ラグドールの抜け毛について~実は普段は少ないって本当?~

ラグドールの抜け毛について~実は普段は少ないって本当?~

アメリカ原産の「ラグドール」は何と言ってもあのフサフサした柔らかそうな被毛が特徴的ですよね!でもあれだけ被毛が豊かということは抜け毛もやはりすごいのでしょうか…?今回は人形のように愛らしいラグドールの抜け毛に注目しました。

1308view

ラグドールは抜け毛が少ない?

女性にブラッシングされるラグドール

ラグドールの被毛はダブルコートで、シルクのように手触りは滑らかで光沢があるのが特徴です。
ラグドールは子猫の時は基本的には真っ白で、成長するにつれて顔やしっぽ、手足に斑模様が出てくるというのが特徴の一つであり、子猫から成猫になるまで見た目の変化の楽しみがたくさんある猫です。

ダブルコートというと抜け毛が大量なイメージがありますよね。
多少の抜け毛はあるものの、ラグドールは他のダブルコートの猫のように普段から大量に毛が抜けるわけではないようです。
理由として考えられるのは、ラグドールの毛の生え方にあります。ラグドールは体に沿って毛が生えている為、他の猫に比べて毛玉や抜け毛が少ないそうです。

ラグドールの抜け毛のお手入れについて

いくらラグドールが普段は抜け毛が少ないといっても、換毛期になるとやはり大量に抜けてしまいます。
ですので、換毛期には朝と夜1日2回ブラッシングをする事をオススメいたします。ブラッシングに慣れさせていないとラグドールは不快に思ったりストレスが溜まってしまうので、出来るだけ子猫の時からブラッシングに慣れさせるということもポイントの一つです。
また抜け毛対策として、月に1回程度シャンプーをすることにより無駄な毛玉を取ることが出来ます。

毎日のブラッシングとコーミングで抜け毛を取り、ラグドールの綺麗でシルキーな毛並みを保ってあげて下さいね。

ラグドールにオススメのブラシ

スリッカーと抜け毛

換毛期に特に活躍するブラッシング。ブラシの種類はたくさんありますよね。
ラグドールには

  • 獣毛ブラシ
  • コーム
  • ピンまたはスリッカーブラシ

の3種類をオススメしたいと思います。この3種類は状況により使い分けて下さい。
コームは被毛や抜け毛処理に最適なブラシであり、コームの先端は丸いタイプのものがオススメです。
このコームブラシにプラスしてスリッカーブラシを使用すると毛玉を簡単にほぐす事が出来ます。

中にはブラッシングを嫌がるラグドールもいると思いますので、様子を見てケアして下さいね。

ラグドールの抜け毛に関するまとめ

真正面を見つめるラグドール

成長を長く楽しめるラグドールという猫は普段は抜け毛の量が少ないという事が分かりました。長毛種にしては珍しいですね。
普段のお手入れも比較的に簡単なのではないでしょうか。
そんなラグドールも換毛期には大量に抜け毛が出るため、念入りにブラッシングをしてシルクのような毛質を保ってあげて下さいね。

▼ラグドールについて詳しく知りたい方はこちら
ラグドールはどんな性格?オス・メスでの違いと飼う上で注意すること

30代 女性 tonakai

ラグドールは見た目から「抜け毛が多い」というイメージですよね。換毛期以外はそれほど被毛が抜けないということが意外でした。長毛種の猫と言えば、毛玉ができてしまい短くカットすることもあるようですが、ラグドールは毛玉もできにくいということで、長毛種の中では被毛のお手入れが楽なのかもしれませんね。とはいえ、ブラッシングは重要なので長毛種に合った道具を用意しておく必要がありますね。我が家の猫は短毛種で、ブラッシングが苦手でした。いろいろなブラシを試してみて、やっと猫が「ブラッシングが気持ちい」と感じるコームを見つけました。ブラッシングが苦手というのは猫も飼い主もストレスですよね。ブラッシングを好きになってもらうには道具など、猫に合わせた工夫が必要だと思います。

