野良猫を保護する方法と注意点。費用はどれくらいかかる?

野良猫を保護する方法と注意点。費用はどれくらいかかる?

皆さんがもし野良猫を保護した場合はどうしますか?野良猫を保護した時にはやらなくてはいけない事が沢山あります。今回は野良猫を保護した場合の病院代から里親探しの方法までを紹介していきます。

7991view

野良猫を保護したらやるべきこと

ベロをだしてる猫

私たちにとって身近な存在になっている野良猫。
子猫や弱っている猫の姿を見つけると「助けてあげたい」という気持ちになり、保護を考える方もいるかと思いますが、野良猫を保護するにはやるべきことが幾つかあります。

「お家で飼う事が出来るのか?」「お家で飼う事が出来ない場合、里親探しをする事が出来るのか?」また、保護した猫の病院代やご飯代」等の心配もあります。

では、実際に野良猫を保護した時は、どのようにすればよいのでしょうか?

動物病院へ連れて行く

まず野良猫を保護した場合、健康そうに見える猫でも他の先住犬や先住猫達とはすぐに接触させない様にして下さい。感染症の病気を持っている場合があるのと、保護された猫は神経質になっていますのでストレスになってしまいます。
野良猫を保護した場合はすぐに動物病院に連れて行き、健康状態や感染症の検査、予防接種をしてください。感染症は人間にもうつる感染症もありますので気を付けて下さい。

野良猫なのか飼い猫なのかの確認

そして、保護した猫が野良猫か飼い猫なのかをきちんと確認しておく必要があります。猫の飼い主さんの中には室内と外を自由に行き来させている飼い主さんもいます。室内で飼っていても猫がちょっとした事でお家から出てしまい、お家に帰って来ずに迷い猫として飼い主さんが探している可能性もあります。
猫を保護したら、最寄りの警察署や保健所に問い合わせて迷い猫の届けが無いかを確認する事も大切です。

飼い猫の場合、首輪をつけている他にマイクロチップがつけられている事があります。保護猫の健康状態を確認しに動物病院に行った際に、保護した猫がマイクロチップの有無を確認しておく事も必要です。

野良猫を保護した際にかかる費用

ふせしている猫

野良猫を保護した際にかかる動物病院の費用は、動物病院や内容によって変動しますが大体8000円~15000円ほどと費用が嵩みますが、初めにしっかりと検査を行っておくことにより両者ともに安心する事ができ、またすでに病気の猫の場合は病気が進行してしまう前に病気の存在が分かるので、動物病院代等を抑える事にもつながる可能性があります。

動物病院代の内訳は初診料1000~3000円ほど、ノミやダニの駆除2000円ほど、検査などで5000~10000円ほどです。動物病院の検査のコース内容や値段設定によって変動しますので、保護した猫を病院に連れて行く前に動物病院に問い合わせてみると安心です。

保護した野良猫を飼えない場合

座っている猫

動物病院に相談する

野良猫を保護しても、先住猫や先住犬が居る場合やご家庭の様々な理由で自宅で飼育困難な場合もあると思います。
その場合は動物病院に相談してみましょう。保健所などの公的機関でも保護猫を引き取ってくれますが、収容されている期間内に飼い主が見つからなかった場合は殺処分されてしまう可能性があります。

保護団体に連絡する

また、まだ目の開いていない子猫や離乳していない子猫の場合は保健所で面倒を見る事が出来ない為、すぐに殺処分されてしまう可能性がありますのであまりお勧めは出来ません。地元の動物保護団体をネットで検索して連絡してみましょう。

自分で里親を探す

草むらから覗き込んでいる猫

自分で里親を募集する場合はSNSやインターネットで里親募集の投稿が出来るサイトがありますので、そちらに投稿して里親探しをしてみるのも手段の一つです。
行く先が決まらない間は保護した猫を短期間お世話をし、トイレなどの最低限の躾をしておく事が必要です。

インターネットで里親探しをする場合、幾つかの方法があります。所定フォームを利用し、書き込み掲載依頼やBBS形式での掲示板やSNSでの里親募集方法があります。
所定フォーム利用で里親募集の掲載依頼をする場合、サイト内の1ページを利用する事が出来ます。保護した猫の写真を何枚か撮影し、猫の状態等を細かく説明する事が出来ます。電話番号や本名、住所等を確認される場合があります。依頼してからサイト内に募集投稿が載るまでに2日~1週間ほど時間がかかってしまいますが、里親が見つかる可能性が高いのが利点です。

里親掲示板等のBBS形式で里親を探す場合、個人登録等をしなくても気軽に書き込む事ができます。見る人も多いです。文章も自由に書き込めるので利用しやすいですが、サイトの方針と合わないと思われてしまった場合書き込みをすぐに消されてしまう可能性がありますので、重要事項をしっかりと明記しておく事が大切です。

FB等のSNSで里親募集をする事もできます。いずれの方法でも、猫の性別/被毛の色/猫の推定年齢/健康状態/各種検査の有無/譲渡出来る期間/里親様へのお願いや注意事項/保護した地域名等をしっかりと記載しておく事が重要です。

まとめ

こちらを見て様子を伺っている猫

この間近くのスーパーに買い物に行った時、小さな子猫がスーパーの駐車場をよちよち歩きで歩いていたので保護しようかと思ったら母猫がやって来て、子猫と一緒にどこかに行ってしまいました。私はその姿を見て一安心しましたが、「冬の寒い中子育ては大変だろうな」と少し心配してしまいました。
私の住んでいる地域には野良猫が沢山います。愛犬とのお散歩中も、自由に歩く野良猫の姿を頻繁に見かけます。我が家の猫達は外にいる自由な姿で歩く猫達を羨ましそうに見ています。

我が家には2匹の猫がいます。
もうすっかりお爺さんとお婆さんになってしまいましたが、後から我が家にやって来た犬達の躾をしたり、ちょっかいを出したりして遊んだりと元気に過ごしています。この元気いっぱいな猫達はそれぞれ職場の人が保護して里親を探しているところを貰ってきたり、家にいつの間にか住み着いた子猫だったりします。

里親募集は大変な事です。保護した猫と向き合い、今後この猫をどうするかを真剣に考えなくてはいけません。
猫を保護した場合は1人で考えずに、周りの人にも相談してみるのも一つの手段です。
猫も勿論生きているので救った命を大切にしてあげて下さい。

今回写真に投稿させて頂きましたのは、家にいつの間にか住み着いてしまい保護した女の子の猫です。女の子と言ってももうおばあちゃんなのですが、犬達とも仲良くしてくれて小さな子供達とも仲良く遊んでくれる、とても面倒見の良い猫です。うちでは保護猫はこの猫で10匹目です。保護した猫達の性格はそれぞれ性格が違い、一緒に住んでいると楽しいです。

女性 プティング

ウチも、2匹目の子は近所にいた生後半年の子猫を保護しました。体がまだ小さかったので気になってしまって、家の掃き出し窓の外にご飯を置いて餌付けをして、頃合いを見て保護しました。

保護したその日に動物病院へ連れて行き、寄生虫や猫白血病の有無などを調べて貰いました。費用がいくらかかったかは忘れてしまいましたが寄生虫がいたので、検査代+寄生虫を落とす薬代がかかりました。

先住がいたので、ワクチンも打ち、その金額も必要です。もちろん先住猫がいなくても、ワクチン接種はなるべくしておいた方が良いと思いますが・・・。

ご飯など、猫を飼うのに必要なものは幸いひと通り揃っていましたが、先住猫と対面させるまでは保護した子を1つの部屋に隔離していたので、トイレは別で用意する必要がありました。

そこで急場しのぎに、適当な大きさの段ボールにビニール袋を貼り、その上に猫砂を入れて簡易猫トイレを作りました。ちゃんと使ってくれましたよ!
100円ショップなどで売っている、プラスチックケースなどでも良いと思います。

ウチの場合はそのままウチの子になって貰うつもりで保護しましたが、里親を探すのは大変そうだな、と思います。でも、命を救う為に、頑張りたいですよね。とはいえ、実際に忙しい日々の中でそこまでできるのか、ですが放っておけば消えてしまうであろう命をどうすれば良いのか・・・。

