野良猫を保護する方法と注意点。費用はどれくらいかかる?

野良猫を保護する方法と注意点。費用はどれくらいかかる?

皆さんがもし野良猫を保護した場合はどうしますか?野良猫を保護した時にはやらなくてはいけない事が沢山あります。今回は野良猫を保護した場合の病院代から里親探しの方法までを紹介していきます。

2413view

目次
野良猫を保護する前に
野良猫を保護したらやるべきこと
野良猫を保護した際にかかる費用
保護した野良猫を飼えない場合
まとめ

野良猫を保護する前に

草むらから覗き込んでいる猫

この間近くのスーパーに買い物に行った時、小さな子猫がスーパーの駐車場をよちよち歩きで歩いていたので保護しようかと思ったら母猫がやって来て、子猫と一緒にどこかに行ってしまいました。私はその姿を見て一安心しましたが、「冬の寒い中子育ては大変だろうな」と少し心配してしまいました。
私の住んでいる地域には野良猫が沢山います。愛犬とのお散歩中も、自由に歩く野良猫の姿を頻繁に見かけます。我が家の猫達は外にいる自由な姿で歩く猫達を羨ましそうに見ています。

私たちにとって身近な存在になっている野良猫。
子猫や弱っている猫の姿を見つけると「助けてあげたい」という気持ちになり、保護を考える方もいるかと思いますが、野良猫を保護するには幾つか考えなくてはいけない事があります。「お家で飼う事が出来るのか?」「お家で飼う事が出来ない場合、里親探しをする事が出来るのか?」また、保護した猫の病院代やご飯代」等の心配もあります。

野良猫を保護したらやるべきこと

ベロをだしてる猫

動物病院へ連れて行く

まず野良猫を保護した場合、健康そうに見える猫でも他の先住犬や先住猫達とはすぐに接触させない様にして下さい。感染症の病気を持っている場合があるのと、保護された猫は神経質になっていますのでストレスになってしまいます。
野良猫を保護した場合はすぐに動物病院に連れて行き、健康状態や感染症の検査、予防接種をしてください。感染症は人間にもうつる感染症もありますので気を付けて下さい。

野良猫なのか飼い猫なのかの確認

そして、保護した猫が野良猫か飼い猫なのかをきちんと確認しておく必要があります。猫の飼い主さんの中には室内と外を自由に行き来させている飼い主さんもいます。室内で飼っていても猫がちょっとした事でお家から出てしまい、お家に帰って来ずに迷い猫として飼い主さんが探している可能性もあります。
猫を保護したら、最寄りの警察署や保健所に問い合わせて迷い猫の届けが無いかを確認する事も大切です。

飼い猫の場合、首輪をつけている他にマイクロチップがつけられている事があります。保護猫の健康状態を確認しに動物病院に行った際に、保護した猫がマイクロチップの有無を確認しておく事も必要です。

野良猫を保護した際にかかる費用

ふせしている猫

野良猫を保護した際にかかる動物病院の費用は、動物病院や内容によって変動しますが大体8000円~15000円ほどと費用が嵩みますが、初めにしっかりと検査を行っておくことにより両者ともに安心する事ができ、またすでに病気の猫の場合は病気が進行してしまう前に病気の存在が分かるので、動物病院代等を抑える事にもつながる可能性があります。

動物病院代の内訳は初診料1000~3000円ほど、ノミやダニの駆除2000円ほど、検査などで5000~10000円ほどです。動物病院の検査のコース内容や値段設定によって変動しますので、保護した猫を病院に連れて行く前に動物病院に問い合わせてみると安心です。

保護した野良猫を飼えない場合

座っている猫

動物病院に相談する

野良猫を保護しても、先住猫や先住犬が居る場合やご家庭の様々な理由で自宅で飼育困難な場合もあると思います。
その場合は動物病院に相談してみましょう。保健所などの公的機関でも保護猫を引き取ってくれますが、収容されている期間内に飼い主が見つからなかった場合は殺処分されてしまう可能性があります。

保護団体に連絡する

また、まだ目の開いていない子猫や離乳していない子猫の場合は保健所で面倒を見る事が出来ない為、すぐに殺処分されてしまう可能性がありますのであまりお勧めは出来ません。地元の動物保護団体をネットで検索して連絡してみましょう。

