マンチカンの性格・特徴

マンチカンの性格・特徴

人気猫種である「マンチカン」。その魅力は尽きることがありません。クリクリした目に少し大きめの顔、ヨチヨチと歩く姿や立ち上がる姿・・・愛らしい様子に思わず目が奪われてしまいます。この記事ではそんなマンチカンの人気の秘密を余すところなくお伝えします!

1758view

マンチカンの性格

マンチカン

早速本題に入りますが、マンチカンの性格や特徴的な部分を7つにまとめました。
さて、マンチカンはどんな性格をしていてどのような特徴があるのでしょうか?まずは最大の特徴とも言える「アレ」ですね!

①マンチカンは人懐っこい性格

甘え上手で人懐っこいマンチカンは初心者の方でも飼いやすい猫と言えます。スキンシップも喜ぶ傾向にあり、撫でたり抱っこしたりするのもあまり嫌がらないようです。もちろん個体差がありますので、マンチカンが嫌がるような過度なスキンシップは避けた方が無難です。
メスは自立しているので飼い主にべったりという事はあまりないようです。その点、オスの方がより人懐っこいと言えそうです。

②マンチカンは好奇心旺盛

子猫のように無邪気で好奇心旺盛な所があります。好奇心を満たしてあげるように、興味を引くおもちゃをいくつか用意してあげると良いでしょう。飼い主も一緒にマンチカンになりきって、家の中を探検に行くなどすると楽しいかもしれません!共に遊ぶ事は信頼関係を築く上でも大切です。マンチカン(飼い主もですね)が疲れない程度に遊びを楽しみましょう。

③マンチカンは穏やか

比較的穏やかで、他の動物にも優しく接する事が出来ます。子供や他のペットと飼うのもOKです!
どちらかと言うと、メスよりもオスの方が穏やかな性格をしているとか?もちろん個体差がありますので、抱っこされても大人しくしている子なのか、手を出した時に攻撃的にならないかなど、飼う前に充分に性格を見極めましょう。

もし心配ならば、ブリーダーやキャッテリーから子猫を迎える事をオススメします。信頼出来る所であれば親猫もきちんと分かりますし、ある程度の性格の予測をつけることが出来ます。
長い間一緒に暮らすパートナーです。悔いの無いマンチカン探しをお祈りしています!

④マンチカンは臆病

大らかな性格のマンチカンですが、実は臆病な面があります。強く叱ったり、体罰を与えると必要以上に怖がってしまいます。
そもそもマンチカンに限らず、猫は直接飼い主が罰を与えても効果が思うようにあがりません。特に怖がらせる事はマンチカンとの信頼関係にもヒビが入る可能性がありますので注意しましょう。

マンチカンの特徴

①短い足が愛くるしい

そうです!
マンチカンといえば短い足が最大の特徴ですが、この短い足はある野良猫から突然変異で生まれたものです。産まれた全てのマンチカンが短い足なのではなく、普通の猫と同じ位の足の長さの子もいますし中間の長さの子もいます。

マンチカンは短足同士を掛け合わせるのではなく短足と長足を掛け合わせますが、産まれた子猫のうち短い足の子は2~3割と言われています。足の長さは違えど、マンチカンという事に違いはありません。
ただ、短足の子は数が少ないので値段は高くなる傾向にあります。逆に言えば長足の子は安く手に入る、という事です。
足が短くても長くてもマンチカン。しっかりと可愛がってあげましょう!

②短い足でいっぱい遊ぶ!

可愛らしい外見からは想像がつきませんが、マンチカンは実はとても運動神経が良く、活発に動き回る猫なのです。走るスピードも早く、小回りが効くので上手に曲がります。加えて好奇心旺盛ときていますから、興味が引かれるものを探して、家の中を探検する事も多いでしょう。その俊敏な動きから、「猫のスーパーカー」と呼ばれる事もあるのです。
特に子猫の頃は遊び好きですので、キャットタワーを取り入れるなどして充分遊ばせてあげましょう。

③マンチカンは留守番が得意

マンチカンは賢く聞き分けが良いので、お留守番も得意と言われています。仕事などで家を空ける事が多い方には向いていると言えるでしょう。
ただ、お留守番中のイタズラには注意が必要です。マンチカンは遊んでいるだけでも、飼い主にとっては困る行動をする事もあります。いじられて困るものはマンチカンの手の届かない場所に隠しておきましょう。また、ケガなどしないように安全な環境を整えておきましょう。

いくら留守番が得意と言っても甘えん坊なマンチカンですから、帰宅した時には充分にスキンシップを取って甘えさせてあげましょう。

④猫が初心者でも飼いやすい

マンチカンは飼いやすい猫種ですから、初心者の方にも向いています。また、外出の多い人や一人暮らしの方、お子さんがいるご家庭も飼う事が出来ます。
マンチカンに限らずですが、きちんと世話が出来てある程度のコミュニケーションが取れ、最期まで責任を持って飼う事が出来る性格の人であればマンチカンは向いている、と言えるのではないでしょうか?
飼う環境をあまり選ばないマルチな性格も、マンチカン人気の一因となっています。

マンチカンの性格から考えるしつけのポイント

下を出すマンチカン

マンチカンは友好的で穏やかな性格をしていますが、一方で臆病な面も持ち合わせています。ですからあまり無理にしつけをして恐怖心を与えてしまう事は、マイナスになり兼ねません。人間と暮らす以上ある程度のしつけは必要ですが、飼い主が直接手を下すのではなく「天罰方式」で飼い主がやっていると気づかれないようにしつけると良いでしょう。

例えば、やってはいけない事をした時にどこからかスプレーの水が飛んで来たり、突然布がかぶせられ目の前が真っ暗になったりする、などです。他にも大きな音を出す方法もありますが、マンチカンの性格を考えるとあまりに驚かせてしまう方法は避けた方が良いでしょう。ソフトに驚かせる方法を考えて行いましょう。
飼い主がやっている事が分かってしまうと、信頼関係が崩れてしまう事があります。こ~っそりと行うようにしましょう。

また、マンチカンは賢いので覚えさせれば芸を覚える事もありますが、あまり無理をして教え込まないようにしましょう。性格的に犬っぽい所はあるにしても、やはり猫には違いないのですから、犬のように芸を覚える事を期待するのは良くありません。

シャンプーも無理のない範囲で行う方が良いでしょう。子猫の頃から慣らしていると、入るようになる子もいるようです。中にはお風呂の気持ち良さを覚え、自らお湯につかる子もいるようです。更には猫かき(?)で泳ぐ位、水が好きになるマンチカンもいます。本当に猫なのでしょうか?とは言え、稀な例だと思いますので、いずれにしても無理強いは良くありません。

マンチカンの性格から考える住みやすい環境

眠るマンチカン

マンチカンは他の猫と変わらずジャンプ力もあるのですが、やはり足の短さからひとっ飛びで高い所に飛び乗るのが苦手な傾向にあります。その代わり、段差をうまく使って上り下りします。ですからキャットタワーを設置するのでも、マンチカンが移動しやすい高さの段差のある物を選ぶと良いでしょう。せっかく設置したにも関わらず、全く遊べないのではマンチカンにとってもストレスでしょうし、飼い主にとってもムダな買い物となってしまいます。

また好奇心が旺盛ですから、いたずらも多いです。いたずらされて困るものは片付けておきましょう。誤飲してしまっても大変です。マンチカンの安全を守る為にも整理整頓しておくと良いでしょう。

マンチカンの血が混ざった猫達

マンチカンを他の猫種と交配させた猫種はいくつかいます。当然マンチカンの性格も受け継いでいる訳ですが、いくつかマンチカンの血が混ざった猫をご紹介します。

ミヌエット

ミヌエット

出典:https://the-mal.com

マンチカンの血が混ざった猫種に「ミヌエット」があります。ミヌエットは以前は「ナポレオン」と呼ばれていましたが、ナポレオンの出身国からクレームが入りミヌエットに改名したようです。ミヌエットは、ペルシャやチンチラなどペルシャ系の猫とマンチカンを交配して産まれた猫種です。
やはりマンチカンのような短足を持ち、ペルシャのような豪華な被毛も特徴の一つです。

まだまだ日本では知名度の低い、これからの猫種です。性格は両方の良い所を引き継ぎ、好奇心旺盛で活発な面と穏やかで甘えん坊、飼い主に従順な面があります。人懐こさも健在で、見知らぬ人にも懐く傾向があります。

キンカロー

キンカロー

出典:http://www.adpost.com

マンチカンとアメリカンカールのミックスです。短足とカールした耳が特徴です。性格も人懐っこく、飼いやすい猫種です。犬のような性格とも言われ、簡単なコマンドが覚えられる事もあるようです。
TICA(猫登録団体)では実験的猫種として登録されています。

バンビーノ

バンビーノ

出典:https://jp.pinterest.com

マンチカンと無毛の猫スフィンクスのミックスです。スフィンクス譲りのシワシワの皮膚と短足が特徴です。
とても稀少な猫種で、キンカロー同様TICAで実験的猫種として登録されており、目下実験され中です。これからの猫種としての確立が楽しみな猫種です。
性格はいくつになっても子猫のようなやんちゃさと甘えん坊な面があり、そこが魅力となっています!

マンチカンの性格に関してのまとめ

マンチカンの性格や特徴をみていく事で、なぜ人気があるのかが分かりますね。あの可愛らしい外見だけでなく、飼いやすい性格も人気の秘密です。
既にマンチカンと一緒に暮らしている方もこれから暮らそうと考えている方も、是非幸せなマンチカンライフをお送りください!

▼マンチカンについて詳しく知りたい方はこちら
マンチカン大辞典!知っておきたい基礎知識

女性 のんママ

私は現在猫を4匹飼っていますが、以前『マンチカン』のことを知ってから飼いたいと思っています。
あの短い足、そしておとなになってもあどけなさの残る表情がたまらなく好きです。
マンチカンの性格が人懐っこくて穏やかであるということですので尚更、惹かれます。我が家の場合、先住猫がいますのでその子たちにも新しく迎えた子にもかかるストレスを最小限に抑えるように考えなければなりません。従ってマンチカンが穏やかな性格というのは嬉しい要素です。
抱っこをしたりまったりとしたいのであればオスを選び去勢の手術をすればマーキングもせず快適にそして健康に暮らせそうですね。
元々、猫は好奇心旺盛なので現在飼っている猫たちと同様に考えてあげようと思います。
ただダックスフンドなど短い足の犬でも言われるようにマンチカンも短足特有のかかりやすいとされる病気であるヘルニアに気をつけてできるだけ足に負担をかけないようにしないといけないですね。

20代 女性 阿部

あの短い足、まん丸なお目目とむっちりとした体に惹かれてマンチカンの虜になってしまう人も少なくはないでしょう。私もその中の一人です^^;しかし、マンチカンが好き!というのも、お恥ずかしいことに外見のみの見た目判断でした。しかしこちらの記事を読ませていただき、友好的で穏やか、そして甘え上手で人懐っこい性格ということで、可愛いのは見た目だけではなく中身もそうなのか、と感じました。猫は人に懐かないイメージを強く持たれている中、人懐っこいというのは猫としてのポイントは高めです。マンチカンは臆病!とありますが、そもそも猫自体臆病な子が多いので、飼育する上でそこは特に大きな問題にはならなそうですね^^初心者にも向いている猫種ということですので、マンチカンが人気の秘訣が分かった気がします。

20代 女性 めろん

マンチカンの性格はあまり知らなかったのですが、穏やかで懐っこく好奇心旺盛で臆病との事。成猫になっても子猫のような性格の猫ちゃんなんですね〜。お留守番が得意なのはありがたいですね。
マンチカンでも足が短いこもいれば、長めの子もいるようで、足が短いマンチカンは病気が多い事でも有名だそうです。迎える際には、こんな病気になりやすいよーなど調べておくのが良いんじゃないでしょうか。
性格は一人暮らしでも共働きでも飼いやすく、オス猫の方が飼いやすそうですね。
マンチカンは柄のバリエーションが多く、レッド系、クリーム系、シルバー、キャリコ、カメオ、ブラック、トーティー、ダイリュートキャリコ、ホワイト、ブルー、ブラウンマッカレルタビーと数十種類の柄があり、毛色や耳の長さ頭の形など様々だそうです。
とーっても可愛いマンチカン、なりやすい病気にを知り性格を知り迎えると、最高のパートナーになるでしょうね。クリーム系のマンチカンが私は好みでした。
人気のキーワード