野良猫の数も多いので、保護しきれない場合は、いっその事地域猫にしてしまう、という方法もありますね!何だかまとまりがなくなりましたが、野良猫の問題はどこの地域にもあるでしょうから、早く不幸な猫ちゃんがいなくなってくれたら良いな、と思います。

女性 アオタケ

うちの周囲も野良猫でいっぱい。餌はあげるけど、後は知らない、という人が多いです。
怪我をしていたり、目やにで目が開かなくなっていたり、薄汚れていたりすると、やっぱり猫が好きなので、居たたまれない気持ちになります。
うちの猫も元は近所を徘徊している野良猫でした。そういうこともあって、私は縁があってこの子(愛猫)と暮らしているけど、もしかして時期が少しずれていたら、愛猫が野良で、野良の子たちがうちの子になっていたかもしれない、と思います。
そう思うと全員助けたいと思うけど、金銭的にも、住宅事情的にもそうはいきません。いちばん怖いのは愛猫に病気が感染することです。
今も首に血が滲んでいる様子の野良猫がいます。助けたいのですが、仮に捕まえたとして、そのあとどうするかを考えると、どうしても躊躇してしまいます。
そうかと言って、近所の保護団体はほぼ自腹で犬猫を保護していて、無闇にお願いする事も心苦しいです。もっと野良猫や野良犬が幸せになるシステムを作ってほしい、と心から思います。

30代 女性 saki

元野良猫だった愛猫を保護した時、まず動物病院でノミダ二駆除やワクチン、健康診断、様々な検査などで2万円程の費用を要しました。その他にもフードはもちろん、大きな3段ケージや、猫トイレ、おもちゃやキャットタワー、愛猫が不便なく生活するための準備に5万円以上掛かったと記憶しています。

不妊手術や年に一度のワクチン、健康診断、毎日のフードやおやつに掛かる費用は決して安いものではありませんが、ひとつの命を迎えるということはそう簡単なことではありませんよね。私は、猫を家族に迎えるということは、子供がひとり生まれるのと同じだと考えています。

野良猫を見かけると、つい連れて帰りたい、助けたいという衝動に駆られますが、安易に手を差し伸べることが、必ずしも猫達の幸せに繋がるとは限らないと思います。万が一、先住猫と相性が合わなかったら、何らかの感染症を持っていたら、里親さんが見つからなかった時にどうするのか、自分自身がその子の一生に責任を持つつもりで保護する必要があるのだと思います。

30代 女性 jolm

我が家の近所では地域猫活動をされている方がおり、近所の猫ちゃんは地域猫として去勢手術を受け、毎日餌をもらい、ケアもしてもらっているので、本当の野良猫は見かけません。
たまにそれを良いことに遺棄をする方がいると活動をされている方から聞くことがありますが、活動をされている方の努力もあり、猫もここ数年はあまり増えていないです。

ただ、一度だけ旅行先の駐車場でお昼寝をしている子猫の野良猫を見かけた事があり、可愛いなと思って近寄ってみると、明らかに何かの感染症にかかっているのが分かるくらい目が腫れており、か細い声で鳴いているのを見かけました。言い訳にはなってしまいますが、旅先ということや一緒に旅行に連れてきた子供や犬の事もあり、その場では何も出来ずただ見ることしかできませんでした。

なかなか個人で助けるというのはただ単に費用だけでなく、家庭の事情や受け入れ態勢も含めて難しい事かと思います。もっと自治体で殺処分ではない保護制度を整えるか、自治体が保護活動をされている団体に援助していただき、個人で見つけた際にそういった場所に相談できる仕組みができると良いなと思います。

女性 ゆず

日本を含めて多くの国が抱える問題ですが、保護するべき猫 〉保護できる団体という図が顕著になっているのが難しい点ですよね。日本にも猫を助けたいと思って尽力してくださっている方はたくさんいらっしゃいますが、数が多すぎて収拾がつかないというのが現実でしょう。日本もドイツのように国の制度として動物愛護が浸透しており国民全体が協力して保護するシステムになることが理想なのですが…。国民の1人1人が一度は考えなければいけない問題だと思いました。
私も一度、野良猫を保護し最終的に飼うことにした経験があります。先に飼っていた犬がいたので最初は里親を探そうと考えましたが案外2匹が仲良くできていたので家族に迎え入れることにしました。猫を保護したらまず行わなければいけない事は、記事にあったように病院で検査をしてもらうことですがその際に、保護した猫がメスの場合は妊娠している可能性があるのでそれも確認してもらいましょう。ウチの子も女の子だったので事前に調べてもらえるように頼みました。もし子供がいた場合、出産の面倒を見ることが可能であれば自宅で出産後里親探しへ移行して下さい。それが、可能でなければ保護団体に妊娠していることを報告した上で預けましょう。

20代 女性 ねこめる

もしいまの愛犬がいなくなった後は、救われない猫を保護して飼うのも視野に入れていたのでこの記事は参考になりました。やはり1番気になるところは感染症などの部分ですよね。野良猫となると色んなところからエサを探したり、集団でも住んでいそうなので感染症にかかっている猫も多そうに感じます。家から少し離れたところに猫屋敷になっている家がありますが、エサをあげているだけで他に何かしているという感じでは無さそうです。年々、猫の数が増えているように思います。周りの糞の被害も多いそうで、私はきちんと飼えないのならエサを与えること自体、いけないのではないかと思います。きちんとした知識をもって保護活動をしている方とは違って、かわいい猫を見たいという理由でエサを与えてトラブルは無視。こういう間違った活動がかわいそうな猫を結果的に生んでしまっているのではないかと思いました。もっと保護活動について知識を取り入れやすい環境が地域ひとつひとつに根付けばまた変わってくるのかもしれないですね。

30代 女性 まかぶらあろたる

この文章を読みながら、今の愛猫を保護した時のことを懐かしく思い出しました。

先住犬がいたために、保護した当時は、命は守りたいけれど家には置いておけない…ほとほと困りました。

猫のことはほぼ無知に等しく、飼うことのできる状況ではないと思い、猫の保護団体の方にアドバイス頂きながら里親さん探しをしていくことに。
病院は保護した当日に行きました。ノミ下しと健康チェックをしたように思います。
すでに生後1ヶ月でミルクから離乳食に移行していくタイミング。パウチ入りのウェットフードを1日数回に分けてあげました。柔らかいウンチをする上に、外で変なもの食べていたためか、その臭さには参りました(笑)
でも驚いたことに、トイレのしつけはほぼ要りませんでした。100均で買えるようなプラスチックのトレーに切り刻んだ新聞紙を入れておくと、400gという小ささなのに、ちゃんと自分で用足しに行くんです。

全てではないと思いますが、ほとんどの猫ちゃんが本能でトイレが上手にできるようです(私の周りでは皆そうでした)。

やがて先住犬とも打ち解けるようになり、ケンカするのでは?という一番大きな心配事がクリアできた頃には、すっかり情が移っていました。家族会議の結論、「うちで飼おう!」と。

その後予防接種や去勢避妊手術費用は必要ですが、犬よりどちらも費用がかなり抑え目なので、私は高いとは感じなかったです。

猫を飼うことを考えられている方に。
全力で鳴くと声はかなり大きいので、集合住宅でこっそり飼うのは難しいと思います。
猫の安全や健康を考えたら、100%室内飼いをすべきだと思うので、それなりの広さのある室内や上下運動のできるキャットタワーなども用意してあげないといけないですね!
わが家の愛猫は、2ヶ月ですでにタワー登り降り楽しんでいました。

猫を家族に迎える場合、保護や譲渡、購入などいろんな手段があると思いますが、その場の感情で決めては絶対いけないと思います。時間や空間そして経済状況、全てに余裕があって初めて、心から愛することができると思います。


猫を飼うことは全く初めてでしたが、愛情をかけた分きちんと返してくれるので、その愛おしさがたまらなくて、今はとても幸せです。
人気のキーワード