自分で里親を探す

自分で里親を募集する場合はSNSやインターネットで里親募集の投稿が出来るサイトがありますので、そちらに投稿して里親探しをしてみるのも手段の一つです。
行く先が決まらない間は保護した猫を短期間お世話をし、トイレなどの最低限の躾をしておく事が必要です。

インターネットで里親探しをする場合、幾つかの方法があります。所定フォームを利用し、書き込み掲載依頼やBBS形式での掲示板やSNSでの里親募集方法があります。
所定フォーム利用で里親募集の掲載依頼をする場合、サイト内の1ページを利用する事が出来ます。保護した猫の写真を何枚か撮影し、猫の状態等を細かく説明する事が出来ます。電話番号や本名、住所等を確認される場合があります。依頼してからサイト内に募集投稿が載るまでに2日~1週間ほど時間がかかってしまいますが、里親が見つかる可能性が高いのが利点です。

里親掲示板等のBBS形式で里親を探す場合、個人登録等をしなくても気軽に書き込む事ができます。見る人も多いです。文章も自由に書き込めるので利用しやすいですが、サイトの方針と合わないと思われてしまった場合書き込みをすぐに消されてしまう可能性がありますので、重要事項をしっかりと明記しておく事が大切です。

FB等のSNSで里親募集をする事もできます。いずれの方法でも、猫の性別/被毛の色/猫の推定年齢/健康状態/各種検査の有無/譲渡出来る期間/里親様へのお願いや注意事項/保護した地域名等をしっかりと記載しておく事が重要です。

まとめ

こちらを見て様子を伺っている猫

我が家には2匹の猫がいます。
もうすっかりお爺さんとお婆さんになってしまいましたが、後から我が家にやって来た犬達の躾をしたり、ちょっかいを出したりして遊んだりと元気に過ごしています。この元気いっぱいな猫達はそれぞれ職場の人が保護して里親を探しているところを貰ってきたり、家にいつの間にか住み着いた子猫だったりします。

里親募集は大変な事です。保護した猫と向き合い、今後この猫をどうするかを真剣に考えなくてはいけません。
猫を保護した場合は1人で考えずに、周りの人にも相談してみるのも一つの手段です。
猫も勿論生きているので救った命を大切にしてあげて下さい。

今回写真に投稿させて頂きましたのは、家にいつの間にか住み着いてしまい保護した女の子の猫です。女の子と言ってももうおばあちゃんなのですが、犬達とも仲良くしてくれて小さな子供達とも仲良く遊んでくれる、とても面倒見の良い猫です。うちでは保護猫はこの猫で10匹目です。保護した猫達の性格はそれぞれ性格が違い、一緒に住んでいると楽しいです。

  • 女性 プティング

    ウチも、2匹目の子は近所にいた生後半年の子猫を保護しました。体がまだ小さかったので気になってしまって、家の掃き出し窓の外にご飯を置いて餌付けをして、頃合いを見て保護しました。

    保護したその日に動物病院へ連れて行き、寄生虫や猫白血病の有無などを調べて貰いました。費用がいくらかかったかは忘れてしまいましたが寄生虫がいたので、検査代+寄生虫を落とす薬代がかかりました。

    先住がいたので、ワクチンも打ち、その金額も必要です。もちろん先住猫がいなくても、ワクチン接種はなるべくしておいた方が良いと思いますが・・・。

    ご飯など、猫を飼うのに必要なものは幸いひと通り揃っていましたが、先住猫と対面させるまでは保護した子を1つの部屋に隔離していたので、トイレは別で用意する必要がありました。

    そこで急場しのぎに、適当な大きさの段ボールにビニール袋を貼り、その上に猫砂を入れて簡易猫トイレを作りました。ちゃんと使ってくれましたよ!
    100円ショップなどで売っている、プラスチックケースなどでも良いと思います。

    ウチの場合はそのままウチの子になって貰うつもりで保護しましたが、里親を探すのは大変そうだな、と思います。でも、命を救う為に、頑張りたいですよね。とはいえ、実際に忙しい日々の中でそこまでできるのか、ですが放っておけば消えてしまうであろう命をどうすれば良いのか・・・。

    野良猫の数も多いので、保護しきれない場合は、いっその事地域猫にしてしまう、という方法もありますね!何だかまとまりがなくなりましたが、野良猫の問題はどこの地域にもあるでしょうから、早く不幸な猫ちゃんがいなくなってくれたら良いな、と思います。

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード