると思いますが、もし猫より先に亡くなってしまったらどうなるでしょう。同居するご家族もないおひとりさまだったら。

そこで私がお薦めしたいのは遺言形式で老猫ホームに預けるように書き残しておくことです。信頼できる後見人を指定して、遺産の一部で支払うようにお願いしておくのです。
こうして書いておけば、遺された猫も安心して余生を過ごせるのではないでしょうか。

50代以上 男性 イチロウ

我が家では、飼い主が長年の一人暮らしである故に、何かの事由で猫達の世話が出来なくなった折の準備で或る動物保護団体(NPO法人)と終生飼養の契約をしました。

弁護士仲介に依る契約文書締結で、飼い主不在時には縁故者(私の場合には妹)が引き取り依頼と飼養費用支払を行う、との契約です。

猫等の動物は、法律上は、「物」なので、契約文書上は、「譲渡」になります。 飼い主が居なくなると「物」の所有権が移ることになるからです。 

契約先が動物保護団体なので、美味く行けば、新しい飼い主も見つかるかも知れませんので、その点も含めた契約でした。 飼養費用は、妹に預けました。 一頭あたり40万円で六頭分です。 当該契約先は、自営の動物病院もあり、可成り規模が大きい処です。

これで一応、安心したのでしたが、最愛の長男猫が腎臓病になり一昨年からは、日々の自宅輸液が要るようになりましたので、出来るだけ自分に余裕が出来るようにするために長男猫と次男猫を除き、自宅に居た他の猫達を先行して引き取って頂きました。 

残るのは、二頭になる筈でしたが、その間にも保護した猫達が居ましたので、都合四頭が残りました。 でも、合計八頭ものお世話をするのは、とても無理でしたので四頭の引取りは助かりました。

今、長男猫が元気であった時代、六頭の猫達と暮らしていた時のことを思い出して、私の人生で最も幸せな時であった、と思います。

それは、下の写真のような猫達の寝姿を見られた時でした。

スポンサーリンク

人気のキーワード