猫の寒さ対策をする際に必要な物と注意点

猫の寒さ対策をする際に必要な物と注意点

冬になったら猫に寒さ対策はしてあげた方がいいのでしょうか?「猫はコタツで丸くなる~♪」と歌われているように、猫は寒さが苦手な動物というのはよく知られている話です。実際猫は寒さにあまり強い動物ではありません。では猫の寒さ対策としてどのようなことが必要なのでしょうか。

729view

室温での猫の寒さ対策

こたつの猫

猫にとっての快適な温度は20~23℃と言われています。若い猫は活動量も多く、自分で体温調節もできるため、20℃くらいが快適なようです。
しかし、歳をとってくると人間と同じで体温調節ができにくくなってくるので、少し高めの23℃くらいがちょうどいいようです。

猫がいる場所がその時にいちばん快適な温度と言われるほど、夏ならヒンヤリしたところ、冬ならいちばん暖かいところを探す能力に長けています。
そのため、飼い主が一緒にいる時間であればストーブをつけたりエアコンをつけたりして温度調節を行うのでさほど気にする必要はありません。

猫の寒さ対策で気をつける事

日向ぼっこする猫

熱さに鈍感

猫はストーブの前やホットカーペットの上が大好きです。そのため、あったかそうだなと感じると、すぐに移動してきます。しかし、熱さを感じる温度センサーは意外と鈍感で、ストーブに近づきすぎてヒゲを焦がしたり、ホットカーペットの上にずっといすぎて低温やけどしてしまうということも多いのです。
そのため、飼い主が温度調節をするなどして、注意してあげることが重要です。

湿度も大事

湿度が下がるとウイルスの活動が活発になります。そうすると風邪をひく原因になってしまいます。これは人間と同じですね。また、静電気も起きやすくなります。バチッときて痛いのは人間だけでなく猫も一緒です。50%から60%の湿度に保つことでウイルスの活発化も静電気も抑えることができます。

寝場所は窓から離しましょう

窓際が冷気の入口というのは経験上みなさんがご存知のことと思います。しかし、猫の寝場所となると、つい窓際に置いてしまう方も多いのではないでしょうか。さらに、床からの冷気も猫にとってはきついものです。

暖かい空気は上にたまり、寒い空気は下にたまります。寝場所が暖かく快適であれば、たとえ暖房が入っていなくても猫は平気です。窓際や暖房器具から離れた場所で、床よりも少し高めのところが寝場所を設置するには最適な場所といえます。もし高めの場所が無理でも、寝場所と床の間にダンボールや毛布を挟むだけでかなり暖かくなります。

トイレも暖かいところに

寝場所は暖かくしているけれど、トイレは廊下に置いているという方がいたらご注意ください。猫は泌尿器系の病気にかかりやすく、冬になるとその数は増える傾向にあるそうです。なぜかというと、寒いトイレに行くのをガマンしてしまうからだそうです。人間と同じですね。

そうすると尿が濃くなり膀胱炎などにかかりやすくなってしまうのです。気温の下がる夜だけでも寝場所とトイレを同じ部屋にいれるなどの工夫をすることで、猫もトイレに行きやすくなることでしょう。

家を留守にする時の猫の寒さ対策

日向ぼっこして眠る猫

家を留守にする時、猫が寒いんじゃないかと心配になりますよね。
そんな時は寒さ対策グッズを使うのもひとつの手です。
寒さ対策グッズには電源を使うものと使わないものがあります。

電源を使わないもの

  • 毛布
  • 猫ハウス
  • 湯たんぽ

毛布や湯たんぽはペット専用として売っているものだけでなく、人間が使っているのと同じようなものでもよいでしょう。湯たんぽはお湯を入れて使うものの他に、電子レンジで温めて使うものもあります。低温やけどをしないように、毛布などでしっかりとくるんで使いましょう。

冬用の猫ハウスとしては、内側にボアがついたものや入口が狭く空気の出入りが少ないものなどが販売されています。わざわざ冬用を購入しなくても毛布を中に入れたり上にかけたりするだけでも暖かく使えます。

電源が必要なもの

  • 猫用こたつ
  • ホットカーペット
  • エアコン

ペット用のこたつやホットカーペットは、温度設定が低めになっているため脱水症状を起こす心配はさほどありません。しかし、低温やけどには注意が必要です。ホットカーペットやこたつの上には毛布を数枚かけるなどして使うようにしましょう。

紐や電源コードをかじるクセのある猫がいる場合は、電源が必要なものは避けた方が無難です。電源コードをかじってしまって感電したり、火災を引き起こす原因になってしまうこともあるためです。

しかし、寒い地域や子猫や老猫がいる家ではさすがに暖房をつけないわけにもいきません。そのような家ではエアコンを使うとよいそうです。ただし、エアコンを使うと乾燥しやすくなるため、加湿器を使うなどして湿度に注意し、水が飲めるようにたっぷり用意しておきましょう。

猫の寒さ対策に関するまとめ

ストーブと猫

猫を家に迎え入れてから初めての冬を迎えるという方もいらっしゃることでしょう。日常、留守にする時など、寒さ対策としてどのようなことをしておけば猫が快適に過ごせるのかを知っておけば、安心して一緒に暮らせることと思います。

いつの時期でも快適に過ごしたいと思うのは人間も猫も一緒です。ただ暖めるだけでなく、猫の健康や体調管理を考えたうえで寒さ対策を行うのが快適に過ごすコツのひとつではないでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード