猫のマイクロチップは入れるべき?メリット・デメリットや料金について

現在、日本ではまだ義務化されていない「マイクロチップ」。体温がわかったり、飼い主さんの住所や電話番号などの情報を登録しておけるので脱走・迷子の時に安心。でもマイクロチップってメリットばかりではないのはご存知でしたか?埋め込み方、メリット・デメリットなどをご紹介いたします。

389view

マイクロチップって何?

クエスチョン

マイクロチップとは直径2mm、長さ8~12mmの円筒形の電子標識器具のことです。外側は生体適合ガラスで出来ており、内部にはIC、電極コイル、コンデンサーが入っています。
猫以外にも様々な動物に埋め込み、「この動物が誰の家族なのか」を素早く識別するために世界中で使われています。哺乳類や鳥類だけでなく、虫類、両生類、魚類などほとんどの動物に使うことが可能です。

マイクロチップの仕組み

マイクロチップには15桁の数字で「個体識別番号」が割り振られており、この番号を専用のリーダー(読取機)で読み取ることで、誰の飼っている動物なのかを識別できるようになっています。

リーダーから発信される電波を利用するので電池も要らず、専用の器具を使って皮下に埋め込むので一度体に入れてしまえば落ちてしまったり失くなることもないので半永久的に使うことが出来ます。

マイクロチップの役割

マイクロチップを入れておけば、飼っているペットが迷子になってしまった時、個体識別番号を識別すればすぐに誰が飼い主かわかるようになっています。実際に東日本大震災の後、マイクロチップへの関心が高まったと報告されています。

日本ではマイクロチップの埋め込みはまだ義務付けられてはいませんが、義務化されれば無責任にペットが捨てられてしまうのを防ぐことが出来るようになるというメリットもあります。

マイクロチップの埋め込み方

マイクロチップ2

マイクロチップは普通の注射針より太い専用のインジェクター(挿入器)を使って猫の体内に挿入します。
まずはマイクロチップを専用のリーダーで読み取り、添付の書類と同じ数字かどうかを確認。問題なければ針を刺し、数秒で埋め込み完了です。それからはしっかり体内に入ったかを獣医さんが確認し、再度リーダーで情報を読み取ってみて確認します。

猫の場合、生後4週間後からマイクロチップの挿入が可能です。マイクロチップの挿入は獣医療行為なので、必ず獣医さんが埋め込みを行います。

痛くないの?

マイクロチップ埋め込みの際に鎮痛剤や麻酔薬は使いません。
猫の場合は首の後ろの左下辺りに入れるのが一般的。痛みは猫が普通の注射をされている時と大して変わらないという話ですが、猫に聞いたわけではないのでもしかしたら痛い場合もあるのかも。ただ数秒で終わるので、麻酔などを使う必要はないということです。

マイクロチップのメリットとデメリット

保護

メリット

  • 脱走迷子で保護されたときに身元確認が出来る
  • 不幸な処分を防げる
  • 飼い主の無責任な行為の防止
  • 体温がわかる

デメリット

  • 盗難防止にはならない
  • 読取装置がない機関もある
  • 個人情報漏えいの可能性
  • 他社のチップは読み取れない読取装置(リーダー)
  • MRIなどの撮影の時に邪魔になる
  • 拒否反応や破損事故はゼロではない

マイクロチップに関連した問題

モノクロ

癌やてんかん、アレルギー発症の可能性

アメリカでの事例になりますが、マイクロチップを入れた犬や猫の中でアレルギーやてんかん、癌を発症する子がいることがわかっており、その割合は1%と言われています。「1%」というと少なく感じてしまいますが、これは“100匹に1匹”の割合で癌を発症するということになり、とても高い確率です。

これがもし人間用の薬やワクチンだったりしたら大問題になる数字ですが、悲しいことに動物のことだからなのか大きな問題にはなっていないのが現状です。

マイクロチップが関節まで移動し、破損した

マイクロチップが体の中で動いてしまい、それが関節まで移動してしまったことで破損したというケースも、稀ですがあったようです。

マイクロチップの互換性「メーカー違いで読み取れない!?」

マイクロチップは1社のみが扱っているわけではなく、複数のメーカーが扱っています。そのせいで「互換性がない」ということが問題になっていました。せっかく保護されたとしても、保護した施設がペットに埋め込まれたマイクロチップと同様のメーカーの読み取り機を用意していないと、情報を読み取ってもらえないということになってしまいます。

ただし「ISO規格」のものであれば互換性があるので、どのメーカーのマイクロチップが埋め込まれていても1つのリーダーで読み取ることが出来ます。(ISO規格…品質管理システムの国際規格)

マイクロチップの互換性については色々な情報が飛び交っており、またこれから変化していくと思われるので、埋め込みをする際には動物病院で詳しく話を聞いてからにしましょう。

マイクロチップの料金

マイクロチップ

マイクロチップの埋め込み費用は大体6000円前後ほど。
更にマイクロチップを埋め込んだだけでは機能しないので、データを登録しなければいけません。この登録費用に1000円かかります。
埋め込み費用6000円+データ登録費用1000円=7000円前後が相場です。

マイクロチップに登録できる情報

情報
  • IDナンバー
  • 埋め込み日時
  • 飼い主の名前
  • 飼い主の住所電話番号
  • 猫の名前
  • 猫の種類
  • 猫の性別
  • 毛の色
  • 去勢避妊手術をしているか
  • 獣医の情報(名前所属獣医師会)
  • 施設の情報(住所電話番号)

これらの情報は登録後、AIPO(動物ID普及推進会議)によって管理されます。
FAM(ファミリーID管理機構)という団体も存在するようですがAIPOに比べると圧倒的に認知度が低いので、現在FAMのみにデータ登録をしている場合にはAIPOにも登録することをオススメします。
とは言っても新しくマイクロチップを埋め込むわけではなく、データ登録費用の1000円を更に支払って登録するだけです。

引っ越し・電話番号が変わったら変更手続きを!

引っ越したり、電話番号が変わった時にはマイクロチップの登録内容を変更しましょう。動物病院にも置いてある登録内容変更の申込書に必要事項を記入して変更するだけなので、特に難しい手続きは必要ありません。

マイクロチップ、入れる?入れない?

迷子

マイクロチップは7000円前後と比較的安く、しかも簡単埋め込むことが出来ます。だけど、一度埋め込めば猫の体の中にずっと残るもの。破損することや病気の要因になることもあります。そういった事情もあり、日本ではまだマイクロチップの埋め込みが義務付けられていません。

しかし、日本は地震の多い国です。万が一離れ離れになってしまった時、マイクロチップがあれば個人情報を読み込んで素早く飼い主さんに連絡が行くという大きなメリットもあります。

メリットとデメリットを天秤にかけてみて、マイクロチップを入れるか入れないか考えてみてくださいね。

おすすめ記事

新着ねこ記事

メインクーンは犬らしい猫!?その魅力を徹底解析!

メインクーンは「ジェントルジャイアント」と呼ばれる大きくて優しい性格をしている猫種です。その起源には様々な説がありますが、北アメリカのシビアな自然環境で鍛え抜かれ、強く…

48 view
ひよしりん

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンを見分けるコツ

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンってほんとに似ていますよね。ぱっと見ただけでは区別がつかない人の方が多いかも。今回は、この2種類の猫についてどこが違うのか…

23 view
chiyoko

ペルシャがかかりやすい病気とは?毎日のお手入れが鍵!

猫の女王と呼ばれるペルシャ。低い鼻がなんとも愛らしいですよね。今回はペルシャのかかりやすい病気について調べてみました。

21 view
コエリ

アメリカンショートヘアの値段について。どれくらいお金がかかるの?

初心者でも飼いやすく、体も丈夫な子が多い事から安定した人気のあるアメリカンショートヘア。毛色の種類もとても多いので、どの子が良いか迷ってしまいますね。アメリカンショート…

40 view
ひよしりん

マンチカンがなりやすいヘルニアとは?対策をして未然に防ごう!

猫にも起こる可能性があるヘルニア。短くて可愛い足が特徴のマンチカンですが、ヘルニアにかかる可能性がある事が分かりました。今回はマンチカンのヘルニアについて調べた事をご紹…

57 view
コエリ