40代 女性 なかむら25

長毛種は抜け毛が大変なのと、暑さに弱いので体温調節も気にしないといけない猫ちゃんだと思います。
うちにいるのはシャム猫で短毛種です。

長毛種に比べると抜け毛は少ないと思いますが、やっぱり抜けます。掃除をサボると部屋の角にも毛が溜まってしまいます。

ラグドールは、見た目気品もあって私も好みの猫種です。

うちの猫を探す時、ネットで色々と見ましたが、ラグドールもたくさん出ていて迷った猫種の1つでした。
飼う環境も考えて検討した末シャム猫を迎えましたが、抜けが少ない猫種は、やっぱり飼いやすいと思います。

ラグドールの抜け毛の少ない理由に、毛の生え方がポイントな事は知りませんでした。

けれど、ダブルコートで抜け毛が少ない分、暑さには気を付けてあげないと、日本の暑さやられてしまうかもしれません。
温暖化が進む日本の夏は、過酷です…

女性 みゅうみゅう

ラグドールの毛はふわふわで気持ちよさそうですよね。でも抜け毛が少ないというのは意外でした。換毛期は短毛の猫でも抜け毛がすごいので、ラグドールもそうだと思いますが、他の長毛種に比べるとお手入れは楽そうですね。
ブラシやコームはいろんなタイプのものがありますが、猫の好みもあるので、いろいろ使ってみて選ぶのがいいと思います。スリッカーは毛玉をほぐすのに便利なようですが、細くて鋭い針金が無数についているので、強くブラッシングすると痛そうです。ちょっと調べてみると、皮膚を傷つけることがあるので毎日のブラッシングには向かないということでした。あくまでも毛玉をほぐす目的で、皮膚になるべく当たらないように使うといいかもしれませんね。

30代 女性 ケロキ

換毛期以外は抜け毛は多くないラグドールでも、長毛なのでブラッシングは手を抜きたくないですよね。色々なブラッシングの道具がありますが、その子に合ったものを使用しないとブラッシングが嫌いになってしまうこともあると思います。ブラシの定番とされているものでも「プロ仕様」の場合があり、持ち方や動かし方など、正しいやり方をしないと猫が痛いと感じたり皮膚を傷付けてしまうそうです。最近は、ブラシやコームの形状が工夫され肌へ刺激が弱くなるように作られているものもあり、我が家ではS字のコームを使用しています。また、ブラッシングで毛が引っかかることや静電気が苦手な猫もいます。ブラッシングスプレーを使用するとそれらを抑えられ、舞い上がる毛も少なくしてくれるそうです。ケアグッズは多いので試してみないと分かりませんね。

20代 女性 めろん

ふわんふわでもこもこした毛が気持ちよさそうですね。見た目ほど抜け毛は少ないにしても毛質により、絡まりやすかったりと短毛に比べるとまめなお手入れは必須ですねー。そして少しでも絡まり始めた毛をブラッシングすると、皮膚も引っ張られ痛みを感じるとブラッシングを苦手になってしまう子もいます。なので、絡まる前に定期的なお手入れが大事ですよね。
長毛種なのでシャンプーもしてあげたいですし、子猫のうちから慣れさせてあげないと苦労しがちです。
ブラシの使い分けは私もオススメします。まめなブラッシングは面倒に思ってしまう時もありますが、ブラッシングタイムは、ボディチェックをするチャンスでもあります。普段から身体のあちこちを触ってあげることでスキンシップにもなりますし、見つけられる病気もあるからです。ブラシで梳き終えた毛は、ふんわりして気持ちいいですよ。

50代以上 女性 ラルコ

ラグドールの被毛って ゴージャスなんですね。しかし、いくら抜け毛が少ないからと言っても、換毛期にごっそり抜けるとなると、やはり毎日のブラッシングで慣らしておく事は怠ることはできませんね。シルキーでゴージャスな毛並みを保つには普段からのお手入れあっての事。ましてや毛玉ができてしまわないように 毛玉のできやすい、のど、あご、耳の後ろ、わきの下、お腹、足の付け根、お尻などは特にこまめにブラシングをしてあげる必要がありますね。抜け毛が少ないといっても ブラッシングに手抜きは禁物です。ブラッシングで被毛が空気を含んで通気性もよくなるそうですからね。このお手入れあってこそ ラグドールご自慢のゴージャスシルキーな被毛が保たれるのだと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード